山口真帆の暴行被害事件の犯人&AKSの裁判和解条項の全容…謝罪文の内容と損害賠償金が判明、茶番裁判に批判続く

山口真帆

元NGT48の“まほほん”こと山口真帆さん(やまぐち・まほ 24歳)が、2018年12月にファンの男性2人から暴行を受けた事件を巡り、グループの元運営会社『AKS』(現社名・ヴァーナロッサム)が犯人に対して、3000万円の損害賠償を求めて起こした裁判の和解が8日に成立し、この裁判の和解条項の全容が明らかになりました。

『産経新聞』によると裁判の和解条項は、山口真帆さんを暴行した容疑で逮捕(後に不起訴処分)された男性2人がAKS側に、「5年間で合計240万円を損害賠償として支払う」こと、今後は「NGT48を含めてAKB48グループのイベントには参加しない」こと、「AKB48グループの名誉、イメージを毀損した際には、違約金1000万円を支払う」と記載されているとのことです。

また、男性2人の謝罪文の全文は以下のような内容になっており、山口真帆さんに対する一部暴行は認めつつも、NGT48メンバーの関与を否定しています。

【男性ファン2人の謝罪文】

私たちは、2018年12月8日、当時貴社の運営するNGT48のメンバーであった山口真帆氏の承諾を得ずに山口氏の自宅を訪れ、少なくとも山口氏の自宅玄関ドアを山口氏と引っ張り合う等の行為に及び、山口氏に精神的な苦痛を与えるのみならず、

山口氏との会話において、「NGT48に所属するほかのメンバーから山口氏の自宅の場所を聞いたり、山口氏の自宅に赴くように唆されたりした。」等の事実と異なる説明を行った結果、

同説明の録音媒体・反訳が公表されることにより、NGT48メンバーが本件暴行等に関与しているかの如き誤解を招いたことにより、貴社のNGT48の運営に混乱を招き、支障をきたしたことについて陳謝します。

NGT48メンバーは一切本件暴行等に関与していないことをあらためて表明します。

今後、NGT48を含むAKB48グループの出演するイベント等には参加せず、AKB48グループに接触しないものとし、貴社、AKB48グループ及び貴社の取引先等の関係者の名誉やイメージを毀損するようなことは致しません。

AKS側の遠藤和宏弁護士は8日の和解成立後にマスコミの取材に応じ、事件の真相が明らかになっていない状態で和解に至ったことについて、「NGTの他のメンバーの潔白が証明されたという点で、一定程度の成果はあった。また、被告らから謝罪文をご提出いただいて、真実に向けて前進できたと思う。」と答え、AKS側の「勝訴的和解」とも語っています。

また、暴行被害事件の当事者である山口真帆さんとの意思疎通に聞かれると、「私の方からは連絡していない。(判断が)難しい裁判だった。」と答え、この裁判に対してファンはどれほど納得すると思うかとの問いには、「分からない。皆さんに判断していただくことだと思う。」としています。

そして、この裁判の結果や和解条項、男性ファン2人の謝罪文の公開を受けてネット上では、

  • AKSはそのお金を山口に差し出せばいい。受け取らないだろうけど。
    そもそもの世間の炎上の発端は、AKSのその後の対応の異常さであり、悪役は犯人よりもAKSに移って居るのだと感じるよ。
  • 所詮、ファンの声や商売道具の一つでしかないメンバーの叫び声など権力者には届かないということがよくわかった。
    何より、自分が気に入った子しか可愛がらない秋元が、この件に関して我関せずで完全無視しているのか一番腹が立つ。
  • 合計7回も裁判やって、暴行犯も、暴行犯側弁護士も一度たりとも裁判に来なかった。そんな裁判ある?何故和解する?
  • 劇場支配人と犯人グループは繋がっていたんですよね??そこが和解って意味がわからないのですが。
    本当に和解すべきは山口さんとAKSグループ・犯人グループじゃないのですか?
  • 普通に考えれば240万なんてはした金で到底、活動できなかった期間や影響の損失は補填できるはずもない
    逆に訴えと同額もしくはそれに近い額になれば、無職や学生が実際に払える筈もないから、AKSとしてメンツの立つ結果にしたかったんだろう。
    反省文にも、他メンバーとの関与はなかったことを念押しされたあとがありありとあるし、これは今後、山口サイドがなにか言ってきてもこういうことになっているというエビデンス取りでしかない。
  • 被害者である山口さんに対しての謝罪の気持ちはないんですね。さすが加害者と加害者との裁判とは言えますが…
    これで、AKSに対する世間のイメージが良くなる事は二度と無くなるでしょうがそれは構わないのかな
  • こんな裁判なんの意味もない茶番でしょ。会社にお金を受け取る資格はない。
    管理して保護する対象のメンバーが、保護管理下の場所で被害にあったのは犯人のせいだけじゃなくて、徹底的に守ろうとしてなかった会社が悪い。
    全てお金を被害者に渡すべきだし、それで許されると思ったら大間違い。

などと怒りの声が噴出しています。

この裁判は表面上、男性2人に対して3000万円の損害賠償を求めるものでしたが、和解条項やAKS側の言動などを見ても分かる通り、結局のところは、山口真帆さん以外のNGT48メンバーの事件への関与、ファン等との繋がりなどを否定させることが主な目的にすり替わっているとしか思えないものです。

また、NGT48を脱退し、芸能事務所『研音』へ移籍した山口真帆さんの新たな活動を妨害するような裁判でもあり、AKS側のシナリオ通りに話が進んだと指摘されるのも当然の結果になっています。

そのため、ネット上では「茶番」といった声で溢れかえっており、AKSに対するファン等の怒りや不信感などは募る一方なのですが、AKSは国内グループの運営事業から撤退、社名も『ヴァーナロッサム(Vernalossom)』に変更しました。

NGT48の運営については、グループの副支配人だった岡田剛さんを社長とした新会社『フローラ(Flora)』に譲渡し、これによって悪化したイメージを少しでも良くしようとしているのですが、一連の事件によって失ったものは非常に大きく、疑惑の“黒メンバー”等がグループに在籍している限りは、人気の低迷と批判は続くのではないでしょうかね。

参照元
  • https://www.sankei.com/premium/news/200414/prm2004140002-n1.html
  • https://www.sankei.com/affairs/news/200415/afr2004150001-n1.html
  • https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020040802100227.html
  • https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020040802100225.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    ngtとテレビ東京のすみさんの件は似てる
    真帆ちゃんはとりあえず実力つけて、復帰して

  2. 2
    匿名
    ID:MzQwMDYxMzUy

    NGT48の私設軍隊化だ、今や岡田剛の私設軍隊化している

  3. 3
    匿名
    ID:MTAxNDg5NzMx

    残ったメンバーの潔白を証明するための裁判。
    しかも、ヤラセ。
    お陰で秋元氏らの闇が逆にはっきりわかった。
    もう人気低下の歯止め効かないんじゃない?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について