『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃん役の声優・水谷優子が乳ガンで死去、享年51歳。ミニーマウスやブラック・ジャックのピノコ等も担当

水谷優子

国民的な人気アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、主人公・さくらももこ(まる子)の姉・さくらさきこ等の声を担当していた声優の水谷優子さんが17日、乳ガンのため亡くなられた事が明らかとなりました。51歳でした。

これは水谷さんが所属する声優事務所『青二プロダクション』が19日、公式サイト上で発表し明らかとなったもので、事務所の公式サイト上では「弊社所属俳優 水谷優子 儀 (51歳)が、平成28年5月17日 乳がんの為 永眠いたしました。生前、皆様から頂きましたご厚情に心より感謝致します。」と発表されました。

また、『ちびまる子ちゃん』の公式サイト上では、原作者のさくらももこさん、キャスト・スタッフ一同として、「『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃん役(さくらさきこ)の声優 水谷優子さんが平成28年5月17日、51歳でご逝去されました。平成2年の初回放送から長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます。」というコメントが掲載されています。

フジテレビによれば、22、29日の放送分についてはすでに収録済みとなっており、後任については後日発表しています。

51歳という若さで亡くなってしまった水谷さんは、1985年に『機動戦士Ζガンダム』で声優デビューを果たし、その後は『Zガンダム』でサラ・ザビアロフ、『エースをねらえ!2』で主人公・岡ひろえ、『ブラック・ジャック』でピノコの声を担当し、また、ディズニーのミニーマウスの日本語吹き替えも担当していました。

そんな水谷さんの突然の訃報に対してネット上では、

  • ブラックジャックのピノコの声が大好きでした。悲しい。若すぎる。
  • 爆裂ハンターとか好きだったなあ…今まで楽しいキャラをたくさん、ありがとうございました
  • 突然の衝撃としか言いようがありません。お姉ちゃん役どうするんでしょうか…。
  • 最近で一番、衝撃的だった……あまりにもお若い……
  • 若すぎ…まだまだ仕事して、楽しみたかっただろうに…マルコが悲しむね…

などのコメントが寄せられています。

つい最近まで『ちびまる子ちゃん』にお姉ちゃんの役で出演していたことから、この訃報が信じることが出来ず、アニメが開始時点からまる子のお姉ちゃんの声などを担当してきた方なので、もうあの声を聞くことが出来ないというのは非常に寂しいです。

水谷さんはまだ51歳と若く、これからまだ様々な作品での活躍を期待されていた方だっただけに非常に残念でなりません。

水谷優子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について