『2017 FNSうたの春まつり』、嵐が新曲『I’ll be there』初披露! 相葉雅紀が主演の月9『貴族探偵』主題歌

『2017FNSうたの夏まつり』司会のアンジャッシュ・渡部建、森高千里

昨年3月に放送された音楽特番『2017 FNSうたの春まつり』(フジテレビ系)が今年も放送(22日19時00分~23時18分)され、前回に続いてアンジャッシュ・渡部建さん(44)、歌手・森高千里さん(47)が司会、元フジテレビのフリーアナウンサー・加藤綾子さんが進行を務めることが1月に発表されたのですが、嵐の出演が決定し、新曲『I’ll be there』(4月19日発売)を初披露することが明らかとなりました。

嵐が前作『Power of the Paradise』から約7ヶ月ぶりにリリースする51thシングル『I’ll be there』は、嵐・相葉雅紀さん(34)主演の月9ドラマ『貴族探偵』(月曜21時)の主題歌に起用されており、番組には相葉さんのほか、ヒロイン役の武井咲さん(23)、滝藤賢一さん(40)がトークゲストとして出演。

<↓の画像が、ゲスト出演する滝藤賢一さんと武井咲さんの写真>
『2017 FNSうたの春まつり』ゲスト出演の滝藤賢一と武井咲

出演者たちが卒業式や花見といった春の思い出エピソードを披露し、「好きな春うた、思い出の春うた」を振り返り、「月9ドラマヒストリー」と題して、4月に30周年を迎える月9ドラマの歴史、印象的な主題歌も特集するといいます。

また、「嵐フジテレビドラマ主題歌」特集もあり、懐かしの映像とともに主題歌を振り返るそうで、相葉さんは月9の撮影秘話を披露するほか、2015年4月期に放送された初の月9主演作『ようこそ、わが家へ』、『貴族探偵』に対する率直な感想を語るとのこと。

<↓の画像は、新曲『I’ll be there』を披露する嵐の写真>
嵐

さらに今回番組では、全国の10~70代に「あなたの心に残る春うたは?」というアンケートを事前に実施しており、集まった約1万5,000通の回答に基づき選んだという「春の名曲100選」を貴重な映像とともに放送。

その他にも、FNS音楽特番では恒例となっているサプライズ企画もあるとのことです。

ちなみに、昨年放送の番組では、ロックバンド『レミオロメン』のボーカル&ギター・藤巻亮太さん(37)が、卒業ソングの定番となっている代表曲『3月9日』をアンジャッシュ渡部さんの母校で披露。

AKB48は神奈川県の高校で『365日の紙飛行機』を披露し、ももいろクローバーZは、島根県の閉校直前の小学校に通う5人の生徒たちの思い出づくりに参加、俳優・歌手の桐谷健太さん(37)は、岩手県大槌町の海岸で『海の声』を披露していました。

そして、今年放送される『2017 FNSうたの春まつり』、嵐が新曲『I’ll be there』を初披露することに対しファンからは、

  • 最初は見ないつもりだったけど、嵐が出るなら見ようかな。初披露楽しみ
  • 嵐のドラマ主題歌は、いい曲ばかりですよね。相葉君のドラマともども楽しみです
  • これは観ないと!春に聞きたい名曲も楽しみ~。
  • こんなに早く披露されるなんて思ってもみなかったから、ビックリ!そしてめっちゃ嬉しい!!楽しみー♪
  • もう来週なんですね!新曲初披露嬉しいなぁ。振付、衣装、曲調、歌詞…どんな仕上がりか楽しみでしかたないです♪春曲ね~嵐も沢山あるけど『still…』は個人的に響くかな♪

などのコメントが寄せられています。

『I’ll be there』のリリースが公式発表されたのは10日のことで、来週にも聴けるため嵐ファンからは歓喜の声が上がっていますね。

ちなみに、新曲の内容について公式サイト上などでは、「ドラマのミステリアスな世界観をそのままに、ダイナミックで華やかなメロディーに彩られたクールな楽曲を、魅惑的な5人が歌い上げる、まさに大人の嵐を感じさせる一曲」と紹介されています。

前作の『Power of the Paradise』は、日本テレビ系の『リオデジャネイロ2016』テーマソングに起用されたのですが、売り上げ枚数はイマイチ伸びずに推定売り上げは50.1万枚、前作『I seek/Daylight』の84.4万枚から大幅にダウンしていました。

また、初日売り上げについても半減していたのですが、『I’ll be there』はリリース前に番組で披露され、『貴族探偵』の主題歌に起用されることから前作超えの可能性は十分にありそうです。

嵐は最近、勢いが落ちてきたとも言われているのですが、新曲はどこまで売り上げを伸ばすのかに注目したいですね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwZjowMD

    1曲も知りません
    このままヲタク専門アイドルで構いません

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について