山口達也が謝罪コメント発表、アルコール依存症公表し治療再開を報告。身元引受人の兄は今後の生活サポート誓う

山口達也が略式起訴報道

18日に道路交通法違反(酒気帯び運転)で略式起訴された元TOKIO・山口達也さん(48)が、身元引受人の兄とともにコメントを発表しました。

山口達也さんは略式起訴されたことを受けて、19日に各メディアに向けたメッセージをFAXで送付し、「この度は、私の起こしたオートバイによる酒気帯び運転事故で、被害者並びに多くの皆様に、多大なご心配とご迷惑をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪の言葉を綴っています。

今後については、第2の社会人生活を送るため、アルコール依存症を克服しようと努めて参りました。しかしながら、今回の飲酒運転という行動については、アルコール依存症以前の問題であって弁明の余地はなく、真摯にその罪を償っていく所存です。多感な時期の子供を持つ親としての自覚の下、再度専門医のご指導を仰ぎ、これ以上信頼を裏切ることのないよう努めて参ります。としています。

<↓の画像が、山口達也さんの謝罪コメント写真>
山口達也の謝罪コメント

また、身元引受人となった山口達也さんの兄も事件を謝罪した上で、山口さんがジャニーズ事務所を退所後に、「アルコール依存症」との診断を受けていたことを明らかにし、これまでの経緯を説明しています。

2018年5月にジャニーズ事務所を退所後、2019年4月まで東京都近郊にある専門病院で入院治療を受け、治療による効果が出たとの診断によって退院したそうです。

同5月から現在まで、専門医師による通院治療を受けているとした上で、「治療は順調に進んでいると親族一同信じておりましたが、この度の事故を受けて私共の認識が甘かった事を痛感しております。ただ、今回の事故はアルコール依存症とは別に、飲酒運転そのものに対する本人の認識の甘さに起因するものであり、この点についての本人の自覚と猛省が必要であると考えております。」としています。

今後に関しては、「本人がアルコール依存症を克服し、再び社会生活を送る為の力となれますよう、今まで以上に支えて行きたいと思います。」と、引き続きサポートを行っていくことを明らかにしています。

そして、山口達也さんと兄のコメント発表を受けてネット上では、

  • 家族の支えがある間に頑張って克服しないといけない。自分の子供にもその姿を見せないとね
  • 一般人なのにコメントいるのか?まさかとは思うが復帰考えているのか…一度やる奴は二度やるし三度目もあるんじゃないの?
  • アルコールをコントロールできるよう、そばで見守る人がいるといいんだけどね。
  • やっぱ、(株)TOKIOの下働きで雇って、四六時中、人が見てた方が社会復帰(芸能界復帰では無い)が早い気もする。
  • もう一般の人だから謝罪文をだすなら被害者にと思うけど、これに懲りて酒とは縁を切れれば良いけどね。
  • 酒のない所に行くか、誰かの支えというか見張りが必要 冗談抜きでDASH島で管理人すればいいと思うけどな。映りこみは一切なしで。
    酒のない無人島で船もなければ、まさか泳いで買いにも行けないし
  • ヤケになってクスリに手を出すなんて事が無いように願います。クスリに走ったら、もはや人としても再起不能です

などの声が上がっています。

昨年5月に週刊誌『女性セブン』が報じた記事によれば、山口達也さんはジャニーズ事務所を退所後、兄夫婦が暮らす自宅から徒歩圏内にあるワンルームマンションへ引っ越し、日々の生活や通院を兄に手伝ってもらっていたそうで、毎日のように兄の家を訪ねて治療の進捗具合や現在の体調を報告し、そうした支えがあるからこそ治療を続け、お酒に頼ることも無くなったとのことでした。

また、現在はハワイで暮らす息子2人の存在も大きく、心の支えになっていたとされています。

<↓の画像は、山口達也さんの元妻と息子の写真>
山口達也の元妻と息子

しかし、あの事件から2年半後に再び飲酒絡みの事件を起こし、今回は略式起訴されたことで前科持ちとなり、社会復帰を願っていた多くのファン、TOKIOのメンバーたちも大きなショックを与えています。

『女性自身』が先日報じた記事によれば、山口達也さんも自業自得とはいえ、飲酒を再開してこのような事件を起こしたことに大きなショックを受けているそうで、再び断酒に向けて通院治療を開始したとの情報も伝えていました。

今回のコメントで、アルコール依存症と診断されていたことを明らかにしましたが、山口達也さんはすでに中期~後期のアルコール依存症状態にあるとみられており、アルコール依存症も薬物依存と同様に「幻覚」「うつ状態」「自律神経症状」など様々な離脱症状があるそうで、離脱症状から逃れるために飲酒を再開してしまうことも多いそうです。

そして、依存症が原因で家族や仕事、社会的信用を失い、最終的には死に至ってしまうとのことから、山口達也さんには今回の事件をきっかけにどうにか酒を断ち、依存症から脱却できるように頑張ってほしいです。

参照元
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20201119/sca20111916350002-n1.html
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20201119/sca20111916130001-n1.html
  • https://www.ask.or.jp/article/31
  • http://alcoholic-navi.jp/understand/condition/pathology/
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    以前も似た謝罪コメントだった
    またまた再び裏切ると思う
    飲酒運転の次は薬物…
    釈放された時報道の前に出て謝罪してほしかった…

  2. 2
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    またやるね。必ずアル中を治すという覚悟が感じられない。TOKIOの他のメンバーが救おう救おうするから、いつまでも甘えたまんま。

  3. 3
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    もうダメ、この男。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について