SMAPの育ての親・飯島三智が元人気ジャニーズJr.田島将吾や玉元風海人らを引き抜き『G=AGE』結成?

ジャニーズ事務所

年明け早々、日本を揺るがすほどの大騒動になったSMAPの分裂・解散騒動後に、“SMAPの育ての親”と言われていたチーフマネージャー・飯島三智さん(59)は騒動の責任を取る形でジャニーズ事務所を退社し、その後の消息については明らかになってはいないのですが、飯島さんの目撃情報が都内で相次いでいると22日付の『東京スポーツ』(東スポ)が報じており、飯島さんがジャニーズJr.を自ら引き抜き、地下アイドルとしてデビューさせたという仰天情報をキャッチしたとのことから、現在ジャニーズファンの間で話題になっているようです。

飯島さんはジャニーズ事務所を退社した後には、「都内でホテル暮らしをしている」「メディアの目を盗んで韓国に渡った」「IT企業の取締役就任や幼稚園経営に乗り出す」などといった情報が飛び交っていたものの、ハッキリとした消息は分からないままとなっていたのですが、最近になって都内で目撃され始めているといいます。

<↓の画像が、飯島三智さん>
飯島三智

飯島さんが目撃されているのは、老舗料亭などが立ち並ぶ都心の繁華街や業外人が集う別の繁華街で、目撃情報が絶えないといい、業界関係者らしき人物と会っていたのではないかとのこと。

飯島さんがジャニーズ事務所を退社後、飯島さんをよく知る一部の業界関係者からは「したたかで気の強い女性。このまま終わるとは思えないし、必ず復権を狙っているはず」という声が上がっていたといい、そうした中で東スポは「地下アイドルグループのプロデュースに関わっている」という情報をキャッチ。

芸能関係者によると、飯島さんがテレビ番組のマネジメントを担当していたSexy Zoneのバックにいた人気のジャニーズJr.を何人か密かに引き抜き、今年地下アイドルグループとしてデビューさせたようで、そのグループはデビュー早々、1000人規模の会場で単独ライブを成功させ、更にはプライベートレーベルで制作したCDのリリースも決定するなど、地下アイドルではありえないような破格のバックアップを受けているそうです。

また、飯島さんが関わっているグループのスタッフには、元ジャニーズ関係者や大手芸能プロ関係者が入っているといわれているそうで、地下アイドルの取り巻きとしては不自然過ぎるといい、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長に週刊誌『週刊文春』のインタビューにて、「SMAPは踊れない」と言われたことがよほど悔しかったのか、専属の振付師まで雇っているようで「打倒ジャニーズの本気度を感じる」とのこと。

飯島さんが関わっている地下アイドルとは、一体どのようなグループなのか気になるところですが、東スポの情報と合致している点が多いことから、“未来=新世紀のダンスボーカルユニット”『G=AGE(ジーエイジ) 』が飯島さんのプロデュースするグループなのかとジャニーズファンの間で話題になっているようです。

『G=AGE』は、今年ジャニーズを退社した元ジャニーズJr.の田島将吾さん(17)、日本とイランのハーフのヴァサイェガ光さん(17)が中心メンバーとして結成された4人組の“未来型ダンスボーカルグループ”『G‐EYE(ゴッドアイ)』、同じく元ジャニーズJr.の玉元風海人さん(16)、森田真弥さん(14)、さらに2人とはダンス仲間だという日本とアメリカのハーフの風間ロイさん(14)の3人が結成した『NEW→AGE』という2つのグループが合体し、田島さん(TASY)、ヴァサイェガさん(VASA)、玉元さん(FUMITO)、森田さん(MAHIRO)、風間さん(ROI)の5人で結成されたダンスボーカルユニット。

<↓の画像が、『G=AGE(ジーエイジ) 』のメンバー>
(左からFUMITOさん、VASAさん、MAHIROさん、TASYさん、ROIさん)
『G=AGE』のメンバー

今年3月30日には、初のコンサート『G=AGE 1st IMPACT G-EYEver.』を東京・西新宿にあるライブホール・新宿 ReNY(収容人数:スタンディングで750~800人、シーティングで300人)で開催し、チケットは即完売しています。

また、6月21日にはデビューシングル『Age of Future』(レーベル:Pacific Music Entertainment)を6形態でリリースすることが発表されており、東スポが報じているグループはG=AGEの事を指しているのではないかとみられているのですが、ジャニーズファンの間では「ほんとに飯島さんなの? あんな安っぽくするかな」「田島の界隈に、飯島が関わってるとは到底思えない」といった声も上がっています。

このユニットをバックアップしているのが飯島さんや、ジャニーズ関係者、大手芸能プロ関係者なのかどうかは分からないのですが、G=AGEは17日にCD発売記念イベントとして、ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場にてミニライブ&ハイタッチ特典会を開催し、5月8日には神戸のXEBEC HALL -神戸ジーベックホール-(収容人数:300人)にてコンサートを開催。

さらに6月には、プライベートレーベルから6形態でCDのリリースが決定するなど、かなり強力なバックアップがあるというのは間違いなさそうです。

ちなみに、グループの公式サイトでは、G=AGE、NEW→AGE、G-EYE、G-BOY’s(研修生)のメンバー募集を行っており、これから更にメンバーを増やす可能性があるようです。

21日には、元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎さん(21)がメインボーカル兼プロデューサーを務めるダンスボーカルグループ『ZERO』のデビューが発表され、2014年には、Sexy Zoneのバックダンサーなどを務めていた元ジャニーズJr.の角田侑晟さん(19)が、「YU‐SEI vivit AZAZEL(ユーセイ ヴィヴィット アザゼル)」という名前で歌手デビューするなど、元ジャニーズの動きが活発化しているように感じるのですが、芸能界で大きな力を持つジャニーズ事務所を敵に回し、果たしてどこまで活躍する事ができるのか注目していきたいですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MjQwZjowMD

    どんなに頑張っても飯島さんの力だけでは無理
    SMAPは大成できたけどキスマイは寄生虫だし。
    本人たちの才能ですべてが決まる

  2. 2
    匿名 says:
    ID:MzA2OTg5OTUz

    飯島さんプロデュースなら、心配なのはキスマイとセクゾが味わった醜い格差売り。あの人ならあり得る。

  3. 3
    匿名 says:
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    >>1
    飯島さんの力だけでは無理というのは完全同意だけど、本人達にいくら実力があってもジャニーズ事務所を敵に回した時点で絶対に売れない。

    二組の格差の問題だけど、V6の例もあるからね。
    今やトニセン、カミセン逆転してるじゃない。

    目立たない存在だからこそ何クソとがんばれるというのもある。
    もしかしたら数年後立場が逆転しているかもよ?

    そう考えたらちょっとワクワクするでしょ?
    期待しようぜ!!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について