前田敦子のファンイベントが空席祭り? AKB48卒業後に人気激減でチケット売れない? 業界内での評価も低迷中?

ファンイベントが空席祭りと話題の元AKB48前田敦子

2012年8月をもってAKB48から卒業し、現在は女優として精力的に活動している前田敦子さん(24)がデビュー10周年を記念したファン感謝イベント『Atsuko Maeda 10th Anniversary Event~AM&YOU~』を今年6月14日から開催しており、12月25日まで全国5ヶ所で7公演を行う予定なのですが、チケットが売れ残っていることが明らかとなり、ファン離れが深刻だとネット上で話題になっているようです。

同イベントでは、ステージパフォーマンスだけでなく、ファンからの質問に答えるトークコーナー、本人のお見送りまであるそうで、ファンなら飛びついてもおかしくはないイベントとなっているようなのですが、チケットの売れ行きが悪く、18日に大阪の劇場「シアターBRAVA!」(収容人数:1136人)にて同イベントを開催するものの、チケットを販売しているサイトを見てみると13日の16時現在でも受付中となっています。

また、昼夜公演共に空席が目立っている状況にあり、チケットの転売サイトでは定価を下回る価格で出品されていたといいます。

そんな前田さんと言えば、AKB48時代には“絶対的エース”、“不動のセンター”などと呼ばれ、AKB48の全盛期を牽引してきた存在として知られているのですが、昨年4月にソロとなって初となる単独ライブを2500人ほどの収容人数となるライブハウス「Zepp Tokyo」と「Zepp Namba」にて開催したものの、両公演が開催される前に当日券が販売されることが明らかとなりました。

昨年に続き、再びチケットの売れ行きが悪いことが明らかとなったためネット上では、「もう前田ファンは“絶滅”しちゃったのかな」「ヲタはやっぱり少なくなったんだろう」などの声が上がっています。

そんな前田さんはAKB48を卒業後に、映画『もらとりあむタマ子』、『エイトレンジャー2』『さよなら歌舞伎町』、『イニシエーション・ラブ』、ドラマ『幽かな彼女』、『あさきゆめみし 〜八百屋お七異聞』などの作品に出演し、女優として活躍をしているのですが、ある業界関係者は前田さんに対する評価を疑問視しており、前田さんが以前1ヶ月に50本以上を観たなどと言い、映画に詳しいことをアピールしていたものの、それも長くは続かなかったようで、以前、雑誌で映画に関するエッセイを連載していたのですが、途中からテーマにする映画のセレクトも『お任せします』と投げやりになってしまったそうで、編集サイドは相当困っていたといいます。

さらに前田さんは『AERA』で連載『前田敦子@試写室』を2013年5月から1年半に渡り掲載され、終了後には加筆もされた書籍『前田敦子の映画手帖』が発売されたのですが、前田さんの映画に対するコメントが『面白いと思った』『涙が出ました』などレベルの低い文章ばかりで、担当者は『これを売り物として世に出していいものか』と頭を抱えていたようです。

これにネットでは、

  • アコギとかで一人でAKBの曲でもやれば、違うのかもな。そんな技術は無いのだろうけど。今まで人気があった?のが不思議な子だからな。
  • 辞めた後に「自分を歌手だと思ってない」と言ってたし。こんなイベントやめたらいいのに
  • チケットが売れないのは当然だろ?(笑)AKB48というグループに価値があるのであって、そこからリストラされて、AKBの看板の外れた前田敦子になんて何の価値もない。ただの「半端な一般人」だ。前田敦子とその取り巻きは、自分たちのカン違いを正すべき
  • どれだけ多く映画を観ようが、高畑充希や池松壮亮みたいな演技派の人たちと付き合おうが、数をこなさないと芝居が上達しないという当たり前のことに気付くまでは、女優気取りの勘違い女のまま。満島ひかりのように昼ドラの脇役でも何でもやれよ
  • あの華々しくテレビで生中継されるAKB総選挙で常に1位か2位しかとった事しかないAKBの絶対的エース!!!さんも、卒業した途端2500人のキャパのゼップ埋めるのにヒイヒイだったもんな。総選挙で14万票も獲得していれば、いくらオタが減ったとしても1万人は固定オタが残るだろうとなんとなく誰でも思うよなー。実際は2500人集めるのもヒイヒイだった

などのコメントが寄せられていました。

前田さんが映画通ぶっていたのが明らかとなったのは、5月26日に放送されたバラエティ番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に『イニシエーション・ラブ』の宣伝のために主演の松田翔太さんとゲスト出演した際、ウエンツ瑛士さんと3人で松田さんの思い出の地・東京都杉並区阿佐ヶ谷の商店街を巡り、ある店の店主が昭和を彷彿とさせる店の雰囲気を自ら「三丁目の夕日」と表現したことに対して前田さんは「どういうこと? どういうこと?」と、意味が分からなかったようで執拗に質問。

これによって、多い時には1日5本の映画を観ると明かしていた前田さんの映画に関する知識の底が知られることになり、ネット上でも話題になっていました。

以前は演技が酷いと酷評されていたものの、最近は女優としてまずまずの評価を受けるようになってきていますが、AKB48時代から比べると明らかに人気が低下しているため、ネガティブな話題が後を絶たず、このままだと5年後、10年後に生き残っているか微妙なところかもしれないですね…。

関連記事

参照元
  • http://dailynewsonline.jp/article/987607/?page=all
8件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4MzgzNTM0

    ここらで一発、話題作りに再度泥酔してケツ出してみようか!演技力上がるよ。
    香里奈みたいに具は出しちゃダメだよ。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MzM5Mzk3MDI4

    前田も大島も…その他諸々もみなさんヒィヒィいいながら芸能界に食いついているのか…
    サビた人生だな…
    華々しい人生は幕を閉じけてるな

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MjAwMToyNj

    普通の子としてakbで需要があったんだから、ソロになったら爆死するのは当然
    いままでの栄光は秋元のご寵愛のおかげ

  4. 4
    匿名 より:
    ID:ODI4NDM3Njg3

    女優とかw冗談キツいし
    演技も歌も下手くそだし、バラエティーもたまに映る顔がつまんなそうで出演している番組は別の出演者みたくてみてても不愉快だからチャンネル変える。
    テレビ出ないで欲しい

  5. 5
    匿名 より:
    ID:ODI4NTQ2MzM0

    AKBのエースでセンター(笑)
    秋元さんが指名したから真ん中にいただけやろ?
    歌唱力なら、増田有華に柏木
    パフォーマンスなら大島優子のが圧倒的にうえだし
    演技力も大して無いものを事務所が仕事与えてるだけっしょ?

    極めつけは卒業後の化けの皮が剥がれたこと
    この間のウエンツ、松田翔太とのバラエティの一件はあきれ果てましたわ

  6. 6
    匿名 より:
    ID:MzA2OTkwMTUw

    どうも女性アイドルは人気が長く続かない。

  7. 7
    匿名 より:
    ID:MzczNTAxMDI3

    akbありきだったね。
    CMは何本か出てるけど、唯一の出演ドラマは内容からして見る気がしない。
    まあ、女優人生もそう長くは続かないだろうね。

  8. 8
    匿名 より:
    ID:MTg3NjQyNjgz

    AKB卒業してから、顔つきがよくなってキレイにはなったとは思うけど、何をやりたいのかわからない。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について