ダウンタウン松本人志が乙武洋匡の不倫騒動を擁護で批判殺到! 宮根誠司、小倉智昭、古市憲寿、宋美玄らの発言にバッシングの嵐

ダウンタウンの松本人志と乙武洋匡

夏の参院選に自民党の擁立で出馬すると目されていた作家・タレントの乙武洋匡さんが、昨年クリスマスに20代後半の女性とチュニジアとフランス・パリへ旅行に行っていたこと、この女性とは3~4年前から不倫関係にあり、これまでの結婚生活で5人の女性(2人は一夜限り)と不倫関係にあったことなどが24日発売の週刊誌『週刊新潮』の記事で明らかとなりました。

不倫するイメージが全く無く、愛妻家で家族を大事にしているというイメージがあった乙武さんの不倫スキャンダルは大きな衝撃を与え、連日のように各スポーツ紙などのメディアや、ワイドショー・情報番組などは乙武さんの不倫スキャンダルに関する話題を扱い、このスキャンダルに対して芸能人等が様々なコメントをしています。

27日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも当然この話題を扱い、ダウンタウンの松本人志さんは「障がいをもっている男性にとっては『頑張れば恋愛ができるんだ』と思える前向きなニュース」「これによって乙武さんに『このドスケベ!』って頭をどつけることで、世の中の変な溝が消えれば」などと、乙武さんを擁護するような発言をしていたのですが、こうした発言に対してネット上では批判が殺到しており、他にも乙武さんサイドについたコメントをした方には多くの批判が寄せられています。

乙武さんは同番組に度々出演している準レギュラーで、松本さんは乙武さんの発言を高く評価していることから、乙武さんの不倫を擁護するのはしょうがない部分もあるのですが、松本さんの発言に対してネット上では、

  • その話と不倫は違うだろ
  • 擁護するコメントばっかりでガッカリした
  • ただの恋愛とは違うでしょ。恋愛と不倫の違いがわからないとか残念すぎる
  • 障がい者だからって擁護してるお前が差別者だろ
  • 乙武さんを叩くことこそが、平等って言えるんじゃないですかね?

などの厳しい批判が噴出。

普段は厳しいコメントをする事が多い松本さんですが、芸能界の身内の甘さが完全に出てしまっており、この他にも今田耕司さんはイベントに出席した際に、「5人と不倫とは男としてすごい、あっぱれ!頼もしい」「オスとしてはすげーなと。」などと感心。

『とくダネ!』(フジテレビ系)では、乙武さんが以前不倫を否定する発言をしていたことをあげ、MCの菊川怜さんが「言ってることと、やってることが違う」と指摘したところ、MCの小倉智昭さんが「まぁ言ってることとやってることは違う人いっぱいいますからね」とコメントし、どちらも乙武さんの不倫を半ば肯定するかのようなものとなっていることから物議を醸すことに。

さらに、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)や『Mr.サンデー』(フジテレビ系)でMCを務めているフリーアナウンサーの宮根誠司さんは「健常者とはちがう特別な事情」と擁護。

しかし、宮根さん自身が2012年1月に『女性セブン』によって、再婚前から交際していた飲食店経営の女性との間に隠し子がいることが報じられており、この報道を認めて謝罪していることから、「とやかく言える立場じゃない」、「不倫と隠し子騒動があった宮根が何言ってんの?」などのバッシングの嵐に。

また、社会学者で情報・報道番組等でコメンテーターとしても活躍している古市憲寿さん(31)がツイッターで、「乙武さんには手足がありません。だから自分では服を脱ぐこともできないし、相手の服を脱がせるなんてとてもできない。そして、多くの人と違って一人で欲望を処理することもできません。(若い頃は試してみたらしいけど…)」「今回の現場で起こっていたことは、普通『不倫』と聞いて想像する光景とは、かなり違っていた気もするんです。」と擁護。

さらに、「『不倫相手』がしていたことは、愛情表現としての実質上の介護に近いものだったろうし、奥さんは3人の子育て中だった。確かに『不倫』には違いないんだけど、当事者しか知らない、何か別の名前で呼んだほうがいい関係がそこにあったんじゃないのか…?そんな風に想像してしまいます。」などとツイートしていたのですが、これに対しても、だからといって不倫していいわけではないという声が多く上がっており、乙武さんが認め、謝罪している不倫行為をなぜか周りが擁護しネット上では物議を醸しています。

この他にも、数年前から飲めば色々と話す仲になり、プライベートや性について色々な事を聞いたという産婦人科医で性科学者の宋美玄さん(そん・みひょん 40歳)が自身のブログで、「夫婦間ではある程度それでうまく行っていたということもあるということです」「夫婦双方でバランスが取れていたという面もあるので、公人だからと言って『あるべき夫婦の姿』と離れているという批判は当事者からみるとズレている可能性があるし、奥様のFAXも『言わされている』とかではなくある程度真意も分かる気がするのです」などと綴っており、これに対しても非難する声が多く寄せられています。

乙武さんは先天性四肢切断(生まれつき両腕と両脚がない)という障がいを抱えているため、健常者とは違う特別な事情はあるかと思いますが、奥さんと3人の子供がいるわけですから批判されるのは当然かと思います。

また、不倫旅行にダミーの男性を連れていき、怪しまれないようにカモフラージュし、不倫だとバレないように偽装工作していたことが明らかになっており、不倫の常習犯だったように見えるためこの件に関して擁護は出来ません。

妻の仁美さんが乙武さんの不倫を許している以上、外野がとやかく口出しをすることではないのですが、乙武さんは自民党の擁立で参院選へ出馬すると目されていることもあり、この騒動はしばらく続くことになるかもしれないですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjI0Njg2NDI2

    障がい者なら何やっつてもいいのか、違うだろう。恋愛と不倫は違う。だっつたら独身でいるべき。いい大人が、不倫を擁護するコメントに芸能界は汚い。だったら情報番組で、もっつともらしい事言っつてるんじゃないよ。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjA5ODA5ODQ1

    思った思った!て言うか、男の人の意見の大抵が浮気は仕方ないよね〜みたいな感じでびっくりする。
    不倫なんて当人同士の問題なんだからいちいち口出すなは正論なんだけど、不倫した人を批難するのは別にいいんじゃないの?
    ベッキーの痴漢冤罪だって別に本人たちの問題だけど男の人すごい批難してたじゃん、一緒じゃない?

  3. 3
    匿名 より:
    ID:NDU4NTM4NzQ2

    擁護してる男性陣は叩けば埃が出る身だから明日は我が身で下手な事言えないのだよ。お前あの時叩いたくせにって言われるだけだからな

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について