テレビ朝日でジャニーズの番組が増えた理由、フジテレビ離れ『VS嵐』終了の噂? 日本テレビにもゴリ押しの裏事情とは…

テレビ朝日『サンデーLIVE!!』

俳優として活躍している少年隊・東山紀之さん(50)が、10月1日からスタートするニュース情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系 日曜午前5時50分~8時30分)のメインキャスターに起用され、初のキャスター挑戦ということで注目を集めています。

そうした中で、ジャニーズ事務所がこれまで密接な関係にあったフジテレビを見限り、視聴率が好調なテレビ朝日と日本テレビに乗り換え始めているとニュースサイト『日刊サイゾー』が報じています。

テレビ朝日では、10月から『サンデーLIVE!!』がスタートするほか、金曜ナイトドラマ枠(金曜23時15分~)でKis-My-Ft2・玉森裕太さん主演の『重要参考人探偵』が放送され、この作品にはNEWS・小山慶一郎さんも出演。

来年1月期には、元SMAP・木村拓哉さんの主演ドラマも決定しているといった話も出ています。

<10月からテレビ朝日でスタートする新ドラマ『重要参考人探偵』>
テレビ朝日ドラマ『重要参考人探偵』

その一方、これまで密接な関係にあったフジテレビは、10月期に放送されるドラマで珍しくジャニーズタレントを主演クラスで起用しておらず、新たにスタートする番組も無いようです。

ジャニーズ事務所の次期社長とみられている藤島ジュリー景子副社長は、かつてフジテレビの秘書室に勤務しており、そうした関係もあってフジテレビとは密接な関係にあったそうで、これまで同局のドラマ、バラエティ番組などにプッシュしていました。

昨年12月に終了した『SMAP×SMAP』の後番組として、フットボールアワー・後藤輝基さんらがMCを務める番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』がスタートしましたが、この番組はあくまでも繋ぎで、今年10月からは関ジャニ∞の番組がスタートする予定だったそうです。

しかし、『SMAP×SMAP』の終了によって多くの視聴者が離れてしまったことや、月9ドラマの視聴率低迷によって、『もしズレ』の平均視聴率は5%前後で推移しており、これでは巻き添えを食らうことになると考えた結果、フジテレビではなくTBSの月曜22時台に、関ジャニ∞が出演の新番組『ペコジャニ∞!』をスタートするという流れになったようです。

<10月からスタートするTBSの新番組『ペコジャニ∞!』>
TBS『ペコジャニ∞!』

また、『日刊サイゾー』によると、2008年4月から放送されている嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系 木曜19時)を終了させようとしているという情報もあるとのことです。

<嵐の冠番組『VS嵐』>
フジテレビ『VS嵐』

このようにジャニーズ事務所はフジテレビからの撤退を着実に進めていき、その一方でテレビ朝日との関係を深め始めているようなのですが、テレビ朝日の早河洋会長は昨年9月の定例会見で、記者から芸能事務所の影響力は大きいかと聞かれた際に、「事務所の力があるというより、タレント、アーティストは視聴者の支持がないと活躍できない。事務所が強ければ成功するというものではない」「我々から見れば、プロダクションはいっぱいあるわけで、その中の優れた俳優をそろえて編成していく」と発言し、これはジャニーズに対する発言なのではないかと話題になりました。

こうした早河洋会長の発言を受けて、藤島ジュリー景子副社長が「ジャニタレを『ミュージックステーション』から引き上げる」といった発言をしていたとも囁かれていたそうなのですが、結局は脱ジャニーズをすることなく、逆にジャニーズ事務所との関係をより深めていっているのが番組編成を見れば明らかです。

日本テレビも相変わらずジャニーズ事務所とはベッタリの様子で、8月に放送された『24時間テレビ40告白~勇気を出して伝えよう~』では、嵐・櫻井翔さん、KAT-TUN・亀梨和也さん、小山慶一郎さんの3人がメインパーソナリティーを務めました。

また、10月期放送の土曜ドラマ『先に生まれただけの僕』(土曜22時)では櫻井翔さんが主演し、深夜ドラマ『吾輩の部屋である』(月曜24時59分)では、Sexy Zone・菊池風磨さんが主演するなど、こうしたドラマ、バラエティなどにジャニーズタレントが多数起用されています。

昨年のSMAP解散騒動によって、ジャニーズ事務所に対しては多くの批判が寄せられ、“ブラック事務所”などと揶揄されてはいるものの、ジャニーズは相変わらず強い影響力を持っている様子なのですが、果たしてこうした状態はいつまで続くのでしょうか…。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について