千鳥・大悟が志村けんの愛車購入。キャデラック・エスカレードを買った理由、師匠の死への心境をフライデーに語る。画像あり

千鳥・大悟と志村けん

志村けんさんが亡くなってから間もなく3ヶ月が経ちますが、志村さんの飲み仲間でもあった“愛弟子”の千鳥・大悟さん(本名=山本大悟 40歳)が、志村さんの愛車である「キャデラック・エスカレード」を購入していたことが明らかになりました。

これは26日発売の週刊誌『フライデー』が報じるもので、先出し公開された記事によると、キャデラック・エスカレードの購入金額は「約500万円」だったといいます。

この情報をキャッチしたフライデーの取材班は、千鳥・大悟さんに直撃取材を行っており、志村けんさんの愛車購入について話を聞くと、「う~ん……そんなん、わざわざ言うことやない(苦笑)。でも、隠すことでもない。師匠のクルマを買ったのは事実です。まだ手元に来てないですし、待っている段階ですね。納車の具体的な時期は決まってないです。コロナのこともあるけど、早ければ来月くらいに来るんかな~」と、車を購入したことを認めています。

<↓の画像が、千鳥・大悟さんが購入した志村けんさんの愛車「キャデラック・エスカレード」の写真>
志村けんの愛車「キャデラック・エスカレード」

千鳥・大悟さんはさらに、「実はコロナで、志村さんと一緒に行っていたご飯屋さんに顔を出せてないんですよ。だから変な話、まだ亡くなったという実感がない。よく飲みに行っていたバーとかに行けば、師匠がいないなとか思うかもしれませんけど、なんか今は……気持ち的には全然かな。僕としては、この先何しても、(天国の)師匠が笑うてくれていたら……それしかないです」と語っています。

志村けんさんの愛車を購入した理由については、「家にはクルマもないし、いつかクルマを買うならというのもあるし。どっちにしても誰かが買って乗るんでしょうから、だったら自分の家に置いとこうかなと」と答え、決して美談ではないとしています。

<↓の画像は、フライデーの取材を受けた千鳥・大悟さんの写真>
志村けんの愛車を購入した千鳥・大悟

千鳥・大悟さんは自動車免許を持っていないそうで、この車は誰が乗る?との問いには、「多分、嫁が乗ると思います。まだそこまで考えてないです。師匠のロールス・ロイスが別の方の手に渡ったのを見て、それならキャデラックを自分が買おうと思っただけなんで」と語っています。

そのため、フライデーがこの情報をキャッチしていなかったら、自らの口で明かすつもりもなかったそうで、「別に言うほどのことでもないけど、こうやって聞かれて、いや買っていませんと嘘つくようなことでもない。もうホントに、記事になるような話じゃないですから」と話し、近くの繁華街に消えていったとのことです。

そして、千鳥・大悟さんが志村けんさんの愛車を購入したことに対してネット上では、

  • めちゃくちゃカッコいいじゃない。自分からは語らないが、聞かれたことは正直に話す。簡単なようでなかなかできないもの。
  • 「お前免許持ってないだろ?」とか言いながら、嬉しそうに笑ってそう。
  • どこぞの転売屋に買われるより、こうやって関わりのある人が引き取った方がはるかにいい。きっと大悟なら大事にしてくれる。
  • きっと志村けんさんも歓んでいるだろうね、免許なくても車を引き取りたいって。
    奥さんからしたらキャデラックなんて運転したくないだろうけど笑 素敵な師弟愛だと思う
  • 大悟は軽い感じで答えているけど、やっぱり志村けん師匠の車だから買ったんだよね。
    だって免許がないのに買ったんだよ??師匠も絶対喜んでくれてると思う。大悟ってこういうところが大きな魅力の一つだと思う。
  • 大悟さんカッコいい。志村さんが可愛がってたのが解る気がします。
    先日の追悼番組で、大悟さんとのコントはアドリブでどんどん引き延ばす。1人の寂しい家に帰りたくなくてずっとやってる、と言ってました。
    本当に大悟さんが好きだったんだなぁ。

などの声が上がっています。

志村けんさんは生前、「キャデラック・エスカレード」と「ロールス・ロイス ファントム」を所有していたのですが、千鳥・大悟さんと同じく自動車免許を持っておらず、加藤茶さんの付き人時代にも志村さんは助手席に座り、自身の愛車の運転も付き人に任せていました。

志村けんさんが亡くなった後には、志村さんの付き人と付き合いがあった愛媛の自動車チューニングショップ『PRINCE(プリンス)』が車の販売を行い、走行距離が約16万kmのロールス・ロイスは約1000万円でファンの男性が購入しています。

<↓の画像が、ファンが購入した志村けんさんの愛車「ロールス・ロイス ファントム」の写真>
志村けんの愛車「ロールス・ロイス ファントム」

プリンスの仙波王仁社長は5月にフライデーの取材に対して、「中には転売しようとしている方もいたので、いわゆる“一見(いちげん)さん”ではなく、高級車販売業界で繋がりがあり、身元のしっかりしている方を厳選させていただきました。志村さんの事務所からは、同様にキャデラック・エスカレードの売却も頼まれており、現在も信用のおける後継者を探しております」と答えていました。

そのキャデラックを“愛弟子”の千鳥・大悟さんが購入し、志村けんさんも天国で喜んでいるかもしれないですね。

千鳥・大悟さんは現在、志村けんさんが出演するはずだった番組『志村友達』(フジテレビ系 火曜24時55分)でアンタッチャブル・柴田英嗣さんと共にMCを務め、志村さんとの様々なエピソードを語っていますが、機会があれば購入した車の話も今後聞かせてほしいです。

参照元
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/120724
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/115628
  • https://ameblo.jp/autoproduce-prince/entry-12598679271.html
  • https://books.google.co.jp/books?id=ulO3DwAAQBAJ&pg=PR11&lpg=PR11
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/112904
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:OTk4NjExNjQw

    まだ、生きている。志村けん。永遠に。

  2. 2
    匿名
    ID:MjA5NDc4MzE3

    流石にこの年式のエスカレードで500万はプレミア価格だな
    形見でもあるから奥さんに乗らせて事故で廃車になったら悲しいな

  3. 3
    匿名
    ID:MjM1NzQxMjQ4

    目頭と胸が熱くなった。ホントに…何で…志村さん。こんなに師匠愛がある、そのぶん亡くなられた時の悲しみはって思うと苦しくなるよ。大悟これからも志村さんとの話したくさん聞かせてくれ~!

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    志村けんに頼りすぎ
    志村けんに来年まで頼りそう

  5. 5
    匿名
    ID:MTc5MDE4NTMx

    何故こんな時に飲み歩いていたのかな?悔やまれる

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について