安倍なつみは後藤真希が嫌いだった!? モーニング娘。OGがメンバー間の不仲や確執を『バナナマンの決断は金曜日!』で暴露!

後藤真希と安倍なつみ

1997年に結成し、現在でも高い人気を誇るアイドルグループ・モーニング娘。の黄金期を支えた安倍なつみさん(33)や、中澤裕子さん(41)、保田圭さん(34)等が、12日に放送されるバラエティ番組『バナナマンの決断は金曜日!』(フジテレビ系)に出演し、今だから語れる当時メンバー間にあった確執を明かしていることが分かりました。

番組内では、1999年に第3期メンバーとして同グループに加入し、プロディーサーのつんく♂さんに「10年に1人の逸材」「才能が飛び抜けていた」とまで言われ、加入直後にリリースされたシングル『LOVEマシーン』でセンターを務めた後藤真希さん(29)に対して、当時メンバーはどのように思っていたのか等を明かしており、かなり貴重な内容となっているようです。

【以下引用】

元モーニング娘。OGメンバーらが過去の確執を告白した。

12日放送のフジテレビ系バラエティ番組「バナナマンの決断は金曜日!」(毎週金曜、よる23:30~)では、ゲストに元モーニング娘。のメンバーの、中澤裕子、安倍なつみ、保田圭、吉澤ひとみ、小川麻琴の5人が登場。

モー娘。時代に抱えていた悩みから現在の生活ぶりまで赤裸々トークを繰り広げる。

モーニング娘。が暴露

結成当初からソロデビューを目指していたという初期メンバーは、互いにライバル意識を抱いていたことを告白。

中澤は安倍に対し「センターで周りからちやほやされてて、“今だけだぞ”と思ってた。プライベートまで一緒に居たくないっていう感じだったし、ライブの打ち上げを誘ってもいつも行かなかった」と本音を吐露。

中澤裕子と安倍なつみ

一方安倍は、「一時期精神のバランスを崩して、目覚まし時計を何個かけても起きられなくて、夜遊んでいるんじゃないかって言われたときは傷ついた。みんなに“ご飯行こう”って言えるまで本当に時間がかかった」と当時抱えていた辛い悩みを告白する。

また、同グループを国民的アイドルに押し上げたきっかけとも言われ、世間に大きなインパクトを与えた後藤真希の加入について話が及ぶと、安倍は「いい気分はしなかった。今思うとそれが良い刺激にはなってたけど、あの時は必死だった」、保田は「私たちが増えた時はコーラスだったのに、ジャケット写真でいきなりセンターで入ってきて、なんか様子違うなって」と語る。

それを受けて中澤は、「周りが気を遣うくらいバチバチしてたと思うよ。なっちが“学校行きたくない”って電話してきたときに、悩んでるんだなと思った」とメンバー内に確執があったことを明かした。
 
グループ卒業後、結婚や出産を経験したメンバーも多い中、2年前に結婚して女の子を出産し、今月7日には第2子の妊娠を報告した中澤は、IT企業社長である夫の希望もあり、子育て環境を整えるため今年福岡に移住することを決断。

「不安もたくさんあったんですけど、大事なものは中澤裕子としての欲望よりも、結婚して母になったときの感情の方だった」と語る。

また、次に結婚するメンバーとして話題に上ることの多い安倍。

「結婚願望はある!」「子供が好きだから子供欲しい!」と熱く語るものの、実際は結婚しているメンバーをうらやましいと感じることはあまりないそうで「目の前にあるお仕事に集中してしまうタイプなので、恋愛と仕事を両立することが上手くいくような気がしない」と、結婚より仕事を優先する決断をしていた。

■「バナナマンの決断は金曜日!」
同番組は、さまざまな場面でのリアルな“決断”をテーマにしたトークバラエティ。

有名人が人生で下した決断の真相を紹介する独占インタビュー企画や、有名人の知られざる素顔に迫るプライベート密着企画のほか、一般人の決断を調査するコーナーも登場。

バナナマンの設楽統、日村勇紀と平成ノブシコブシの吉村崇が繰り広げる爆笑トークや決断VTRを見た素直なリアクションも見どころとなっている。

【引用元:モデルプレス

これにネットでは、

  • 状況やそれまでのオーディションからレッスンなどの流れを考えると当時はそんなことがあったのは当然で、そういうことを経て更に大きくなったのがモー娘だと思う。
  • そのくらい緊張感があったからこその黄金期だったわけだ
  • 確執や嫉妬は少なからずあったとは思ってましたがそこまでだったとは驚いた。後藤真希は始めから居たメンバーとは明らかに一線を画す存在だったし、なによりもスター性があると思った。その後は意外と伸び悩み影が薄くなって人気も一時的に終わったのは残念だった。
  • 結局、ゴマキ人気で火が付いた感じ。すがりつきメンバーには良かったんじゃないかな
  • ASAYANで初期メンバーがCDを手売りして苦労してきたから、オーディションで受かっていきなりセンターでは、気分も悪くなって仕方ないと思う。でも、女ばかりの世界だとライバル心も強いだろうし確執もあると思う。

などのコメントがありました。

後藤さんが加入した当時のモーニング娘。をリアルタイムで見ていましたが、加入した当時後藤さんは、まだ中学生だったのにも関わらず金髪で大きな衝撃があり、モーニング娘。のイメージや空気感が一変し、そして『LOVEマシーン』の大ヒットによって後藤さんが更に注目されることになりましたので、後藤さん加入前までモーニング娘。の中でトップの人気を誇っていた安倍さんは、後藤さんの事をライバル視していたのは当然のことで、いきなりセンターに起用されていたわけですから、よく思っていなかったでしょうね。

今回それぞれのメンバーが、当時後藤さんのことをどのように思っていたのかなど、裏エピソードが聞けるのは嬉しいことなのですが、このような暴露トークをするのであれば、後藤さんを混ぜてのトークをした方が盛り上がったと思いますので、その点については少し残念なところです。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTkwMDg0

    なっちも人身事故と盗作乗り越えてから一皮剥けたな

  2. 2
    匿名
    ID:MzcwMDg1MTkw

    ふーん…女社会スゴすぎるな。
    絶対無理やわ…怖すぎんねん…
    ゴマキも色々苦労してるんちゃう?
    AKBとか絶対大奥状態進行中やで!
    ホンマ…怖くてアカンわ!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について