田口淳之介がKAT-TUN脱退発表前に同棲交際中の小嶺麗奈と極秘転居! 気象予報士を目指すなど新たな人生計画が?

KAT-TUNの田口淳之介

KAT-TUNの田口淳之介さん(30)が11月24日に生放送された音楽番組『ベストアーティスト2015』(日本テレビ系)にて、来年春にグループから脱退することとジャニーズ事務所から退所することを電撃発表したものの、詳しい脱退理由については明かさず、さらに脱退後の活動についても不明な状態にあります。

そんな田口さんは、30日深夜に放送のラジオ番組『KAT-TUNのがつーん』(文化放送)に出演し、番組の冒頭で「僕の来春の脱退についてですが、僕の説明が不十分だったために皆さんに戸惑いを与えたことをお詫びします。すみませんとしか言えませんが、いい方向に向かえるよう努力します」「僕にできることは最後まで全力を尽くすことで、皆さんと成長してきたこの10年間を走り切ることだと思っています」などと語ったものの、脱退理由などについては明かされませんでした。

そうした中で1日発売の週刊誌『女性自身』が報じている記事によると、KAT-TUNが来年結成10周年を迎えるあたり、メンバー同士で話し合っていく中で田口さんから「同じ方向を向いて進めない」との申し出があったといい、10周年をより濃密なものにするべく「来年は個人よりもグループでの活動を優先していこう」という方針となり、各メンバーがそれに同意していたものの、田口さんだけに温度差があり、この頃から田口さんが1人でいることが増えたようです。

田口さんの脱退を思いとどまらせるため、メンバーは何度も説得を試みたといい、中でも亀梨和也さん(29)は必死にグループの維持に奔走していたそうで、KAT-TUNのメンバーだった赤西仁さんが2010年、田中聖さんが2013年に脱退し、田口さんで離脱者は3人目となるものの、それでも残されたメンバーがバラバラにならず、現在でも活動を継続してこれたのは亀梨さんの存在があればこそだったそうで、実際に亀梨さんは田口さんが脱退を発表した2日後の11月26日に、ファンの聖地でもあるジャニーズ各公式ファンクラブを管理&窓口業務をしている『ジャニーズファミリークラブ』(略称:JFC)を訪れ、そこでファンに深々と頭を下げ、真剣な表情で一人一人と握手を交わすなどしていたことが明らかとなっています。

来年10周年を迎えるにも関わらず、田中さんに続いて脱退となる田口さんは、歌手としてだけでなく俳優としても活躍しており、堺雅人さんが主演の人気ドラマシリーズ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、昨年10月期に放送された綾瀬はるかさん主演の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)などに出演し俳優としても評価され、「今後もいろんな役に挑戦したい」と目を輝かせていたといいます。

また、田口さんは2年ほど前から気象予報士の勉強をしていたそうで、資格を取得して新しい人生計画に役立てたいと考えていたといい、グループよりも「自分の夢を目指したい」という思いが強かったのではないかとのこと。

そんな田口さんの人生計画に関わっていたのは、2007年に交際が発覚した女優の小嶺麗奈さん(35)の存在で、田口さんは仕事現場にも小嶺さんのことを呼ぶこともあるぐらいの親密ぶりで、雨が降った撮影日には小嶺さんが傘を持って現場に訪れ、2人で仲良く帰っていったこともあったといい、仕事場でも堂々と小嶺さんとの仲を見せていたことから、周囲を顧みないその態度にメンバーも唖然としていたそうです。

田口さんと小嶺さんの熱愛が報じられてから8年となりますが、今年4月には小嶺さんの母親を含めた3人で同棲生活を送っていることを『女性自身』によって報じられており、お花見にも小嶺さんの母親を同伴させていたことから、親とも良い関係を築いていることをうかがわせていました。

そして、小嶺さんが35歳を迎えたことや、田口さんが脱退を発表したことからそろそろ結婚するのではないかと囁かれていますが、近況を取材するために『女性自身』の記者が同棲先のマンションへと向かったところ、すでに引っ越していてもぬけの殻だったとのこと。

<↓の画像は、『女性自身』に掲載されたお花見デートの写真>
田口淳之介と小嶺麗奈、母親のお花見デート

<↓の画像は、田口さんと小嶺さんのツーショット写真>
田口淳之介と小嶺麗奈のツーショット写真

近所の住人によると、夏の終わり頃に引っ越しのトラックが停まっていたそうで、1ヶ月前ぐらい前に引っ越しをしたようです。

小嶺さんとは真剣交際をしていたものの、ジャニーズ事務所は小嶺さんとの交際をよく思っていなかったことから、このような結果になってしまったのではないかと囁かれていますが、業界で大きな力を持っているジャニーズ事務所を離れることによってこれからの芸能活動は絶望的で、一般の仕事をするにしても茨の道が待っているとしか思えないので今後が心配でなりませんね。

一方のKAT-TUNは解散は予定していないと事務所が発表したものの、人気低下は避けられず、一部ではこれからソロ活動がメインになるのではないかと囁かれており、実際に12月1日からは亀梨さんが出演するジュエリーブランド『Bijoude(ビジュード)』の新CMがオンエアされ、このCMには初のソロ曲『VANILLAKISS』がタイアップで起用されています。

これは田口さんの脱退とは関係が無いかもしれませんが、ファンからは「新CMはうれしいけど、このタイミングで初ソロ曲タイアップっていろいろ勘ぐっちゃう」「ソロ活動しないよね…」「グループ解体だけは絶対に嫌だ」などとファンからは心配の声が上がっています。

ソロ活動を本格的に始動するのか現時点では分かりませんが、3人になってしまったことによって、今後さらにグループでの活動は減少していく可能性は高いでしょうね…。#田口淳之介 #KAT-TUN #小嶺麗奈 #ジャニーズ #芸能ニュース

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    気象予報士合格者の一言 says:
    ID:ODI4OTEwODU5

    今時にして大した需要産業でも無いのに気象予報士だけで大丈夫?
    気象予報を売る事業体には必要な資格では有るけれど、TVで報じるだけでしょ?お天気お姉さんがお兄さんになるだけでしょ。人気落ちつつあるAKBでもやってんだよ。局専属の気象予報士ならもう十分いるし。オリジナル田口予報でもサイトで売るのか?そんな以後何年も需要あるかな?天気なんて不確定条件が多すぎて過去の傾向から予測するだけだから外れる場合も多い、趣味で取るなら賛成するけど、ほぼ生業には成らないよ。

  2. 2
    前に同じ says:
    ID:ODI4OTEwODU5

    気象予報をするための元データは全て気象庁のスーパーコンピューターが弾き出したデータ。それを分析して解釈して予報を立てる訳だが、自然相手なので外れる時は外れる。経験が予測に役立つ時もあるが、立たない時も多い。予報士の試験は気象のメカニズムの基礎を問う試験に過ぎない。気象そのものに元から興味がわく人に受けて欲しい試験。
    受験資格が緩いから素人でも受けやすいのが流行る理由ではあるけど実用的な資格では無い。近所の天候なら永年猟師やってたり農家やったり林業やってる方々の方が遥かに当たっている。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について