中居正広&木村拓哉の不仲説再燃、共演NGの噂も真相は…ジャニー喜多川お別れ会に参列時の2人の様子は…画像あり

中居正広&木村拓哉

ジャニーズ事務所の創設者・ジャニー喜多川社長のお別れ会が4日に東京ドームで行われ、所属タレント154人が参列したほか、元ジャニーズ所属のタレントも複数訪れ、ジャニー社長と最後のお別れをしましたが、このお別れ会がきっかけで、元SMAPの中居正広さん(47)と木村拓哉さん(46)の不仲説が再燃しています。

主催者発表によると、午前11時から行われたジャニー喜多川お別れ会・関係者の部には3500人、14時~20時まで行われた一般の部には8.8万人が参列し、これは芸能界史上最多となる数といいます。

そんな盛大なお別れ会で、特に注目を集めたのがSMAPのメンバー5人が集まるか否かで、残念ながらジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人は仕事の都合で参列できず、お別れ会で約3年ぶりの再集結は実現しなかったものの、リーダー・中居正広さんと木村拓哉さんは出席し、久しぶりに同じステージに立ちました。

2人が公の場で顔を並べるのは、2016年12月26日に放送(収録は同8日)された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回以来でした。

スマスマの最終回では、メンバー5人が揃って代表曲『世界に一つだけの花』を歌唱しましたが、中居正広さんと木村拓哉さんは収録中に会話を交わしたり、視線を合わせることも無かったといい、収録後はスタッフらと集合写真を撮影し淡々と終了したとされています。

スマスマ最終回『世界に一つだけの花』パフォーマンス映像

中居正広さんはその後、木村拓哉さんを除くSMAPメンバーと元メンバーで現オートレーサーの森且行さんとプライベートで食事したり、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)で香取慎吾さんと共演するなど交流をしていたものの、木村さんとは一度もプライベートで会っていないとも言われています。

そして、4日に行われたジャニー喜多川社長のお別れ会では、ジャニーズタレント154人が顔を揃え、代表して“ジャニーズの長男坊”と言われる“マッチ”こと近藤真彦さんが挨拶を行い、安倍晋三首相から寄せられた弔電も代読しました。

その時に、中居正広さんと木村拓哉さんは最前列中央に立っていましたが、2人の間には元光GENJIの佐藤アツヒロさん、近藤真彦さん、少年隊・植草克秀さん、元男闘呼組・岡本健一さんが立っていました。

<↓の画像が、ジャニー喜多川社長お別れ会でジャニーズタレントが横並びした場面の写真>
ジャニー喜多川社長のお別れ会・中居正広&木村拓哉の画像
(前列左端が中居正広さん、右端が木村拓哉さん)

<↓の画像は、ジャニー喜多川社長お別れ会の献花時の写真>
ジャニー喜多川社長のお別れ会・献花時の画像
(左端が木村拓哉さん、右端が中居正広さん)

週刊誌『女性自身』によれば、ジャニーズタレントたちが東京ドームに集まり始めたのは午前9時前後からで、「滝沢(秀明)社長が演出するセレモニーのリハーサルが9時半から約20分行われました。11時から始まる『関係者の部』までの間、タレントたちは大きな控室で、本番までの間を過ごしていたんです。木村さんと中居さんが来ることは事前にわかっていたので、SMAP解散以来、久しぶりに顔を合わせることになる2人を迎えることに現場は少なからず緊張感が漂っていました」とイベント関係者が明かしています。

同関係者によると、先に姿を現したのは木村拓哉さんだったそうで、会場の控室では昨年8月公開の映画『検察側の罪人』で共演した嵐・二宮和也さんに話しかけていたといい、一方の中居正広さんはリハーサルには参加せず、本番10分前に会場入りしたそうです。

音楽関係者によれば、中居正広さんが現場に到着した際に周囲は、木村拓哉さんとの対面を固唾を呑んで見守っていたといい、「中居さんは会場入りして、東山さんや岡本健一さんと言葉を交わしていました。でも、木村さんとは直接、話していた様子はありませんでした。会場にいたタレントがあまりに多すぎましたからね。その後の会見やOBの前には顔を出していません。『献花後はすぐに会場を出ます』と事前に申し出ていたそうです」と裏側を明かしています。

しかし、この音楽関係者は2人が一度も目を合わさなかったという話を否定しており、「確執報道もあったようですが、『2人がまったく目も合わせなかった』ということはありません。実際、2人は軽く挨拶はしていました。確かに、解散騒動時は本当にいろいろなことがありましたが、もう大人ですから。ジャニーさんの遺影を前に、あえてそんな露骨なことはしませんよ」と語っています。

そんな2人を知る仕事関係者は、久しぶりの再会も軽い挨拶程度で済ませたのはSMAP時代からのスタイルだと語り、「実は中居さんと木村さんは、SMAP時代から、楽屋裏ではほとんど会話をしていないんです。若いころはSMAPの方向性を巡り、2人で熱く語り合ってケンカしたこともありましたが、現在は中居さんはバラエティMC業、木村さんは俳優業と、お互いに違う道を歩んでいることを理解し合っています。積極的に会話をしないことこそ、長年の同僚である2人の自然な関係なんです」としています。

『女性自身』はこのように中居正広さんと木村拓哉さんの関係を報じているのですが、これに対してネット上では、

  • それもいい距離感
  • 二人には二人にしかわからない距離感があると思う。そもそも始めから方向性違うし。
  • 2人とも大人、仲間、戦友。語らなくても分かり合えてるでしょう
  • なんだかんだと注目を浴びてしまって、二人とも大変ですね。大人になってからは、2人は常に一定の距離間を保っていたので、「ずーっと一緒にいました。」という方がビックリしてしまいます。
    本当にいがみ合っていたら、挨拶もしないでしょうし、2人が軽く挨拶してた、それだけで十分です。
  • 同級生だったし、家族以上に長い時間を一緒に過ごしたんだから、周りが思う以上に絆もあるだろうし、人前で仲良くしないだけでしょう。
  • 意識し合え影響し合える同士であり、戦友であり、親友。ここまで上り詰めるのに共に頑張った二人。またいつか並んで笑ってほしいな。
  • これがSMAPの核だったと思う。無駄に仲良く取り繕うのではなく、お互いプロとして尊重してきた。
    だから仲良く喋る必要もない。それがSMAPの中にいい緊張感持たせていたと思う。
    仲が良いとか悪いとかそういう次元じゃない、プロのアイドルって感じが好きだった。
    だって普通に40代。ずっと一緒にやってきて、控え室でもべちゃくちゃ喋るのもどうなんだろうとも思うしね。
  • 喋らなくてもちゃんとお互いの立ち位置がわかってる。それがメンバー。偶然にもふたりで同じような眼鏡かけてきちゃちゃうしね。

などのコメントが寄せられています。

中居正広さんと木村拓哉さんだけでなく、SMAPのメンバーたちは全員の連絡先を知らず、プライベートでも会うことはなく、どこに住んでいるかも知らないといった話を分裂・解散騒動前から明かしていました。

SMAPのメンバーたちは10代から約30年にわたって活動を共にする中で、ビジネスパートナーになっていただけに、久しぶりの対面でも特に会話を交わすことなく、軽いあいさつ程度で済ますのも2人にとっては自然なことなのかもしれません。

一方で、ニュースサイト『サイゾーウーマン』によれば、ジャニー喜多川社長のお別れ会では一度も横に並ぶことはなく、参列したメディア関係者は、「並び位置については、ジャニーズサイドの采配によるものでしょうし、周囲が2人を“あえて”近づけさせなかったのではないかとも考えられます」としています。

さらに、テレビ各局には編集されたお別れ会のVTR素材が配布されたといい、その内容について情報番組ディレクターは、「10分弱の短い映像ですが、やはり中居と木村がアップで映ることはなく、一部には、まるで2人の姿が同時にはっきりと映り込んでしまうことを意図的に避けたのではないかと思しき編集もあり、ジャニーズサイドから『中居と木村は共演NG』と言われているように感じてしまいました」と語っています。

こうした話も出ているため、お互い意図的に距離を取っている可能性や、周囲が余計な気遣いで共演NG扱いにしているとも考えられます。

今後も恐らく、現在のような状態が続くだろうと思いますが、同じジャニーズ事務所に所属している者同士、またいつか少しでも会話している姿などを見たいものです。

参照元
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1773085/
  • https://www.cyzowoman.com/2019/09/post_249619_1.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTkyMjgzODA3

    何しても色んなこと書かれるから
    ちょうどいい大人の距離感

  2. 2
    匿名
    ID:MjExNTY0Nzg5

    マスコミはウザすぎる!
    この2人が離れているからって、不仲不仲と騒ぐんじゃねー!
    ジャニー喜多川お別れ会当日は、2人で話し合ってわざと離れた可能性だって考えられるんだからね!

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4NzExNTcy

    キムだけ老けすぎ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について