『ゴロウ・デラックス』今年春終了の理由は…稲垣吾郎のレギュラー番組終わり、SMAPファン・視聴者から惜しむ声

稲垣吾郎

稲垣吾郎さん(いながき・ごろう 45歳)がMCの深夜バラエティ番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系 木曜24時58分)が、今年春に終了することで内定したと5日付の『日刊スポーツ』が報じています。

『ゴロウ・デラックス』は、稲垣吾郎さんがMCを務めていた『哀愁探偵1756』(2010年10月~2011年3月放送)の後番組として、2011年4月からスタートした読書バラエティ番組で、稲垣さんとTBS・外山惠理アナウンサー(とやま・えり 43歳)が毎週1冊の本を紹介し、その著者をゲストとして招き、トークするという内容となっています。

<↓の画像は、『ゴロウ・デラックス』出演者の写真>
ゴロウ・デラックスの出演者
(左から山田親太朗さん、稲垣吾郎さん、外山惠理アナ)

取り上げる本のジャンルは幅広く、これまで番組に出演した著者は作家の伊集院静さん、宮本輝さん、北方謙三さん、西村京太郎さんといった大御所の方々から、落語家の桂歌丸さん、ビートたけしさん、元テニスプレーヤーの松岡修造さん、香取慎吾さんなど幅広いゲストを迎え、普段あまりテレビ番組に出演することのない作家たち素顔に迫るなどし、視聴者から高い評価を受けていた番組でした。

SMAP解散後も放送は継続し、ジャニーズ事務所を退所した香取慎吾さん、草彅剛さんを含めて、唯一の地上波レギュラー番組(ナレーション出演を除く)ということでSMAPファンからも支持されていたのですが、今年春の改編で終了が内定したといいます。

TBSは昨年4月期の番組改編説明会で、『ゴロウ・デラックス』が2018年4月以降も継続することを明らかにし、TBSの編成部企画総括・石丸彰彦さんは「良質な番組だと思っておりますので、引き続き編成させていただきたい」とコメントしていました。

しかし、それから1年で『ゴロウ・デラックス』の終了が内定したと報じられネット上では、

  • メリー、ジュリーの圧力か
  • 本を紹介する番組が少ない。次々と終わってしまう。作家の話が聞ける番組なんて無いのに。
  • こうやって画面から消えていくうちに忘れられてしまう。今はネットの力が大きいけど、タレントはテレビの活躍があってのこと。もっと3人の活躍を見たいのに。
  • 普段なかなかテレビには出ない作家さんのお話が聞けたり、とても良質な番組だと思います。
    なかなか本が売れない時代に出版業界からも重宝されている番組と聞きました。
    稲垣吾郎さんと外山さんの司会もとても温かく聞き上手で、癒されます。これからも続いてほしいです。
  • 深夜なんて視聴率とか関係ないと思ってたけどな。下手な番組新しく作るならこういう番組の方が情報得ることが出来て良かったのに
  • 作家さんのお話が聞ける貴重な教養番組なのに……もったいない!吾郎ちゃんも聞き手として成長していたし、外山惠理アナとのコンビもいい感じなのに。やめる意味がわからない。芸能界の裏事情に屈しない番組かと思っていたが…。
  • 本についてはもちろん、普段知る機会が少ない作家さんのパーソナルな部分を知ることができるとてもいい番組で、他にはないタイプの番組。納得できる理由ってあるかな。
    リフレッシュ的な理由でいい番組を無くさないで欲しいし、吾郎さんが地上波で見られなくなるのは、寂しいなぁ。

などと、番組終了を惜しむ声が殺到しています。

『日刊スポーツ』は番組終了が内定した理由については伝えておらず、なぜこのタイミングで『ゴロウ・デラックス』の終了が決定したのかは定かではありません。

理由の1つとして視聴率低迷などが考えられますが、『ゴロウ・デラックス』は様々な作家との貴重なトーク、さらに稲垣吾郎さんも素を出しながら様々な話をしていた貴重な番組で、今年1月25日の放送回ではドキュメンタリー映画監督・ノンフィクション作家の森達也さんをゲストに迎え、森さんはSMAP解散騒動にも迫る場面があり、稲垣さんは様々な報道が駆け巡った当時の心境について、「それによってファンの人とか応援してくれる人が心配したり」と心を痛めていたことを明かしています。

また、現在は「自由にやれるところもあったりもするかな。最近は僕も環境が変わって、仕事に関しては」といい、「曖昧なものをやれている。はっきり白か黒かだけではなく」「特に舞台では比較的テレビじゃ通らない企画も通りやすい」「今まで自分がやりたいけどちょっとできなかったような役とか作品とかすごく恵まれて」「すごい楽しいです」と笑顔で明かし、そんな姿を見て森達也さんは「6年前より自由に喋ってる」と話していました。

こうした他の番組では見られないトークもあったので、今年春で終了してしまうのは残念な話ですし、これによって『新しい地図』の3人が出演する地上波レギュラー番組が0本になるので寂しくなります。

『ゴロウ・デラックス』の後番組も稲垣吾郎さんを起用した新番組となればいいのですが、香取慎吾さんの『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)や『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)、草彅剛さんの『「ぷっ」すま』(同)と同様に、別の方を起用した番組がスタートする可能性が高いでしょうね…。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExNTg0MTcx

    ジャニーズがそんなことをしようが、嫌われることに変わりはない!
    SMAP騒動以来、ああなったのはバーニングプロの言うことを何でも聞いてきたので。
    ましてやメリーの裏切りによって・・・完全に地上波テレビからSMAP殺しになるしね。
    それでもメリーと周防がセットで干されればいい!

  2. 2
    匿名
    ID:MzA2OTc3MDE1

    カレンの事務所が、資金だせば続けられると思うよ。

    カレンのバックは、中国の○電器とラオックス 財団 電通 バーとケー 博報堂じゃない。ジャニーズのが規模小さいから手が出せないと思うよ。

    アメバの藤田氏も電通とか3社かな協力のこと話してたね

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について