今年の新語・流行語大賞ノミネート30語決定、新型コロナ関連が半数。フワちゃん、鬼滅の刃もランクインにネットの反応は…

フワちゃん

今年話題になった言葉を選ぶ『第37回 2020 ユーキャン新語・流行語大賞』に、ノミネートした候補30語が5日に発表されました。

今年は新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、社会全体に大きな影響を与えたことによりコロナ関連の話題一色になった年で、『新語・流行語大賞』にノミネートした候補30語の中にも、複数のコロナ関連の言葉が入る結果となっています。

主なコロナ関連の言葉は、「新しい生活様式/ニューノーマル」「アベノマスク」「おうち時間/ステイホーム」「オンライン〇〇」「クラスター」「PCR検査」「濃厚接触者」「3密(三つの密)」「ソーシャルディスタンス」などとなっており、半分ほどがコロナに関連したものです。

それ以外のエンタメ系では、「愛の不時着/第4次韓流ブーム」「あつ森」「顔芸/恩返し」「鬼滅の刃」「香水」「時を戻そう(ぺこぱ)」「Niziu(ニジュー)」「フワちゃん」「まぁねぇ~(ぼる塾)」などが入っており、今年は芸人に関するものが3つあります。

『新語・流行語大賞』の事務局は今年の傾向について、「ノミネート語すべてが、新型コロナウイルス関連でもおかしくない程、新語が登場。しかも、これまで存在する言語が独特の使われ方をした。オンライン、テレワーク、ステイホーム、クラスターなど、カタカナ語が氾濫する中で、『三密』は日本語らしい語で、多くの人に感染予防語として浸透した」としています。

そして、今年は以下の30語の中から大賞、トップテンが選出され、12月1日にその結果が発表される予定となっています。

『2020 ユーキャン新語・流行語大賞 ノミネート30語』(50音順)

1.愛の不時着/第4次韓流ブーム
2.新しい生活様式/ニューノーマル
3.あつ森
4.アベノマスク
5.アマビエ
6.ウーバーイーツ
7.AI超え
8.エッセンシャルワーカー
9.おうち時間/ステイホーム
10.オンライン○○
11.顔芸/恩返し
12.カゴパク
13.鬼滅の刃
14.クラスター
15.香水
16.GoToキャンペーン
17.3密(三つの密)
18.自粛警察
19.Zoom映え
20.総合的、俯瞰的
21.ソーシャルディスタンス
22.ソロキャンプ
23.テレワーク/ワーケーション
24.時を戻そう(ぺこぱ)
25.Niziu(ニジュー)
26.濃厚接触者
27.BLM(BlackLivesMatter)運動
28.PCR検査
29.フワちゃん
30.まぁねぇ~(ぼる塾)

今年の『2020 ユーキャン新語・流行語大賞』ノミネート30語の発表を受けてネット上では、

  • なんなら流行語大賞も自粛してていい
  • フワちゃん。なんで芸名を流行語に選ぶの?
  • 昔は話題になって記憶に残る言葉もあったけど、今は全く残らない印象があるなぁ
  • 鬼滅もだけど、今年はコロナ一択でしょ。流行語って範疇を飛び越えて、良くも悪くも働き方というスケールの大きいところまで多大な影響与えたんだから。
  • さすがに今年は野球ネタねじ込んではいないが、また今年も政治的なものを無理矢理ぶっこんでるなという印象。
    「BLM運動」は流行語じゃないし、「総合的、俯瞰的」なんて政府批判したい人達以外で多用されてた記憶はないが。
  • フワちゃんって流行語なの?他にも鬼滅の刃は流行りはしたけど、それは単語と言うより、鬼滅の刃の現象が流行った訳で、流行語とはまた違うと思う。
  • Niziu、フワちゃん、香水、鬼滅の刃あたりは新語・流行語というのかな…と、ちょっと疑問。
    流行ったもの、売れたもの、ではあるかもしれないけれど違和感。毎年思うことですが。
  • 毎年思うけど、「流行語」、流行った言葉、でなくて、この1年に起こったこと、という出来事や人物をノミネートしてる場合がほとんど。
    だからみんなモヤモヤして今一つ盛り上がりに欠ける。ちゃんと厳密に”言葉”を選べばいいのに。
  • 後の時代に見返した時に、「あんな大変なことがあった」と思い返せるように、「コロナ」「三密」「ソーシャルディスタンス」とかの合わせ技でいいんじゃないかな。「コロナとその関連フレーズ」みたいな感じで。
    個人的には「マスク転売」「自粛警察」とか、人間の汚い部分を垣間見られた言葉も組み合わせてほしい。
  • 混沌としていますね。昨年の「ONE TEAM」のようないい意味の言葉を選びたいところですが…
    世相を表すならコロナ関連しかないと思いますが、これぞという言葉がありませんね。シンプルに「コロナ」でいいのではないでしょうか。

などの声が上がっています。

『新語・流行語大賞』にノミネートする言葉は毎年、選考委員7人の思想や嗜好も反映されることから、毎年疑問に思うような言葉が複数あり、今年も「フワちゃん」などいくつかそうしたものが含まれてはいるため物議を醸していますが、コロナ関連のワードが多いこともあってか、例年に比べると比較的、よく見聞きしたものがノミネートしているように感じます。

ただ、コロナ関連の言葉がありながらも「新型コロナウイルス(COVID-19)」はノミネートしていないのが気になりますが、『新語・流行語大賞』でかつて選考委員を務めたジャーナリスト・鳥越俊太郎さんによると、年間大賞の受賞者は式への出席が必須とされているそうで、そうした裏事情もあって意図的に候補から外されたのかもしれません。

ちなみに、『ORICON NEWS』が事前に行った『新語・流行語大賞』を予想するアンケート調査では、1位が「ソーシャルディスタンス」、2位が「3密/密です」、3位が「ステイホーム」、4位が「コロナ禍」と、上位はコロナ関連が独占し、5位に「鬼滅の刃」がランクインという結果になっていました。

今年はやはりコロナ関連の言葉が大賞の大本命となりますが、果たしてどの言葉が大賞に選出されるのか、来月の結果発表に注目したいですね。

参照元
  • https://www.jiyu.co.jp/singo/
  • https://www.oricon.co.jp/special/55368/
  • https://www.j-cast.com/2016/12/03285162.html
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    フワちゃんどこが新・流行語?

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    流行語おばさん小池百合子と鬼滅の対決
    ほかはごり押しで流行ってない

  3. 3
    匿名
    ID:MjU4MDU5ODg4

    やっぱり鬼滅の刃だねぇ。
    全集中とか。

  4. 4
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    また左傾大賞か。左右を問わず、こんな政治的バイアスが働く賞なんか無くていいよ。

  5. 5
    匿名
    ID:MTc4ODUxMTc5

    それにしても
    芸能界1
    不細工だと思う

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について