平子理沙が子供の頃の写真が話題(画像あり) 昔と現在の顔が別人で整形疑惑が再燃、インスタグラムに絶賛コメント殺到も…

平子理沙

俳優・吉田栄作さん(48)の元妻で、モデル・タレントの平子理沙さん(旧芸名=平子理彩 46歳)が14日に自身のブログとインスタグラムを更新し、12歳の頃の写真を公開し大きな反響を呼んでいます。

平子理沙さんは「12才の夏休みの写真 この頃はいつも日焼けで真っ黒でした」と綴り、水着の日焼け跡が見える12歳の頃の写真を投稿しているのですが、胸元にはサングラスを引っ掛け、12歳とは思えない大人びた表情、その美少女ぶりから大きな反響を呼びコメント欄には、

  • めちゃめちゃめちゃめちゃ可愛い!!!
  • 正真正銘の美少女
  • 可愛すぎて、私が親なら超心配
  • 大人っぽくて12歳には見えない
  • 12才なのに完成された美しさ
  • なんですかこの色気は
  • ハーフみたいですね 今と全然違う~
  • 美人!可愛い!でもなんだか別人みたい
  • 顔ぜんぜん違う~、どちらも可愛いです

などと絶賛するコメントが寄せられています。

<↓の画像が、平子理沙さんが投稿した12歳の頃の写真>
平子理沙が小学校6年生、12歳の夏休み

なお、平子理沙さんは以前からブログやインスタグラムに子供の頃の写真を投稿しており、その度に可愛いなどのコメントが殺到し話題になっています。

<↓の画像が、過去に投稿した平子理沙さんの子供の頃の写真>
平子理沙が幼少期、赤ちゃんの頃の顔
平子理沙が幼少期、子供の頃、昔の顔写真
平子理沙が幼少期、子供の頃の顔写真

平子理沙さんは19歳の時にスカウトされ、その年に開催された「第1回日本美人大賞」(フジテレビ主催)でグランプリを受賞し、その後は『JJ』や『ViVi』などのファッション誌でモデルとして活躍しているのですが、幼少期から可愛らしく、小学生の頃からは美人になる片鱗が垣間見えますね。

<↓の画像は、デビュー当時の写真>
平子理沙がデビューした当時の写真

しかし、子供の頃と現在の顔を比べてみると、面影がほとんどないように感じられるため、ネット上では昔と現在の顔が別人として、整形を疑う声も多く上がっています。

美容整形・美容外科『高須クリニック』の高須克弥院長によると、平子理沙さんは入れなくても良い部分にまでヒアルロン酸を注入しているように見え、ほうれい線を目立たなくするためなのか、頬や唇を不自然に膨らませ過ぎていると指摘しています。

<↓の画像が、顔の異常な膨らみを指摘されている平子理沙さんの写真>
整形疑惑が浮上している平子理沙

また、高須克弥院長は唇について、「これの3分の1くらいにしておかないと、唇オバケになっちゃうよ。」「こうなると、みんな同じ顔になっちゃうんだよね。とある姉妹のお姉さんみたいに(笑)」と語っており、これ以上のお手入れによって、さらに別人のような姿にならないように注意をしてほしいですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAwMzM3MDc1

    若返りの注射の副作用でただ劣化しただけです

  2. 2
    匿名
    ID:MTk4NjgyOTc5

    12歳の写真がめっちゃ美少女なんだがデビュー当時を見るとまた訳がわからなくなるw不思議な人だw

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について