富川悠太アナが新型コロナ感染しクラスター発生か。小木逸平アナも疑惑、報道ステーションの複数スタッフに発熱症状

富川悠太アナウンサー

報道番組『報道ステーション』で月~木曜メインキャスターを務めていた富川悠太アナウンサー(とみかわ・ゆうた 43歳)が、11日に新型コロナウイルスに感染していることが判明、さらに番組の幹部スタッフ、チーフディレクターも現在体調不良を訴えており、富川アナの感染が発端で、一大クラスター(感染者集団)が発生する可能性が浮上していると週刊誌『週刊新潮』が報じています。

富川悠太アナは3日に高熱の症状が現れましたが、5日には平熱に戻ったことで週明けの6日から通常出勤し、6~9日までの4日間、報道ステーションに出演していました。

しかし、富川悠太アナは7日時点で痰(たん)がからむ症状が現れ、8日には息切れ、9日には階段の昇り降り、小走り程度でも息苦しさを感じていたため、9日になってようやく体調不良を報告、10日も症状が続いたことで入院し検査を受けた結果、肺炎を患っていることが分かりました。

そして、新型コロナウイルス感染の疑いもあるためPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルスの陽性が判明しました。

これを受けてテレビ朝日は、富川悠太アナと番組で共演していた徳永有美アナら出演者、さらに番組に関わるスタッフに自宅待機の指示を出し、13日からは報道ステーションを過去に担当していたスタッフ等をかき集めて番組制作を行っています。

すでに、報道ステーションスタッフの中には体調不良を訴えている人がおり、『スポーツニッポン』や『週刊文春』の報道によれば、番組主要ポジションの幹部スタッフA氏も肺炎のような症状が現れ、発熱も訴えているといいます。

幹部スタッフは富川悠太アナの感染が判明する前まで、徳永有美アナを含めて3人で、毎日17時から放送前まで1日2回、みっちり打ち合わせを行っていたとのことです。

<↓の画像は、報道ステーションのメインキャスター・富川悠太アナ、徳永有美アナの写真>
報ステメインキャスターの富川悠太&徳永有美アナウンサー

なお、現時点で自宅待機を命じられている徳永有美アナ、森川夕貴アナらは体の異常を訴えていないとされ、徳永アナの夫であるウッチャンナンチャン・内村光良さんも特に症状は出ていないと所属事務所『マセキ芸能社』が発表しています。

週刊文春によると、富川悠太アナに代わって今週からメインキャスターを務めている金曜担当の小木逸平アナも、幹部スタッフA氏と打ち合わせを行い、濃厚接触していたため、感染している可能性があるようです。

<↓の画像は、小木逸平アナの写真>
小木逸平アナウンサー

他にも、元ABC朝日放送でフリーの赤江珠緒アナウンサーの夫で、報道局所属のチーフディレクターも軽度の肺炎を発症し、PCR検査を受けたことを赤江アナが13日に公表しており、検査結果はまだ出ていないものの、症状としては発熱、味覚異常などもあり、そうした状態を見ると感染している可能性があると語っています。

週刊新潮の記事ではさらにテレビ朝日関係者が、「オンエア前には、スタジオ横の個室で富川アナと徳永(有美)アナ、チーフプロデューサーをはじめ当番デスクや総合デスクらが集まり、打ち合わせが行われてきました」「現在、富川さんと濃厚接触したチーフプロデューサーや、総合デスクを務める男性などに肺炎の症状が認められ、すでにPCR検査を受けています。ほかにも10人を下らない番組スタッフが次々に発熱を訴えているため、番組OBなど、局内から人員をかき集めて何とかオンエアにこぎ着けているのが現状です」と、一大クラスター発生の可能性があると明かしています。

また、富川悠太アナと濃厚接触し、現在体調不良を訴えているスタッフの中には、病院取材を行っていた者もいるとのことです。

そして、これらの報道を受けてネット上では、

  • 朝から深夜まで何か月もコロナを報道していたテレビ朝日が、局内の感染拡大を危険視していないというのが呆れる
  • マスコミって偉そうな事言ってても、やってる事は軽いんだなと思わざる得ない事例。自分は絶対大丈夫!と思い込んでたんだろう
    そして感染経路はどうなんだろう?派手な交友関係、派手な飲食をどうしても疑ってしまう
  • 発熱しても、普通に三密で打ち合わせとかしてたんだな。
    外向けには自粛を呼びかける一方で、自分たちは特別だと思ってたんだろうね。
    結果、ここからウイルスをまき散らすことになりそう。
  • 国民には感染に気をつけるようにテレビで注意を呼びかけながら、自分達はその基本を全然守らずクラスター化したならざまはない。
    やはり他人に厳しく自分に甘い体質はこう言うところで出て来るということ。
    しかも未だに感染の経緯を全く明らかにしないなど不信感しかない。
  • 俺は富川がコロナに感染した事ではなく、富川の報告が遅れた事やテレ朝の情報隠しともいうべき行動や、政府の指示に従わないことに不満がある。
    国民にはクラスターを避けろとか3密は避けようとか言いながら、自分たちはきちんと3密を守らずにクラスター化するとかありえない。
  • 富川キャスターが典型的な症状が出ているのに、強引に数日間も無理をした結果がこれ。
    報道ステーションだけではなく、テレビ朝日のすべてが放送事故そのもの。
    親会社の朝日新聞とともにずっと自粛が道でしょう。
  • 発熱だけで休んでも今なら文句言いう人いないでしょうに、判断を誤りましたね

などのコメントが寄せられています。

このようにとんでもない事態に発展したことを受けてテレビ朝日は、17日からの3日間、東京・六本木の本社を完全封鎖し、全フロアの消毒作業を行うことが『日刊スポーツ』の取材によって判明しています。

記事によれば、本社に常駐しているグループ会社の30代女性社員が感染、3日後には富川悠太アナの感染が判明し、2人は同じ4階の報道フロアに勤務していたことから、4階を含めて全フロアの消毒を行い、さらなる感染拡大を防ぐといいます。

こうした対応をとることになったのも、富川悠太アナが発熱症状が出てからすぐにそれを報告しなかったこと、番組では出演者同士の距離を2メートルほど取りつつも、打ち合わせでは濃厚接触していたことにあります。

各報道によれば、すでに複数のスタッフが体調不良を訴えているとのことから、今さら消毒作業などを行っても手遅れですし、もし今後クラスターが発生した場合には、これ以上の感染拡大を防ぐためにも、番組の放送を一度ストップすることも必要になってくるかもしれません。

ちなみに、週刊文春が入手したテレビ朝日の早河洋会長が社員に送付した文書では、「感染症のパンデミックという未曽有の事態ですが、当社は報道機関として、この状況を丁寧に伝えていく責務があります。これ以上の感染を防ぎながら、放送継続をしっかりと果すべく、引き続きよろしくお願いいたします。」と記しています。

報道ステーションはこれまでに、様々な問題を指摘されながらも放送を続け、番組の平均視聴率も15%以上をキープし、20%超えを記録することもあるテレビ朝日を代表する報道番組であり、何があろうと放送を停止することはないのかもしれませんが、今後の状況を見ながら適切な判断をしてほしいです。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04151700/
  • https://bunshun.jp/articles/-/37232
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004150000741.html
  • https://www.maseki.co.jp/news/detail?news_id=2144
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTAxNDg5NzMx

    当社は報道機関として、って誤報だらけのテレビ朝日が何を言っているのか?
    今まで報道ステーションで叩かられた人たちの気持ちがよくわかったのでは?
    これを機に報道機関のあり方を考え直してください。

コメントを残す