けやき坂46『日向坂46』に改名&デビューシングル発売。ひらがなけやきのグループ名変更にメンバー、ファン歓喜

日向坂46ロゴ

『欅坂46』のアンダーグループ、妹分グループとして始動の『けやき坂』(通称:ひらがなけやき)が、11日から『日向坂(ひなたざか)46』に改名することや、3月27日に単独デビューシングル(タイトル未定)をリリースすることが11日に発表されました。

11日に、けやき坂46メンバーの柿崎芽実さん(かきざき・めみ 17歳)、加藤史帆さん(かとう・しほ 21歳)、齊藤京子さん(さいとう・きょうこ 21歳)、佐々木久美さん(ささき・くみ 23歳)、佐々木美玲さん(ささき・みれい 19歳)、小坂菜緒さん(こさか・なお 16歳)の6人が動画配信サービス『SHOWROOM』で生配信を行い、その中でグループ名の改名が電撃発表されました。

<↓の画像が、SHOWROOMで生配信したけやき坂メンバー写真>
けやき坂46メンバー(佐々木美玲・齊藤京子・小坂菜緒・加藤史帆・柿崎芽実・佐々木久美)
(左から佐々木美玲さん、齊藤京子さん、小坂菜緒さん、加藤史帆さん、柿崎芽実さん、佐々木久美さん)

『SHOWROOM』の配信序盤で3月27日に単独デビューシングルのリリースが発表され、その他にも3月5・6日に横浜アリーナでデビューカウントダウンライブを開催、公式サイトやツイッターアカウントを開設、12日からファンクラブが始動、デビューシングルがファッションサブスクリプションサービス『メチャカリ』のタイアップとなることなどが発表され、終盤にメンバーも事前に聞かされていなかったというグループ名の変更がサプライズ発表されました。

けやき坂のキャプテン・佐々木久美さんがスタッフから渡された手紙を読み上げ、映像とともに『日向坂46』(グループカラー:空色)に改名となることが発表されると、メンバーたちは大喜びし、涙を流すメンバーもいました。

加藤史帆さんはグループの改名について、「ずっと悩んでたよね。みんなで、喋ってたんですよ。ずっと『ひらながけやき』のままでいいのかな、っていう。嬉しくなって、頭が真っ白になった」と語り、齊藤京子さんは、「3年間やってきて、(グループ名の改名が)一番の夢だったんです!しかも、『日向坂46』ってメッチャ良い、超可愛くない?」などと大興奮でした。

<↓の画像が、グループ名の改名に歓喜するメンバーの写真>
日向坂46改名に喜ぶメンバー

佐々木久美さんは、「『ひらがなけやき』というのにも愛着があったので、寂しい気持ちもあるけど、『ヒ』を使った決めポーズも引き続き使えるように、スタッフさん達が色々考えてくださったんだと思うと、すごく愛を感じます」とスタッフらに感謝し、ファンたちに向けて、「これまでかっこいい背中を見せてくださった漢字(欅坂46)さんの背中があるおかげなので、ひらがなけやきという名前がなくなるのは寂しい気持ちもあるんですけど、新しいグループとして走り出していくので、走り出す姿を一緒に見てほしいです」と語っていました。

加藤史帆さんも、「漢字欅(欅坂46)さんや、これまで応援してくださった皆さん、関係者の皆さんに感謝しています。これからは日向坂46として全力で頑張るので、どうかこれからもよろしくお願いします」とファンに呼び掛けていました。

そして、けやき坂46から『日向坂46』へのグループ改名発表などに対してネット上では、

  • 改名キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!日向坂46キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
  • めっちゃいいじゃん
  • 漢字とかひらがなとか世間からしたら意味わからないもんね
  • これは後々考えると絶対よかったと思うよ。ひらがな知らない新規の方がまだまだ多い訳だし、日向坂に関しては個人的にはすごくいい名前だと思う
  • 毎回毎回アンダーグループ扱いされるし、欅との違いを説明するの面倒だっただろうし、ファンは寂しいだろうけど改名して正解だと思う
  • ひらがな推しどうすんねんwwひらがなけやきの歌どうすんねんww井口眞緒がさんまに頑張って説明した意味なんやねんwwでも嬉しいwwww
  • どうやって乃木坂や欅坂、AKBグループと違う売り方で売っていくのか気になる 頑張れ!
  • ねるちゃんから始まったけやき坂、ひらがなにちなんだ曲もあるしポーズもある。
    けやき坂って名前に愛着もあるし今は違和感しかないけど欅坂との区別化、世間から分かってもらうためには、仕方ないのかなとも思う。後名前は後で慣れてくると思う。
    今までコツコツやってきてついにシングルデビューが叶うことが嬉しくて仕方ない。良いデビュー曲になりますように!

などと、けやき坂ファンたちからも歓喜の声が上がっています。

日向坂46に改名となったけやき坂46は、欅坂46が2015年8月に結成してから9ヶ月後の2016年5月に結成、元々は欅坂46の2軍的なポジションのアンダーグループでしたが、クールなパフォーマンスで人気の欅坂46とは違い、「ハッピーオーラ」をコンセプトとしたパフォーマンスによって、欅坂46とはまた違った魅力を持つグループとして人気を獲得していきました。

昨年1月には、欅坂46に代わって日本武道館での3日間公演を成功させ、同4月には冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京系)、『KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?』(日本テレビ系)の放送がスタート、同6月にはデビューアルバム『走り出す瞬間』をリリース、全国ツアーも開催しています。

けやき坂46の楽曲『ハッピーオーラ』ミュージックビデオ

こうして着実に人気を上げていったけやき坂46は、音楽業界内でも「単独でも十分シングルデビューできる」と言われるほどの存在になっていたと『日刊スポーツ』は報じています。

また、人気が上昇しファンの数を増やしている一方で、一般層からは欅坂46と混同されがちで、検索サイトで「けやき坂」「けやき坂46」と検索しても欅坂46が上位表示されてしまうことも多く、さらにグループの人気を上げるためには改名が必要不可欠となっていました。

ちなみに、新グループ名に使用される「日向坂(ひなたざか)」という坂は東京都内には実在しないのですが、「日向坂(ひゅうがざか)」は東京都港区三田に存在し、乃木坂46、欅坂46と同じく港区に関連したグループ名となっています。

欅坂46も当初は「鳥居坂(とりい)46」としてメンバー募集を行い、第1期生が決定後にグループ名を欅坂46に変更したという経緯があるのですが、結成から約3年でグループ名を変更するというのは異例で、慣れるまでには少し時間がかかるかもしれません。

しかし、単独のグループとして知名度、人気をさらに上げていくためにはグループ名の変更は必要だったため、グループ名やイメージカラーなどを一新したのは正解という声が多く上がっており、今後どこまで人気を伸ばしていくのか楽しみですね。

なお、冠番組『ひらがな推し』のタイトル変更については、運営側と番組プロデューサーが相談し決めていくとのことです。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4NTQyMzc4

    どーでもえーわ!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について