波瑠と玉木宏が共演のNHK朝ドラ『あさが来た』が今世紀最高視聴率更新! 視聴者からは絶賛の声!『まれ』大コケから大幅上昇

『あさが来た』出演の波瑠と玉木宏

女優・モデルの波瑠さんが主演を務めたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あさが来た』が2日最終回を迎え、最終回の平均視聴率は関東地区が27.0%、関西地区が23.4%だったことが4日明らかとなりました。

また、全156回の期間平均視聴率は23.5%(関西地区21.4%)で、2001年以降に放送された作品の中ではトップの数字となっており、今世紀最高記録を更新した事も明らかになっています。

ちなみに、2001年以降のトップは2002年前期に放送された『さくら』(主演:高野志穂さん)で、平均視聴率は23.3%でした。

朝ドラ全体での平均視聴率の最高は、1983年放送の『おしん』で52.6%となっています。

『あさが来た』の最高視聴率は昨年12月4日放送分の27.2%(関西は2月24日放送分の24.4%)で、2001年以降では、2001年前期放送『ちゅらさん』(主演:国仲涼子さん)の29.3%、『さくら』の27.5%、2013年後期放送『ごちそうさん』(主演:杏さん)の27.3%に次いで今世紀4番目に高い数字。

朝ドラ通算93作目の『あさが来た』は、2005年後期放送の『風のハルカ』を手がけたほか、『不機嫌なジーン』(フジテレビ系)で向田邦子賞を最年少受賞した大森美香さんが脚本を担当し、主題歌はAKB48の『365日の紙飛行機』。

明治時代に活躍し“明治の女傑”といわれた女性実業家・広岡浅子さんをモデルとし、幕末から明治・大正時代を背景に、京都の豪商の次女として生まれた今井あさ(波瑠さん)が、大阪の両替商「加野屋」の次男坊・白岡新次郎(玉木宏さん)に嫁いで炭坑事業、銀行業、生命保険業といった事業を起こし、日本初の女子大学設立に尽力する姿などが描かれており、朝ドラ初の幕末からの物語がスタートしたことで大きな話題になりました。

昨年9月28日放送の初回平均視聴率は関東地区で21.2%、関西では19.7%、初週の平均視聴率は20.3%(関東)と好スタートを切り、それから最終週までの全26週連続で20%以上の大台をキープし、今世紀最高記録を更新しました。

そして、放送を終えて主演を務めた波瑠さんは「最後まで見守ってくださって本当にありがとうございました。『観ていると元気が出ます』と言っていただけるこの朝ドラに出演できて光栄に思います。わたし自身、とても貴重な経験をさせてもらいました。放送は終わってしまいましたが、びっくりぽんなこの物語が、みなさんの心の中でいつまでも生き続けますように。ありがとうございました」とコメントを寄せています。

この結果に対してネット上では、

  • 民放のくだらない恋愛ドラマや下手なドラマより全然面白い!NHKはなんやかんや言われるが物凄いコンテンツを持っている
  • 記録にも記憶にも残る、素晴らしい作品。
  • 本当に面白いドラマでした。朝にぴったりのドラマであさが来たって毎日実感できました。次の朝ドラもこんな雰囲気のドラマであることを期待してます
  • 最終回、最後1分で泣かされました。喪失感もありますが、今日から始まったとと姉ちゃんも見守っていきたいです。
  • 波瑠さんも良かったけど、特に玉木宏さんが良かった。優しくあさを支える新次郎役を大変うまく演じていた。最後の新次郎さんとあさのシーン、思い出すだけで泣けるわ…
  • 最近の朝ドラでは一番おもしろかった。BSや昼、夜、録画も含めたら、40パーセントと言っても過言じゃないかも。
  • ラスト2回は泣かされました。最後に今まで出てきた脇役の人達のその後が見られたのもよかった。スピンオフが楽しみ

などのコメントが寄せられています。

昨年前期放送の朝ドラ『まれ』(主演:土屋太鳳さん)は、全話の平均視聴率が19.4%と20%に届かず、これは『純と愛』(主演:夏菜さん)以来5作ぶりとなっていました。

朝ドラファンからは多くの批判が寄せられており、『まれ』終了後にスタートした『あさが来た』にもその影響を与えてしまうのではないかと心配しましたが、全26週の間20%以上の数字をキープするとは凄いですね。

これも脚本と出演者の演技が高く評価された結果で、23日21時~22時30にNHKBSプレミアムで放送されるスピンオフドラマも楽しみです。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MjA4OTk4Nzc4

    実在した人物をモデルにした作品ほど、高視聴率をマークできると思う。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について