松山千春が遅延飛行機内でアカペラ熱唱し神対応と話題(画像あり) 新千歳空港発のANAで『大空と大地の中で』を歌唱

松山千春

シンガーソングライターの松山千春さん(61)が20日、北海道・新千歳空港発→大阪・伊丹空港行きのANA1142便の機内で、代表曲『大空と大地の中で』をアカペラで歌唱するというサービスをしていたことが判明し、ネット上で大きな反響を呼んでいます。

松山千春さんが登場した北海道・新千歳空港発の飛行機は、20日午前11時55分発を予定していたものの、帰省ラッシュの影響で保安検査場が混雑し、その影響で予定よりも1時間以上も遅い13時3分までずれ込んでおり、機内の雰囲気が悪くなっているのを感じ取った松山さんは12時50分頃、客室乗務員に「機内が和むように、歌いますよ」と申し出たそうです。

ニュースサイト『J-CASTニュース』が乗客の1人に取材を行ったところ、松山千春さんが突然、客室乗務員が使用するマイクで「滅多にこんな事はないんです。皆さん頑張ってますから、もう少しお待ち下さい」などと語り、自身の代表曲『大空と大地の中で』のワンフレーズをアカペラで歌唱し始めたといいます。

松山千春さんは歌い終えると、「皆さんのご旅行が、またこれからの人生が、すばらしいことをお祈りします。もう少しお待ちください。ありがとうございました」と挨拶し、機内は拍手に包まれ、この粋な計らいによって機内の雰囲気は和み、乗客たちのイラ立ちは歓声に変わっていたそうです。

<↓の画像は、乗客のツイート>
松山千春が飛行機内でパフォーマンス、乗客の報告ツイート

『J-CASTニュース』や『デイリースポーツ』の報道によると、今回のようなパフォーマンスを行うというのは過去に例がなく特例で、ANAの広報担当者は「お客さまも拍手で喜んでいただき、機内がすごく和みました」「遅延したことはお客さまにはおわび申し上げます。松山様には感謝申し上げます」と話していたとしています。

松山千春さんはこの日、自身のラジオ番組『松山千春のON THE RADIO』(NACK5など 日曜21時)の生放送のため、ラジオ大阪(OBC)のスタジオに向かっており、生出演した番組の終盤には飛行機内でのエピソードについて語っていました。

松山千春さんがラジオで語ったところによると、機長から保安検査場の混雑が原因で出発が遅れているというアナウンスがあったものの、約1時間も発つのが遅れていたため、機内の雰囲気が悪くなっているのを感じたそうです。

そこで松山千春さんが客室乗務員に「すみませんが、みんなイライラしています。マイクを貸していただけますか」とお願いしたところ、CAが「機長に伝えますので」と確認を取りに行き、その後OKが出たことから歌ったという経緯を明かしていました。

この時の事について松山千春さんは、「千歳発伊丹行きにご搭乗の皆さん、松山千春です。もうシートベルトされてから1時間以上も経つ。イラ立つでしょう、ムカつくでしょう。しかし、安全に飛んでくれることを自分たちは信じていますし、皆苦労していますから待ちましょう。『旅は道連れ』ですから、一緒に旅行を終えましょう…と言って、『果てしない 大空と~』と歌ったんだよ」「俺ね、歌い出してから40年以上経つけど、キャビンアテンダントのマイクで歌ったの初めて(笑)」「俺も出しゃばったことしているなと思うけどさ、皆の気持ち考えたら、何とかしなきゃみたいな。機長さんよく許してくれたなと思うわ。嘘みたいな話でした」と語っていました。

そして、この松山千春さんの“神対応”に対してネット上では、

  • マジかっこよすぎ。感動するだろな。
  • とてもいい計らい。他の人だと、むしろ腹を立てて文句を言う芸能人が多そう。文化人気取りの芸人なんか特に。
  • 歌った千春もかっこいいが、許可した機長もかっこいい。有名歌手とはいえ、一乗客にマイク貸して自由にしゃべらせたり歌わせたりって、マニュアル通りの対応ならアウトなことなんだと思う。上からなんか言われたら、俺が責任取るからって機長だったんだと思う。
  • 惜しみなく歌を披露したこともすごいが、ANAのスタッフに乗客のイライラが向かないようにさり気なく配慮してる感じが、素晴らしいと思う。
  • シンディローパーも空港で、同じことやったよね。歌手って歌声ひとつで感動させられるんだとあらためて思った。素敵だなぁ。
  • 許可した機長もいい判断。規則でダメだとなれば、大阪までの旅も悪いものになっていたと思う。機転って大事だね!
  • 松山千春って、丸暴と関係があるとか、色々悪い噂はあるけど、こういう男気ってのが素晴らしいね。機長もGJ!乗客の皆様が羨ましい。

などのコメントが寄せられています。

実際にこの飛行機に乗っていた方からは、「最高なフライトになりました」「機内で1時間近く待たされてましたが、一気にそんな事忘れさせていただきました」などの声が上がっており、場の雰囲気がガラリと変わったようです。

予定より約1時間も発つのが遅れていたとのことから、松山千春さんも他の乗客と同様にイライラしていたのではないかと思うのですが、そこで自ら歌って少しでも場を和ませようと思い、行動に移すというのは簡単に出来ることではないので、本当に素晴らしいと思います。

また、普段は乗客に使用させることのない客室乗務員用のマイクの使用を特別に許可し、機長の機転も利いており、もし許可しなければ機内の雰囲気は険悪なままだったため、乗客の気持ちを汲んだ素晴らしい判断ですね。

ちなみに、昨年デビュー40周年を迎えた松山千春さんは、10月5日から全国コンサート・ツアー2017『愛が全て』をスタートさせるのですが、これからも多くのファンに素晴らしい歌声を届けてほしいと思います。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTkwMTAw

    良いな

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について