木村拓哉の新ドラマ『グランメゾン東京』追加キャスト発表。玉森裕太や尾上菊之助と初共演、豪華布陣にネットでは賛否両論

木村拓哉

木村拓哉さん(46)主演の秋ドラマタイトルが『グランメゾン東京』(TBS系 日曜21時 10月スタート)に決定し、新たに追加キャストが発表されました。

すでに出演が発表されている木村拓哉さん、鈴木京香さん(51)に加えて、木村拓哉さんとはドラマ初共演となる後輩のKis-My-Ft2・玉森裕太さん(29)、歌舞伎俳優の尾上菊之助さん(42)、俳優・及川光博さん(49)、沢村一樹さん(52)の出演が発表されました。

<↓の画像が、『グランメゾン東京』追加キャスト4人の写真>
『グランメゾン東京』追加キャスト(玉森裕太・尾上菊之助・及川光博・沢村一樹)
(左上から時計回りに、玉森裕太さん、尾上菊之助さん、沢村一樹さん、及川光博さん)

タイトルの『グランメゾン東京』は、木村拓哉さん演じる型破りなフランス料理の天才カリスマシェフ・尾花夏樹(おばな・なつき)が、世界最高の三つ星獲得を目指すレストランの名前となっています。

ドラマのあらすじ・ストーリーは、天才カリスマシェフの尾花夏樹が料理に人生をかけて、本場フランス・パリに持った自分のレストランで二つ星を獲得したものの、慢心によって発生した重大事件により店や仲間を失い、ドン底まで落ちてしまいます。

そんな中で、鈴木京香さん演じる女性シェフ・早見倫子(はやみ・りんこ)と出会ったことがきっかけで再起を決意し、周囲と衝突しながらレストラン『グランメゾン東京』で世界最高峰の三つ星獲得を目指し奮闘する姿を描いています。

<↓の画像は、木村拓哉さんと鈴木京香さんの写真>
木村拓哉&鈴木京香

木村拓哉さんとはドラマ初共演となるキスマイ玉森裕太さんが演じるのは、尾花夏樹の弟子としてフランスのレストランで働いていた平古祥平(ひらこ・しょうへい)役で、平古は尾花に憧れてフランスに渡ったものの、スタッフをないがしろにする尾花の人間性に耐えながら修行を積み重ねていました。

現在は日本の一流ホテルのブッフェレストランで最年少シェフを務めていますが、同じ料理を作る日々に物足りなさを感じているという設定です。

尾上菊之助さんが演じるのは、尾花のライバルとなるシェフ・丹後学(たんご・まなぶ)役で、三つ星獲得は確実と言われている東京の一つ星フレンチレストラン『gaku』のシェフです。

丹後はフランスでの修行時代に尾花とは同期で、丹後は尾花よりも先に自分の店を持ちましたが、後から出店した尾花が先にミシュランガイドの星を獲得し、こうした屈辱を味わった丹後は尾花に対して長年コンプレックスを抱いている一方、尾花のことを誰よりも知る人物です。

尾花の前に度々立ちはだかり、ストーリーの大きなカギを握っているキーマンでもあります。

及川光博さんが演じるのは、平古と共にフランスで尾花と共に働いていたシェフ・相沢瓶人(あいざわ・かめひと)役を演じ、相沢は誰とでも気軽に仲良くなれる高いコミュニケーション能力を持ち、性格に難がある尾花とも良い関係を築いています。

尾花も相沢の料理人としての発想力、創造力に一目置いていますが、相沢は尾花の理解者でありながら少しの引っ掛かりも感じています。

現在は、レシピサイトに動画投稿するなどフリーランスの料理人として人気を博し幅広く活躍しており、プライベートでは、フランス人妻との間にもうけた1人娘を育てているシングルファーザーという設定です。

沢村一樹さんが演じるのは、尾花と二人三脚でフランスのレストランを二つ星獲得に導いた支配人・京野陸太郎(きょうの・りくたろう)役で、京野はもともとフランス時代に尾花や丹後の兄弟子でしたが、自身の才能の限界に気付いて料理人の道は諦め、尾花がフランスにレストランを開く際に共同経営者となった人物です。

しかし、尾花の重大事件によってフランスのレストランが閉店後、店の借金を背負って帰国し、現在は丹後の店でギャルソン(ウェイター)として働いており、尾花は東京で新しく始める店に京野の力が不可欠だと誘うのですが、尾花に対しては割り切れない思いを抱えており…という設定です。

<↓の画像が、『グランメゾン東京』の人物相関図写真>
秋ドラマ『グランメゾン東京』人物相関図

こうした新たな追加キャスト4人が発表されネット上では、

  • キムタクは何を演じてもキムタクだから嫌
  • 石原さとみもレストランだし、似たような設定ばかりだね
  • 沢村さん目当てに観ます
  • ミッチーや沢村さんに食われそう
  • ミッチーと沢村さんと京香だけでいい
  • コケないように脇を豪華キャストで固めてる感
  • 私の大好きなミッチーを出させといて大コケは許しませんぞ~!!!
  • キムタクはいつも型破りなキャラだねw演技もまたいつものキムタクなんだろうな
  • でた…また逆転成功ドラマ(笑)木村拓哉もいい加減新鮮な役やりたいだろうに
  • 玉ちゃんすごいな~『幸せになろうよ』で香取くん、『ATARU』で中居くん、『信長のシェフ』で稲垣くん、『銭の戦争』で草彅くん、『グランドメゾン東京』で木村くん
  • SMAP全員と共演して欲しかったから。まさか、叶うとは思ってなかた、、、
  • 玉森くん、SMAP兄さんとのドラマご共演コンプリート ジャニーズの後輩で玉森くんだけの記録をつくった!!
    木村座長のもとで演技のお仕事、嬉しすぎて泣ける。本当におめでとう!!!!!
    20代のうちに、叶ってよかった。勝手に願い続けていたことだったけど。あーーよかったーー
  • 玉ちゃん、ドラマ出演おめでとう。だから髪切ってたのかな?木村くんとの共演嬉しい 秋のTBSの感謝祭に出演しないかなぁ
  • キムタクは何歳になっても主役ばっかだなあ。個人的には、沢村一樹や及川光博みたいに、二枚目だけど脇もできる役者に転換できればいいのにと思っているのだけど
  • 木村拓哉主演、脇役も主役クラスの俳優集めて、ジャニーズからは玉森、内容はカッコいいキムタク誰が見るの。

などのコメントが寄せられています。

どこか既視感のある内容のドラマで、木村拓哉さんがこれまでと変わらず型破りな天才役を演じることから色々と厳しい声が上がっています。

新たに発表されたキャストも主演級が顔を揃えており、これもまた新たな批判の要因になっているのですが、確かに木村拓哉さん抜きでも良い作品ができそうな顔ぶれですね。

これで視聴率が微妙だった場合、木村拓哉さんが叩かれるのは必至ですが、『グランメゾン東京』で脚本を担当するのは、これまでにフジテレビ系ドラマ『絶対零度』、『謎解きはディナーのあとで』、『ストロベリーナイト』、『すべてがFになる』、『モンテ・クリスト伯』などを手掛けた脚本家・黒岩勉さんなので、面白いストーリーになっていることに期待したいです。

また、追加で発表されたキスマイ玉森裕太さん、尾上菊之助さんは木村拓哉さんとの共演は初とのことで、どういった絡みをするのかにも注目したいですね。

参照元
  • https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/
  • https://thetv.jp/news/detail/201694/
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTg3Nzk3NDI0

    ジャニーズバーターってだけで見る気なくなる。

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4NzExMzI0

    同期だった反町隆史はあんなにイケメンのままでいい役者になったのに
    この人は若いときが美しすぎたから劣化しても
    いつまでも昔のキャラ
    もうあの頃のような役はムリ
    もう二枚目はムリ 4枚目

  3. 3
    匿名
    ID:MzY4NTE3NjA0

    良い意味で3番手あたりの方が印象に残りそう。

    古いけど「あすなろ白書」なんて三枚目の盛り上げ役でフラれる普通の役だったけど印象に残ったし、「古畑任三郎」の残酷な爆弾魔役だって、古畑シリーズの犯人役の中で一番印象に残る役だったし。

  4. 4
    匿名
    ID:MjEyOTI5NDQz

    嫁のおかげで、仕事あります、て感じにしか思えません

  5. 5
    匿名
    ID:MjExNTY0Nzg5

    キムタクもいい加減脇役に回りな、と言いたいところだけどメリジュリ母娘が脇役に回したくないんだろう。
    ならばキムタクはともかく、本当に叩かれるのはメリジュリ母娘!
    SMAP壊した以上、何をやってもバーニングプロ周防社長と同じ匂いしか感じられない裏切り者!
    セットで叩き潰されてしまいな!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について