高木紗友希の彼氏・優里の裏の顔、複数女性と同時交際しヒモ生活も…女性スキャンダルを週刊文春報道で物議。

優里と高木紗友希

アイドルグループ『Juice=Juice(ジュースジュース)』のメンバーだった高木紗友希さん(たかぎ・さゆき 23歳)が先日、熱愛スキャンダルによってグループを脱退しましたが、高木さんとの半同棲愛を報じられたイケメンシンガーソングライター・優里さん(ゆうり 本名=木村優里 26歳)が、複数女性との同時交際を週刊誌『週刊文春』のWeb版『文春オンライン』に報じられ、ネット上で批判が殺到しています。

優里さんと高木紗友希さんは2019年末以降に交際をスタートさせ、現在は半同棲状態にあるそうですが、『文春オンライン』の記者が熱愛情報をキャッチしたのは昨年9月ごろのことで、優里さんの知人は、「この頃には、優里さんは周囲に高木さんと付き合っていると明かしていました。大人数が集まる飲み会にも連れてきたこともあります。その場でも『彼女』と紹介していて、隠す様子はまったくありませんでした」と証言しています。

しかし、優里さんは別の女性とも同時進行で交際していたことが新たに発覚したといい、女優・広瀬すずさん似の20代女性・A子さんが『文春オンライン』の取材に対して、「実は私も優里くんと昨年12月から交際していたのです。高木さんとの交際期間と被っていますよね?でもそんなこと全く知らず、今回の報道で“2股”をかけられていたことを知ったんです」と告発しています。

A子さんは昨年11月ごろに、インスタグラムに優里さんの曲の一部を投稿したところ、本人からDM(ダイレクトメッセージ)が届いたといい、A子さんはその時のやり取りを記者に見せながら、「投稿に優里くんの公式インスタをタグ付けしたから気が付いたんだと思います。(中略)優里くんとは面識がなかったのですが、共通の知人はいたんです。だから、優里くんは歌のイメージとは違ってチャラいこととか、DMで女の子をナンパすることがあるとかっていう噂は聞いていたんですよ。それでも嬉しくはあったので、返信をして、何度かやりとりをしました。すると優里くんから『LINEを交換しよう』と言ってくれたんです」と明かしています。

それ以降2人は頻繁にLINEでやり取りを重ね、昨年12月初旬には優里さんから食事に誘われ、焼肉店で食事をしたといい、「その焼肉屋さんは優里くんの自宅の近くだったのですが、特に何もなくその日は別れました。またすぐに遊ぼうと約束していたので、数日後に会いました。その日は『家くる?』と誘われ、優里くんの自宅に行きました」とA子さんは語り、その後もA子さんは優里さんの自宅を度々訪れたそうです。

そして、昨年12月20日に優里さんから告白されたとし、「家でいつも通り過ごしていると、突然『付き合おう』と告白されたんです。優里くんのことは嫌いではないけど、チャラい噂も聞いていたので悩みました。でも優里くんから『絶対に俺と付き合った方がいい』と猛プッシュされて、私も嫌ではなかったので付き合うことになりました。優里くんは『仕事忙しいけど、会うから』と言ってくれて、それは嬉しかったですね」と、交際に発展した経緯を説明しています。

交際は順調に続き、優里さんの自宅にお泊りし、翌日に食事をして別れるというのが定番のデートコースとなっていたそうですが、A子さん曰く、優里さんの自宅には常に「違和感があった」そうで、交際をスタートさせてから間もなく、優里さんの自宅の洗面台にマニキュアが置いてあったといい、これについて優里さんは「前に来ていた女の子の物がずっと置いてある」と話したといいます。

その時はA子さんもそこまで気には留めなかったものの、「1月頭に優里くんの自宅に行ったんです。すると洗濯機に女性用の下着が入っていました。しかも置いておいた私用の歯ブラシが無くなっていて、新しい歯ブラシがあったんです。優里くんに誰のものなのか問いただすと、『夜職(水商売)の女性が洗い物だけをしに来てくれた』と言われて……。その後も女性の私物を発見する度に『家事をしてくれるおばさんがいる』と謎の言い訳をされました。納得なんてできませんから、ずっとモヤモヤしていました」と、女性の影がチラついていたとしています。

その頃から優里さんはA子さんとのデートをドタキャンすることが増えたそうで、「遊ぶ約束をしていた日に『今日大丈夫そう?』と聞くと、『夜遅くまで仕事になりそう』と断られることが急激に増えていった。仕事ってそんなに急に入るもの? と疑問に感じました。」とし、1月7日には優里さんの自宅近くの駅周辺で散々待たされた挙げ句、早朝5時ごろに「今日無理だ」と連絡があったとのことです。

A子さんはその翌日、優里さんに「付き合っている意味ないよね?他の女の子と遊びたいならいいよ!もう無理」と別れを告げたところ、優里さんは「これでもう会わないとかは嫌だ」と食い下がり、A子さんは優里さんの自宅に置いてある私物を取りに行く約束をして、優里さんと会うことになったものの、その約束も優里さんはドタキャンしたそうです。

それ以降、A子さんは優里さんと連絡を取らなくなったそうで、「交際中から『電話は自分のタイミングでかけたい』とか『突然連絡するかも』とか言っていて、今思えば怪しいことばかりでした。他の女性と会うタイミングを見計らって調整していたんでしょうね。だから高木さんとの熱愛報道を見て、『やっぱり他にもいたんだ』って妙に納得しました。ヒドい人ですよね」と語っています。

『文春オンライン』がさらに取材を進めると、A子さん以外にも“第3の女性”がいることが分かったといい、A子さんとほぼ同時進行でモデル・堀田茜さん似の20代女性・B子さんとも密会を重ね、取材に対してB子さんは「(高木紗友希さんとの)熱愛報道が出るまで、私は優里くんの彼女だと思っていました」と語っています。

B子さんと優里さんは昨年11月ごろに飲み会で出会い、その場でLINEを交換したところ、優里さんの方から後日「可愛かった」「ご飯行こう」との誘いがあり、B子さんも優里さんの自宅近くにある焼肉屋で食事したそうです。

その後、昨年12月初旬に2度目のデートをした際に「家来る?」と誘われ、自宅へ遊びに行き、それ以降何度かB子さんは優里さんの自宅へ行き、同月中旬に「やりたいとかそういうんじゃないんだけど、付き合ってみるのはどう?」と優里さんから告白され、次のデートで男女の関係になったとのことです。

しかし、今年に入ってから会う回数が激減し、2月初旬に連絡を取ったところ、いつの間にかLINEアカウントが削除されていたそうで、「どうしたんだろうって不安に思っていたら、その翌日に高木さんとの熱愛が報じられたんです。それから今に至るまで、優里くんから連絡はありません。別れ話をすることもなく、一方的に終わってしまいました…」と、一方的に捨てられたと明かしています。

B子さんもA子さんと同じく、優里さんの自宅で女性用下着を目撃しており、それについて優里さんは「この前、友達と友達の彼女が家に来て、その彼女の下着を干している」などと言い訳していたほか、優里さんの自宅へ行った際に何度か「キッチン片づけてくれないの?」「彼女って家政婦なんでしょ?」などと言われたことがあったそうです。

B子さんは、「優里くんからすると、彼女が自宅の家事をすることは当然だと思っているんでしょうね」「(熱愛報道によって)交際中のモヤモヤが晴れてよかったです。やっぱり嫌な奴だったんだなって(笑)」と語っています。

優里さんはA子さん、B子さんとほぼ同時期から交際をスタートさせ、年明けに関係を解消しているのですが、本命彼女?の高木紗友希さんは昨年11月~今年1月までツアーなどで多忙な日々を送っており、その期間中に優里さんは2人の女性と遊んでいたようです。

『文春オンライン』はさらに、芸能関係の仕事をする30代のC子さんと優里さんが親密な関係にあったとの情報も入手しており、優里さんとC子さんは2017年2月頃に共通の友人の紹介で出会い、紆余曲折を経て、優里さんはC子さんの自宅に住まわせてもらうことになったそうです。

<↓の画像は、2018年9月撮影の優里さんとC子さんの写真>
優里と親密女性の2ショット画像

C子さんは当時、売れないミュージシャンだった優里さんに高級ブランドの洋服などを買い与え、食事代などを含めると500万円近くは遣っていたといい、2017年9月頃に優里さんは当時活動していたバンドメンバーと一緒に暮らすと言って、C子さんの家から出ていったそうですが、その後も週1~2回のペースで食事などをしていたとのことです。

優里さんはその頃、ラウンジで出会ったD子さんとも親密な関係にあり、D子さんの自宅へと転がり込んでいたといい、その事はC子さんには明かさず、2人の女性から養ってもらうという“二重ヒモ生活”を送っていたそうです。

<↓の画像は、C子さん撮影の金髪ヘアー時代の優里さんの写真>
優里が金髪ヘア時代のプライベート画像

優里さんはC子さんのことを「お姉ちゃん」と呼んで慕い、芸能関係の仕事をするC子さんは、昨年8月にメジャーデビューした優里さんに天狗にならないよう注意もしていたそうで、ある時に優里さんが「10代の子たちはみんな馬鹿だから。ちょっとバズればファンが簡単に増える」などと言った際には、「それを聞いたらファンが悲しむよ」とC子さんは注意していたといいます。

その後、高木紗友希さんとの熱愛報道によって、C子さんは優里さんがウソをついていたことを知ったといい、「(熱愛報道に)C子はすっかり精神的に参ってしまって、『別の女性のところに行っていたんだろうね』と悲しそうに呟いていました(中略)C子は『優里の話はどこまでが本当か嘘かわからない』と混乱しているようでした」と、C子さんの知人が語っています。

そして、『文春オンライン』が事の真相を確かめるため、優里さんが慕っていたC子さんに電話取材を行ったところ、「私は優里を4年以上可愛がってきたんです。衣食住の面倒もみたし、仕事や音楽関係者を紹介することもありました。私は優里が売れると信じていましたし、優里も『お姉ちゃん!』と慕ってくれていたので、彼のことは信頼していたんです。でも、今回の熱愛報道で優里が話していたことが嘘だとわかりました。頭が真っ白になりましたよ。(中略)女性関係だって全くないと言っていたし、実家に住んでいるというのも嘘だった。でも何より許せないのが、報道前日に優里のLINEアカウントが消えて、心配して連絡した時に本当のことを話してくれなかったこと。『お姉ちゃん、実は熱愛報道が出る』と正直に言って、相談してくれたら私も力になれるように動いていた。心を許した仲だと思っていたのは私だけで、優里からすれば都合のいい存在だったんでしょうね」と語ったそうです。

この報道を受けてネット上では、

  • 「アイドルで恋愛禁止って言われている私たちに寄って来る男にろくな男はいない」
    こじはるのアイドル時代の発言だけど、まさしくその通りだね。
  • 話し方チャラそうだし、そんな男なんだろうなと思ってた。案の定、って感じで特に驚かないです。お相手のアイドルの子とも誠実に付き合わなさそう。
  • こんなことで話題になってイメージ悪すぎるから、いくらブレイクしてるといっても紅白とか出られないかもね。すぐ消えるかも。
  • こういうの読むと、返すがえす「紗友希はばかやろう」だと思う。
    元々、気立てのいい子(ライブやイベントに参加してみての僕の見立てです)なので、こういう”女を転がす”のに長けた男にコロッと引っかかっちゃったんだろうな…
  • 高木さんはマジで選択ミスったんじゃないの?こう言う話が出ちゃうような男が長く大事にしてくれるとは思えない。
    たまたま報道されたから彼女を選んだだけで、ほとぼりが冷めたらすぐ新しい女を作ると思う。
  • 彼女がアイドルクビになった日に、平然とMステ出て「初Mステ楽しみです!」とか言ってるような奴だから、多分何とも思ってないんだろうね。
    彼女の自業自得と言えばそれまでだけど、何とも見る目が無かったね。
  • なんとなく予想はしてたけど、後から出るわ出るわ女の影が、、、。きちんと1人1人きちんと付き合って別れてたら、こんな事にはならなかったと思うけどね。
    内容みてるとこの人、これからも変わんないんだろうな〜生き方。ずっと女を利用して生きてきたんだろうし、かわいそう。
  • 本当かどうかは別として、とりあえず火のないところに煙は立たない。女性関係がだらしないとイメージが崩れて仕事に支障が出るのが芸能界なんだから、作る歌が例え良くても突っ込まれ続けてしまうよね。
    DMナンパをする有名人が最近多いけど、男の軽い行動に乗る軽い女性は大事にされないと喋るって学習しよう。

などの声が上がっています。

『文春オンライン』が最初に報じた優里さんと高木紗友希さんの熱愛記事でも、優里さんの知人が、「優里はモテるので、これまでにも女性の影がチラついたことはありました」「めちゃくちゃモテていて、生活を支えてくれる女性が複数いましたから。昼にある女性とデートをしてご飯をおごってもらい、服を買ってもらって、夜にはまた別の女性にご飯をおごってもらうなんてこともありましたね。渋谷でかなり顔が利いたので、自分のことを『渋谷の王』だと言っていたこともあります」と証言していました。

そのため、今回の報道に対して特に驚きはないですが、こんなとんでもないチャラ男に引っかかってしまったことで、高木紗友希さんは『Juice=Juice』と『ハロー!プロジェクト』での活動終了が決まり、グループにも様々な影響が及んでいるだけにファンは複雑な心境でしょうね。

なお、高木紗友希さんは優里さんとの熱愛スキャンダルによって、Juice=Juiceとハロプロから脱退となり、これによってJuice=Juiceのファン交流イベントが中止となったほか、3月24日にリリース予定だった高木さん参加のニューシングルは、発売日が1ヶ月延期されることが決定しています。

高木紗友希さんは優里さんと半同棲状態にあり、優里さんは自身の友人や仕事関係者らにも高木さんを彼女と紹介するなど、『文春オンライン』が報じた他の女性たちとは違った扱いを受けており、恐らく高木さんは本命彼女なのだろうと思いますが、記事を読んだ限りでは今後も女遊びを続ける可能性が高そうです。

今回の報道を高木紗友希さんはどのように受け止めているのか、現在も優里さんとの交際が続いているのかは分かりませんが、いずれにせよ一連の報道で2人のイメージは悪化しており、それぞれ多少のファン離れが発生したり、今後の活動に影響が及ぶことになるかもしれないですね。

参照元
  • https://bunshun.jp/articles/-/43728
  • https://bunshun.jp/articles/-/43729
  • https://bunshun.jp/articles/-/43730
  • https://www.cyzo.com/2021/02/post_268006_entry.html
  • https://www.cyzo.com/2021/02/post_268333_entry.html
コメントを残す