押尾学が薬物事件等関与の芸能人の名前暴露か? 活動再開しあの騒動の裏側告白&恨み節爆発で波紋! 元妻・矢田亜希子も戦々恐々?

押尾学

元俳優・歌手の押尾学さん(37)が音楽活動を再開し、以前活動していた自身が率いるロックバンド『LIV(リヴ)』のボーカルとして、1月23日に東京・渋谷のライブハウスで開催されたライブイベントに出演し話題になりました。

押尾さんは2009年8月に、合成麻薬・MDMAを服用した麻薬取締法違反の罪と、マンションの一室で一緒にMDMAを服用した銀座ホステス・田中香織が意識不明の状態にも関わらず、適切な処置をせずに死亡させたことにとって保護責任者遺棄致死罪でも逮捕・起訴され、懲役3年6ヶ月の実刑判決を受けて2012年3月に静岡刑務所に収監されました。

押尾学逮捕の報道

その後、押尾さんは模範囚だったことから刑期短縮で2014年12月に仮釈放となり、現在に至るのですが、そんな押尾さんの独占インタビューが10日発売の週刊誌『週刊新潮』に掲載されたことから話題になっており、そこでの爆弾発言が波紋を呼んでいます。

押尾さんが同誌のインタビューで明かしたところによると、刑務所内でイジメられていたのではないかといった噂もあったものの、実際にはそれはなかったといい、刑務所内での仕事は炊事場工場だったそうで、収監から8ヶ月ぐらいで工場長となり、毎朝4時~4時半に起床し、炊事場に入る食材のチェックから料理と1日中忙しかったと振り返っています。

しかし、仕事が辛いことはなく、最も辛かったのは一人の時間だったといい、夜になると色々な事を考えてしまい、刑務所内では「『あの時、こうすればよかったな』と人生の分岐点について考えてばかりいました。」と告白。

かつて所属していた大手芸能事務所『研音』を離れた理由についてにも明かしており、押尾さんは27歳の時に「ハリウッドに行きたい」と事務所に伝えたそうなのですが、これを却下されたことが原因で喧嘩別れしたといい、その後押尾さんは単身アメリカへ渡ったそうなのですが、当時を振り返り「辞めていなければ人生は違ったのかなと。クスリに手を出したきっかけになってしまいましたからね。事務所から貰っていた給料は月に150万円。別途でCMはギャラの半分を貰ってた。振り返れば、本当によくしてくれたんだなと思います。」と語っています。

そんな押尾さんは現在の状況についても明かしており、今は必死にもがいている最中だといい、周囲にはそのようには見せていないものの、「毎日しんどい」と心境を吐露し、金銭面でも苦しいらしく「恥ずかしい話なんですが腕時計などを売って何とかしのいでいます。貯金を取り崩してもいますが、そろそろなくなってしまう。だから、どうしようかなって……。」と語り、芸能界との付き合いはなく、音楽関係の方も無いといい、LIVのメンバーとは繋がっているものの、メンバーは周りから「なんで押尾と関わってんだよ」などと言われているとのこと。

<↓の画像は、1月23日のライブ終了後に『週刊女性』によって撮影された写真>
1月23日のライブ終了後に撮影の写真

逮捕によって親戚も離れ、それまで「まーくん、サイン頂戴。写真を一緒に撮って」などと言われていたものの、そうした人は皆いなくなり、「だから、両親には本当に迷惑をかけたと思います。今、僕は実家に住んでいて両親と一緒です。だから、最低限の生活には困らない。でも、みっともないじゃないですか。本当は早く家を出たいんです。」と語っています。

また、逮捕によって離婚することになった元妻で女優の矢田亜希子さん(37)についても言及し、逮捕後は一度も会っていないといい、拘置所から「迷惑をかけてごめん。息子に会わせてくれ」と手紙を送るも返事はなく、釈放されてからも連絡を取ることが出来ないそうです。

<↓の画像は、矢田亜希子さんとのツーショット写真>
矢田亜希子と押尾学のツーショット写真

このようなことを語った押尾さんですが、この事件には様々な人が関わっていたとして、裏切った人物に対して恨み節を爆発させており、押尾さんは「その中には、今でもニコニコ笑ってテレビに出ている人もいます。」と暴露。

さらに、「僕は何もしゃべっていない。仲間を売ることはできないと思ったからです。でも、フタを開けたら、皆が“押尾がやったこと”と僕を売っていた。今さら何かを言うつもりはないけど、その人たちは今、ビクビクしているんじゃないですか。」といい、「僕のことを『お兄ちゃん』とか『兄弟』とか呼んでいた奴まで裏切ったわけですから。これは一生、忘れることができない。」とかなり恨んでいる様子。

押尾さんが『週刊新潮』に語った内容がどこまで本当かどうか定かではなく、押尾さんがインスタグラムなどで公開している写真を見てみると、家賃は数十万円するとみられる高級なマンションに住んでいることが分かり、普段乗り回している車も高級車で、かなり豪華な生活を送っていることから実業家のタニマチ(後援者)がいるのではないかと噂されています。

そのため、現在は実家暮らしで生活に困っているというのはにわかに信じがたい話ではあるのですが、押尾さんが起こした「押尾学事件」には、他にも芸能人や有名アスリート、大物政治家の2世も関与しているのではないかと噂されており、押尾さんの暴露話に怯えている芸能人がいるというのは本当の話かもしれません。

<↓の画像は、当時『東京スポーツ』に掲載された相関図>
押尾学と関わりがあった人物

押尾さんは今回『週刊新潮』のインタビューで今後の活動についても言及しており、「演技については常に意識をしているんです。映画を観ても『自分ならこの台詞をどう言うか』とか。」と、俳優に復帰することを考えていることを明かしており、そのリミットは5年後とのこと。

さらに、今後も音楽活動は続けていくそうで、いつリリースするのかは分からないもののLIVの新曲を制作しているといいます。

あの事件から7年が経って再び動き出し、事件に関わった人物のことや元妻・矢田さんとのエピソードなど、これから色々な事を暴露しながら露出を増やす可能性はあるとみられており、暴露本を出版するかもしれないなどといった噂もあるのですが、押尾さんが今後どのような行動を取るのかに注目したいですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjE0OTgxNTE=

    あの歌の下手さで歌手活動…

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MzY5Mzc1Mzg2

    地道に努力して、普通に生きりゃいいのに。ほんとにカス。嫁と子供にだけは迷惑かけんなよっていいたいけど、こんだけ自分からいけしゃあしゃあとメディアにでるって。。
    恥知らず、って言葉知ってる?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について