チャゲアスASKAが新曲『FUKUOKA』YouTubeで公開! 新アルバム発売前に披露、ファンから絶賛の声!

ASKA

覚せい剤取締法違反(使用)容疑で2度目の逮捕をされたものの、19日に不起訴処分で釈放されたシンガーソングライターのASKAさん(58)が24日に自身のブログを更新し、新曲『FUKUOKA』をYouTube上で初公開し話題になっています。

ASKAさんは逮捕される前の11月27日にブログを更新し、現在製作中のニューアルバムに収録されている楽曲について、「来月の終わり頃、Youtubeにおいて、数曲発表させてください。」と予告していたものの、同28日に逮捕されてしまったのですが、12月24日に「Merry Christmas!!!!」というタイトルの記事を投稿し、新曲『FUKUOKA』の動画へのリンクを貼り、同曲の歌詞も公開しています。

この動画の紹介コメント欄にはメッセージが添えられており、「コンプライアンスのため東京のスタジオを使用することができなくなった時、僕の前に道を拓いてくれたのが、ふるさと福岡でした。NewAlbum『Too many people』の中から、『FUKUOKA』を聴いてください。 ASKA」としています。

そして、この新曲に対してネット上では、

  • 思っていたより良かった。詞がいいですね。最近の捻りがなくて、分かりやすすぎる歌詞より良かった。ていうか、歌うまいね。ずっと待っていたファンもいるだろうし、もう悪いことは絶対にしないでほしい。
  • こんなに才能のある人をダメにする覚醒剤って、怖いね。
  • 薬物と決別をし
    家族の皆さまから” 頑張ったね、よかったね ” と迎え入れられる日が来るよう祈ります・・・・・・・
  • いい歌だったよ。なめらかな声も健在。自分のこと、大切にして欲しいな。
  • 美しいメロディに変わらない声だった。故郷への想いが詰まった曲でした。また音楽で頑張ってほしい。

などのコメントが寄せられています。

今回ASKAさんが公開した新曲『FUKUOKA』は10月にステージ上で披露しており、ASKAさんのバンドなどでギターを担当している古川昌義さん、コラーラスの一木弘行さんが開催したライブにASKAさんが飛び入り参加し、『FUKUOKA』を披露したことをブログで報告していたのですが、ステージ上で歌を披露するのは約2年半ぶりで、「久しぶりのステージ。ハンドマイクを持つ感触。暗がりの視界に映るお客さん。僕は、大事に大事に『FUKUOKA』を歌いました。」と綴っていました。

『FUKUOKA』など13曲が収録されているニューアルバム『Too many people』のリリース時期については、11月25日に更新したブログで「リリースは、おそらく、1月の下旬になると思います。」と綴っていたものの、覚せい剤使用疑惑で再び逮捕されたこともあり、また延期になる可能性もあるとみられますが、リリースする前に再び違法薬物の使用などで逮捕されるようなことのないよう気を付け、無事にリリース日を迎えられるようにしてほしいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について