山田涼介のドラマ『もみ消して冬』初回視聴率、顔芸が面白いと絶賛も第2話で急落? 第1話内容に厳しい声も多く…

山田涼介

Hey! Say! JUMP・山田涼介さんの主演ドラマ『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系 土曜22時)が13日よりスタートし、初回平均視聴率が13.3%(関東地区)だったことが15日に明らかとなりました。

日テレ系の土曜ドラマ枠は、昨年4月期より土曜21時から土曜22時に移動し、枠移動後1発目に放送されたKAT-TUN・亀梨和也さん主演『ボク、運命の人です。』は、初回12.0%、同7月期放送の関ジャニ∞・錦戸亮さん主演『ウチの夫は仕事ができない』は初回11.2%、同10月期放送の嵐・櫻井翔さん主演『先に生まれただけの僕』は初回10.1%でした。

『もみ消して冬』の初回平均視聴率は13.3%と、22時台に移動してから過去最高の数字となっており、幸先がいい好スタートを切っています。

ちなみに、土曜ドラマ枠で初回13%超えは、2016年1月期放送の亀梨和也さん主演『怪盗 山猫』が14.3%を記録して以来2年ぶりで、視聴者から高い注目を集めたことが分かるのですが、ネット上の反応を見てみると、ドラマの内容に対し厳しい声も少なくありません。

『もみ消して冬』は、家族愛に溢れたエリート3兄弟が家族に降りかかるトラブルを解決していくコメディホームドラマで、天才肌の心臓外科医の長男・北沢博文役を小澤征悦さん、美貌だけでなく知力も兼ね備えた敏腕弁護士の長女・北沢知晶役を波瑠さん、東大卒で警視庁に勤務するエリート警察官の次男・北沢秀作役を山田涼介さんが演じています。

<13日からスタートした新ドラマ『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』>
日本テレビドラマ『もみ消して冬』

その他に、3兄弟の父親で私立中学校・北沢学園の学園長・北沢泰蔵役を中村梅雀さん、北沢家に仕える執事・小岩井凛治役を浅野和之さん、執事見習い・楠木松也役を千葉雄大さん、北沢家に出入りする街のクリーニング屋・手毛綱美鎖夫役をアンジャッシュ・児嶋一哉さんが務め、恒松祐里さん、ジャニーズWESTの小瀧望さんらも出演しています。

<↓の画像は、『もみ消して冬』出演の千葉雄大さん、浅野和之さん、恒松祐里さん、アンジャッシュ・児嶋一哉さん>
『もみ消して冬』出演の千葉雄大、浅野和之、恒松祐里、児嶋一哉

13日放送の第1話は、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れるという内容で、厳格な父親の泰蔵が好きになった女性に裸の写真を撮られ、金銭を要求されるというトラブルが起こり、父親からまさかの告白を受けた秀作はショックを受けます。

<↓の画像は、第1話のワンシーン>
『もみ消して冬』第1話のワンシーン

そのようなスキャンダラスな写真が世に出てしまうと北沢家は終わるため、兄の博文と姉の知晶はそれぞれの職業倫理に反してでも何とかしようと奔走し、秀作にも協力をさせようとします。

しかし、秀作は「家族を守りたいが法律は犯せない」と葛藤し追い詰められた末に、相手女性を説得しようと考え、警察の中でも説得のスペシャリストである『特殊事件捜査係(SIT)』の尾関光希(小瀧望)さんに相談するのだが…というストーリー展開となっていました。

<↓の画像は、『もみ消して冬』で共演の山田涼介さん、小瀧望さんの写真>
『もみ消して冬』出演の山田涼介&小瀧望

そして、第1話の終了時点で視聴者の反応を見てみると、

  • くだらなさすぎて面白かった。また来週もみたい。
  • 山田くんと波瑠さんが、番宣も嫌味なく頑張ってこなしていて好印象だった。その流れでドラマに入った感じ。2話目以降も期待しています。
  • あらすじとか一切知らずに見始めたらコメディで爆笑した
  • コメディーって知らなくて面白くてびびった
  • 山田くんの顔芸と心の声最高www
  • 山田君の顔芸がめっちゃヤバい、これは面白いわ
  • 好みは分かれそうだけど、土曜の夜に ボーっと見るには丁度いい。深く考えなくていいし、笑えるし。
  • 単純にオモシロイ。疲れてるときに、考えさせようとするドラマは、いらないので、軽い感じで観れるところが、ちょうど良い。配役が合っている。
  • ひょっとして、しょうもないドラマなのかもしれないけど楽しいドラマだと思う。明るい気持ちになれるし。気楽な気持ちで観たらいいかな。毎週観ようと思います。

など、好評価するコメントも多く寄せられており、特に山田涼介さんの顔芸に笑ったという反応が多く上がっています。

<↓の画像が、山田涼介さんが第1話で披露した顔芸の写真>
『もみ消して』山田涼介が第1話で披露した顔芸

『もみ消して』山田涼介が第1話で披露した顔芸

『もみ消して』山田涼介が第1話で披露した顔芸

『もみ消して』山田涼介が第1話で披露した顔芸

しかし、その一方では、

  • 無理なコメディー調がちょっとしんどい。
  • 大人が見るには余りに幼い作り。ジャニーズファンの若い子向けのドラマ
  • 顔芸は面白かったけど、山田涼介がどうしてもエリート警察官に見えない。
    そこだけ違和感。
  • くそつまらなかった。テンポわるい、兄弟の関係性がいまいち、もみ消し方が幼稚、主役の純粋さも中途半端、全てが中途半端でチープ。
  • 三兄弟のキャラクターが濃くて良かったし、くだらなすぎて結構面白かった。が、金子茂樹脚本の作品が結構好きなので期待していたのもあって若干物足りなかったかな
  • 一応観たけども…ビックリするほど面白くなかった。千葉くんが可愛いかったくらいのもんかなぁ…
  • 主人公の心の声は面白かったけど、最後に携帯盗んで海に投げ捨てて解決とかありえない終わり方にびっくりだった。
  • あまりにもくだらなすぎて途中でギブアップしてしまいました。不倫ネタとか裸のベッド写真とかあって子供向けでもないし、大人が見るにはくだらなさすげるしどこに需要があるんだろうか?
  • 前作の翔くんの出てたドラマの方が面白かったけどな。この枠はあのくだらなさが必要なのか? なんで視聴率とれたんだろ。
  • このドラマはクオリティ云々って感じで見るドラマでは無い。単純に何も考えずに見る、若しくはジャニーズ好きな人が見るドラマ。それ以外の何物でもない

といった厳しい声も多く上がっており、初回に13.3%と好視聴率を獲得したものの、第2話以降にガクッと数字が下がる恐れもあります。

連続ドラマの初回はどのような内容なのか試しに見るという視聴者が多いため、初回に最も高い数字を記録し、第2話、第3話で視聴者が少しずつ離れていき、中盤ぐらいに数字が落ち着くというのが通常のパターンで、昨年4月期の『ボク、運命の人です。』も初回は12.0%でしたが、第2話から最終話まで8~9%台で推移。

『ウチの夫は仕事ができない』も初回は11.2%、第2話以降は7~9%、『先に生まれただけの僕』は初回10.1%、第3話で自己最高の10.5%を記録しましたが、第4話以降は7~9%で推移していました。

そのため、『もみ消して冬』の初回終了後の反応を見る限り、第2話で10%を切る可能性も十分あるとみられます。

山田涼介さんが連続ドラマで主演するのは、2016年10月期放送の月9ドラマ『カインとアベル』以来で、同ドラマは初回8.8%、第2話以降は7~9%台で推移し、全10話の期間平均視聴率は8.2%という微妙な結果に終わっています。

また、昨年12月公開の実写映画『鋼の錬金術師』についても、国内映画ランキングで初登場1位を獲得したものの、2週目は5位、3週目は7位、4週、5週目は9位、6週目で圏外という結果で、内容に対しては厳しい声が相次いでいました。

こうした状況の中で『もみ消して冬』がスタートし、昨年までは厳しい結果が多かったことから今回こそは良い結果を残したいところですが、第2話でも2ケタをキープできるのか、それとも急落して1ケタ台まで落ちてしまうのか、今後の推移と視聴者の反応に注目していきたいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について