ケツメイシ大蔵の息子・吉田蔵之介が全国高校駅伝で好成績。NHKが実況で紹介し反響。動画あり

スポーツ 音楽
  • 0

ケツメイシ

25日に京都で開催された『全国高校駅伝2022』で、4位入賞を果たした私立埼玉栄高校のアンカー・吉田蔵之介選手(よしだ・くらのすけ)が、『ケツメイシ』のリーダー・大蔵さん(ダイゾウ 本名=吉田大蔵 46歳)の息子だったことが判明し、大きな反響を呼んでいます。

<↓の画像は、ケツメイシのリーダー・大蔵さんの写真>
ケツメイシ大蔵

全国高校駅伝の模様はNHKで生中継され、埼玉栄高校のアンカーを務めた吉田蔵之介選手が4位でゴールする直前に突然実況で、「お父さんは、音楽グループ『ケツメイシ』のリーダー・吉田大蔵さんです」と紹介され、ネット上では「ケツメイシの息子がもう高校生で、駅伝走ってることに驚き」などの声が上がっていました。

<↓の画像が、ケツメイシ大蔵さんの息子・吉田蔵之介選手の写真>
ケツメイシ大蔵の息子・吉田蔵之介(埼玉栄高校陸上駅伝部)

現在高校3年生の吉田蔵之介選手は最終7区(5km)を走り、区間4位のタイム14分35秒(自己ベスト記録:14分18秒98)でチームの4位入賞に貢献しました。

レース後の取材では、前日に父・大蔵さんからLINEで「緊張すると思うけどこの状況、レースを楽しんできて。悔いなく走って欲しい」と激励されたことや、3.5km地点で沿道から声援をもらったことを明かし、「家族には、感謝してもしきれない。まだ結果で恩返しできるほどの実力ではないですが、それができるようになりたい」などとコメントしています。

高校卒業後は、箱根駅伝の常連校である国学院大学に進学するといい、「プレッシャーというより、楽しみ。本当に強い大学で、強い先輩もたくさんいるので、一緒に練習させて頂きたい。4年生になった時は、区間賞や区間新記録がとれるような選手になりたい」と語っています。

そんな吉田蔵之介選手に対してネット上では、

  • 親子それぞれの分野で、活躍してすごい
  • パパが公園でランニングしてるの見たことあったわ納得
  • 普通にシレッと増田明美さんばりの細かい情報を入れたNHK実況アナに驚かされた。
  • アナウンサーの一言にびっくり!吉田蔵之介君がボーカルの大蔵さんの息子か。
    大蔵さんも高校時代は陸士部に所属していて確かにお父さんの道を継いだんだなと。逆に蔵之介君も将来アーティストになるかもね。
    メダルは惜しかったけど4位は素晴らしい走りだった。
  • 普通にタイムも素晴らしいし、埼玉栄で駅伝のレギュラーメンバーを勝ち取るだけでも凄い事です。
    ケツメイシの~と言われるだけでは終えてほしくないレベルだと思う。大学でも箱根を目指して頑張ってほしいですね!

などの声が上がっています。

大蔵さんは2004年に、ケツメイシの5枚目シングル『よる☆かぜ』のミュージックビデオで共演の元モデル・浮田佳奈さんと結婚しました。

<↓の画像は、ケツメイシ大蔵さんの妻・浮田佳奈さんの写真>
ケツメイシ大蔵の妻・浮田佳奈

大蔵さんと浮田佳奈さんは結婚後、2005年に第1子、2006年に第2子が誕生しているようで、吉田蔵之介選手は長男とみられますが、こんなに大きい子供がいるとは知らなかったのでかなり驚きましたね。

ケツメイシ『よる☆かぜ』ミュージックビデオ

吉田蔵之介選手は、幼少期に親子で一緒に走った経験などから陸上競技を始めたそうなのですが、大蔵さんも学生時代に陸上部に所属しており、現在もフルマラソンに挑戦しているといいます。

吉田蔵之介選手は埼玉栄中学から高校に進学後、これまでに様々な大会で好成績を残っており、昨年の全国高校駅伝では6区を走り、チームは17位という結果でしたが、吉田選手は区間7位のタイムでした。

今年11月開催の関東高校駅伝でも6区を担当し、区間新記録のタイムを出して区間賞を獲得、5年ぶり20回目となるチームの優勝に大きく貢献しています。

そして、今年の全国高校駅伝では区間4位の好成績を残し、来年には国学院大学に進学するそうですが、今後のさらなる成長と活躍に期待したいところで、駅伝のレギュラーになって箱根駅伝等で走る姿を是非見せてほしいですね。

参照元
  • https://hochi.news/articles/20221225-OHT1T51133.html
  • https://mainichi.jp/articles/20221225/k00/00m/050/176000c
  • https://twitter.com/nhk_osaka_JOBK/status/1606946703260745728
  • https://rikujou-news.com/archives/5072
コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!