9月16日は「安室奈美恵の日」に制定へ。引退日を記念日申請し認定、本人も了承し喜び。ネットでは疑問の声も…

安室奈美恵

平成を駆け抜けた歌姫・安室奈美恵さん(あむろ・なみえ 41歳)が昨年9月16日をもって現役引退し、早1年が経とうとしていますが、その引退日となった9月16日が【安室奈美恵の日】に認定されることが明らかになりました。

安室奈美恵さんの出身地・沖縄の『琉球新報』や『沖縄タイムス』の報道によると、企業、団体、個人などが設けた記念日の認定・登録を行う『一般社団法人 日本記念日協会』(1991年設立)が、安室さんの引退日「9月16日」を【安室奈美恵の日】と制定する方針を決めたとのことです。

記念日制定は、沖縄県宜野湾市の観光振興協会が主体となり、23日に『日本記念日協会』に記念日登録申請を行い、30日には記念日制定が正式決定される見込みといいます。

ちなみに、安室奈美恵さんは沖縄県那覇市で生まれ育ったのですが、宜野湾市ではソロデビューした1995年に初めて沖縄凱旋ライブを行ったほか、引退ライブも開催するなどしており、ファン等の間では聖地と位置づけられています。

記念日制定にあたっては、安室奈美恵さんのファンたちから「記念日をつくりたい」という声が多く上がっていたそうで、「世界中の安室さんファンが彼女の尽きない魅力を振り返るきっかけとなる日にしたい」として記念日登録申請を決め、今後は関連イベントも開催する予定とのことです。

宜野湾市観光振興協会によると、安室奈美恵さん本人も記念日制定を了承し、喜んでいるといいます。

そして、9月16日が【安室奈美恵の日】に制定されることに対してネット上では、

  • そこまでする?
  • 安室ちゃんも記念日登録申請を喜んでいるというのは意外!もう、そっとしておいてほしいのかと思ってました。
  • これはなんだか違和感がある。安室さんはすごい歌手だったと思うけど、日本中の誰も彼もがファンなわけではないし。
  • ファンにとっては嬉しい事ですね。ただ、自分は全くファンではないので、なんか大げさだなと思いました。
    ファン同士内々でやって、ファンじゃない人に絶対に押し付けないでねって思ってしまいましたね。
  • これはどうだろう、なんかダサい。記念日まで作るとは、本人も喜んでいるって、なんだかイメージが…去り際はさっぱり潔くしてほしかった。
  • 日本に数多あるよくわからない記念日に比べればとてもいい記念日だとは思いますが、わざわざ公に決めなくてもファンが各々感じればいいとは思いますね。
    そもそもファンの中には安室さんの歌はいつでも毎日ずっとあるもので、年に一度しか思い出さないようなものなのですか?
  • 安室ちゃんは偉大だったけど、さすがにやりすぎじゃ?町おこしのためとかっていうなら、制定までしなくてもファンの間で認知されてたらいいと思うんだけど。亡くなった人とかじゃあるまいし。

などのコメントが寄せられており、ファンからは喜びの声が上がっている一方、ファン以外からは冷ややかな反応も多く上がっています。

【安室奈美恵の日】制定を決めた『日本記念日協会』は、記念日文化の発展を目的として、すでに存在する記念日や新たに生まれた記念日、制定を目指している記念日を認定登録している団体で、

例えば8月28日は、「キャラディネートの日」「テルミンの日」「一太郎の日」といった記念日が同協会によって認定されており、その他の団体によって「民放テレビスタートの日」ともされています。

また、【安室奈美恵の日】が制定予定の9月16日は、アサヒ飲料が制定した「十六茶の日」のほか、「牛とろの日」「保湿クリームの日」「トロの日」「海老の日」「軽量の日」などが制定されています。

記念日認定にあたっては、その記念日に関連する活動が行われることも必要で、登録から5年をめどに記念日登録を継続するか否かの確認を協会側が行うそうです。

安室奈美恵さんは平成を代表する歌手で、国民的人気を誇っていたことから、引退日が【安室奈美恵の日】と認定されたのも納得できます。

今年も9月16日には宜野湾トロピカルビーチ特設会場で、安室奈美恵さんの楽曲と花火大会をシンクロさせたイベント『WE(ハート)NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン』も開催されるなど、ファン等の間ではすでに記念日となっていますし、安室さん本人も了承しているのであれば問題視することでもないかと思います。

【安室奈美恵の日】が制定されることによって、今後も9月16日には様々な関連イベントが沖縄、それ以外の場所でも開催される可能性があると思いますので、これからが楽しみですね。

【追記 9/10 19時40分】
宜野湾市観光振興協会が申請していた「安室奈美恵の日」が、認定・登録不可と判断されたことが明らかになりました。

宜野湾市観光振興協会の公式サイトが10日に更新され、安室奈美恵さんの引退日「9月16日」を「安室奈美恵の日」とする認定、登録申請を行っていたものの、「申請するにあたり、当方の認識不足による諸課題に直面し、認定に至る事が出来ませんでした。」と報告しています。

その上で、「安室奈美恵さんご本人、ファンの皆さま、(一社)日本記念日協会様、関係各位には多大なるご迷惑をお掛け致しました。今後は【ぎのわんハート♡プロジェクト】を通じ、引退された安室奈美恵さんの沖縄に対する想いを少しずつでも実現できるよう取り組んでまいります。」とコメントしています。

<↓の画像が、宜野湾市観光振興協会のコメント全文の写真>
『安室奈美恵の日』登録失敗のコメント

参照元
  • https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/463285
  • https://ryukyushimpo.jp/news/entry-979075.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について