上戸彩が2014年上半期のCM出演回数・時間でトップ!剛力彩芽は大幅ダウン!!AKB48はランク外多数で人気低迷が明らかに!

雑ネタ

上戸彩

今年1月から6月までの上半期で、どれほどのCMに起用されたかをランク付けした「タレントCM起用社数ランキング」が、7月にメディア調査を行うニホンモニターによって発表され、女優の桐谷美玲さん(24)と有村架純さん(21)が12社で1位になったことが分かりましたが、テレビでCMが放送された回数や時間をまとめた「テレビCM出稿動向」が株式会社ビデオリサーチによって発表され、関東、関西、名古屋の各地区で女優の上戸彩さん(28)が1位になったことが分かりました。

上戸さんは2012年に発表された同調査でも1位を獲得しましたが、昨年は女優の剛力彩芽さんが3地区で年間1位を獲得しており、1年ぶりに1位に返り咲きました。

昨年3地区で1位だった剛力さんは今年、関東地区で10位、関西地区で14位、名古屋地区で9位と大幅に順位を落としています。

また、2位には昨年7月期に放送された「半沢直樹」(TBS系)で上戸さんの夫役を演じた堺雅人さんが選ばれており、昨年の順位は関東地区で40位、関西地区で45位、名古屋地区で29位だったことから、ドラマの影響で急上昇した結果となったようです。

他にも、昨年上位20位以内に7人がランクインしていた元メンバー含むAKB48メンバーですが、今年は20位内にランクインしたのは渡辺麻友さんのみとなっています。

各地区のランキング結果は以下のとおり。

■タレント別テレビCM量上位10人(2014年1月~6月 関東地区)順位
タレント名/出稿秒数(秒)/出稿本数(本)/昨年年間順位
1位:上戸彩/148,555/9,179/2位
2位:堺雅人/148,215/8,387/40位
3位:武井咲/104,745/6,446/5位

4位:大島美幸/103,545/6,324/800位
5位:黒沢かずこ/103,545/6,324/1,682位
6位:西島秀俊/99,280/6,143/59位
7位:阿部寛/94,625/5,497/15位

8位堀北真希/85,185/4,995/26位
9位:哀川翔/83,730/4,744/194位
9位:剛力彩芽/79,680/4,468/1位

■タレント別テレビCM量上位10人(2014年1月~6月 関西地区)
順位/タレント名/出稿秒数(秒)/出稿本数(本)/昨年年間順位

1位:上戸彩/186,690/10,432/2位
2位:堺雅人/122,490/6,867/45位
3位:西島秀俊/102,100/6,305/47位

4位:武井咲/99,345/6,190/3位
5位:大島美幸/87,735/5,273/862位
5位:黒沢かずこ/87,735/5,273/1,835位
7位:阿部寛/81,495/4,691/27位

8位:唐沢寿明/80,640/4,115/9位
9位:堀北真希/74,655/4,492/24位
10位:本田翼/72,675/4,577/30位

■タレント別テレビCM量上位10人(2014年1月~6月 名古屋地区)
順位/タレント名/出稿秒数(秒)/出稿本数(本)/昨年年間順位

1位:上戸彩/130,455/8,091/2位
2位:堺雅人/119,730/6,603/29位
3位:大島美幸/94,035/5,694/814位

4位:黒沢かずこ/94,035/5,694/1,754位
5位:西島秀俊/87,055/5,389/52位
6位:阿部寛/86,325/5,026/11位

7位:武井咲/86,145/5,299/4位
8位:哀川翔/74,595/4,141/185位
9位:剛力彩芽/73,005/3,957/1位
10位:石原さとみ/72,980/4,446/25位

これにネットでは、

  • 何だかんだ言ってオスカーは強いな…
  • 剛力を観る機会が減って嬉しい限りです
  • これがAKB本来の実力、今までやたら周りがAKBにくいつけばお金になるからくいついてただけで、彼女たちに注目したことなど一度もない
  • 半沢出演者がワンツーフィニッシュとはやっぱり影響が強いんだな
  • 一部の芸能人に固まらずばらけてるのは良い傾向だと思う

などのコメントがありました。

昨年1位を獲得した剛力さんでしたが、auのCMから降板となったことで大きく順位を下げており、引き続き出演している森三中のお2人、そして哀川翔さんが大きくランキング上位に入っていますね。

au、そしてソフトバンクのCMは1日に何度も見る機会があり、いかに出稿数が多く影響力が高いことが分かります。

そして昨年は関東地区のランキングで、4位に元AKB48の大島優子さん、8位に島崎遙香さんがランクインしていましたが、どの地区のランキングTOP10にAKB48のメンバーがランクインしておらず、人気が徐々に低迷し影響力が無くなっていることが明らかですね。

今回上半期のTOP10が発表されましたが、下半期次第で大きく上位が変化しますので、来年発表される2014年の年間TOP10がどのようになるか楽しみです。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTgzNDc4

    これを教訓にakbやカイリキーのような購買力あげられない役立たずは経費のムダだから使わないで

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!