金城茉奈が24歳で急死、死因の病気は…リュウソウジャー・龍井うい役で活躍、共演者からも悲しみの声。画像あり

金城茉奈(リュウソウジャーの龍井うい役)

女優・モデルの金城茉奈さん(きんじょう・まな)が、12月1日に24歳の若さで急死していたことが明らかとなり、多くのファンや関係者らから悲しみの声が上がっています。

所属事務所『Grick』は5日に、公式サイトや金城茉奈さんのSNS上で訃報を伝えており、「金城茉奈が12月1日、病気のため享年25歳(満24歳)で永眠されましたこと、ご冥福をお祈りするとともに、謹んでお知らせ申し上げます。」としています。

続けて、「昨年よりお休みをいただき、復帰のために治療を頑張っていましたが叶わぬこととなってしまいました。」とし、金城茉奈さんは病気によって亡くなられたようなのですが、死因の詳細は明らかにしていません。

最後は、「不器用だけど頑張り屋、何事にもまっすぐ取り組む金城茉奈。これからも、夢に向かっていた彼女の笑顔を忘れないでいただけたらと思います。」と呼びかけています。

<↓の画像が、金城茉奈さんの訃報コメント全文の写真>
金城茉奈の訃報

沖縄県那覇市出身の金城茉奈さんは、沖縄県立豊見城高校の2年生だった2012年からモデル活動を開始し、2015年に『TOKYO GIRLS COLLECTION』や『Girls Award』などのファッションショーに出演し、同年にはローカルドラマ『名古屋行き最終列車2015』(メ~テレ)で女優デビュー、映画『けんじ君の春』などにも出演しました。

2016年には、ファッション誌『non-no(ノンノ)』の専属モデルとなり、『マイナビウエディング』の2代目イメージキャラクターに起用され、女優としては舞台にも出演したり、4人組グループ『ケツメイシ』のシングル曲『さらば涙』のミュージックビデオに出演するなど、活動の幅を拡げていました。

金城茉奈さん出演のケツメイシ『さらば涙』ミュージックビデオ

しかし、2017年6月に更新したブログで、「体調が優れず、病院で検査をしたところ、少しでも早く治療に取り組まなければならないことがわかりました。そのため現在、病気の治療で入院しており、お仕事を少しの間休ませて頂いています。(中略)現在治療により快方に向かっていますのでご安心ください。」などと報告していました。

その後しばらくして仕事復帰を果たし、昨年3月から今年3月にかけて放送された特撮ドラマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(テレビ朝日系)では、俳優・吹越満さん演じる古生物学者の娘で、リュウソウジャーたちをサポートする龍井うい役を演じていました。

<↓の画像が、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』出演者の写真>
リュウソウジャー出演者

そんな金城茉奈さんが1日に病気によって急死していたことが明らかとなり、突然の訃報に対してネット上では、

  • 突然の悲報に驚いてます。リュウソウジャーでは明るく元気いっぱいな役だったのにね…。心からお悔やみ申し上げます。
  • 久しぶりに夢中になったリュウソウジャー…途中からういちゃんがお休みとなり、本当に寂しかったです…病状が回復しなかったのですね涙
    大きなキラキラとした瞳で場を楽しませてくれていたういちゃん、どうぞ安らかに…
  • リュウソウジャー本編でも名目は留学ですが終盤に一旦離脱して、最終回で出演って感じでしたもんね。
    最近やっと完走した所だったので、かなりショックです。ゆっくりお休み下さい。
  • 最終回に出てきたういちゃんのお顔が少しふっくらしていたので、今思うと抗がん剤の副作用だったのかも…なんて考えてしまいます。ういちゃんの笑顔はずっと忘れません。
  • リュウソウジャーの最後に復帰したの、相当無理してでもみんなと一年を締めくくりたかったんだろうなあ…
  • リュウソウジャーで痩せてる印象強かったから、最終話で再登場したときにふっくらしてて驚いた記憶。
    あれも病気の副作用でむくんでたということだったのか。あのときずっと座ってたのも、病気の影響だろう。
    まだまだ若いし、これから楽しみな女優さんだと思ってたからとても悲しい。
  • リュウソウジャーの最終回で、ういちゃんが戻ってきた時に顔が浮腫んでいたから病気治療中なんかなと思っていたけど、まさかこんなに悪くなってたなんて。。。
    自分より若い子が亡くなるのは辛いね。今サンテレビでリュウソウジャーの再放送観てるからなおさら辛い。。。ご冥福をお祈りします。

などの声が上がっています。

また、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』で共演していた俳優陣からも続々とコメントが寄せられており、コウ/リュウソウレッドを演じた一ノ瀬颯さん(いちのせ・はやて 23歳)は、「まなっぺへ」と題して、「毎回毎回違った演技で、毎秒毎秒新鮮に生きているまなっぺは本当に魅力的で、その姿で演技の1番、大切なことを僕に教えてくれました。そんな魅力にあふれるまなっぺと一緒のシーンが僕の人生初のカメラを通した演技であったこと、心から誇りに思います。いつも現場を和ませてくれたまなっぺの素敵な笑顔はこれからも決して忘れることができません。長い戦い、本当にお疲れ様でした」と追悼しています。

<↓の画像が、一ノ瀬颯さんのツイート写真>
一ノ瀬颯の金城茉奈追悼コメント

メルト/リュウソウブルーを演じた綱啓永さん(つな・けいと 21歳)は、「ちょっと本当に信じられないですし信じたくないです 皆本当に大好きだったんです ゆっくり休んでね」と綴っています。

<↓の画像が、綱啓永さんのツイート写真>
綱啓永の金城茉奈追悼コメント

アスナ/リュウソウピンクを演じた尾碕真花さん(おさき・いちか 20歳)は、「辛いこともあったはずなのに、そんな素振りを見せることなく最終回に笑顔で帰ってきてくれてありがとう。もっと直接ありがとうを伝えたかったし、色んな景色や感情を共有したかったです。いつまでも素敵な、まなてぃらしくいてね。ゆっくり休んでください。これからもずっと友達だよ。」と、金城茉奈さんへのメッセージを綴っています。

<↓の画像が、尾碕真花さんのツイート写真>
尾碕真花の金城茉奈追悼コメント

トワ/リュウソウグリーンを演じた小原唯和さん(おばら・ゆいと 18歳)は、「何事にも全力な姿そして明るい笑顔には何度も元気をもらいました。頑張っているのも知っていました。だから本当に信じたくないです。沢山の勇気と元気をいただきありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。」と追悼しています。

<↓の画像が、小原唯和さんのツイート写真>
小原唯和の金城茉奈追悼コメント

バンバ/リュウソウブラックを演じた岸田タツヤさん(きしだ・たつや 28歳)は、「ずっと戦って そして最終回に戻ってきてくれました 僕は彼女の笑顔しか知りません それは眩しい太陽そのもの 笑顔でいる事、太陽の笑顔は すごい女優でありすごい人の証 あたたかい心。金城茉奈という素敵な あなたといられた事一生誇りです リュウソウジャーは ういちゃんと共に…..くやしい」と綴っています。

<↓の画像が、岸田タツヤさんのツイート写真>
岸田タツヤの金城茉奈追悼コメント

この他にも複数の共演者らが、それぞれの思いをSNSなどに綴っており、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の公式ツイッターアカウントでは関係者一同として、「太陽のように明るくて、本当に素敵な方でした。カメラの前に立ってもなお、セリフを繰り返し練習ている姿が目に浮かびます。37話での名演は忘れません。いつでも一生懸命すぎる金城さん。これからもどこにいっても全力で真っ直ぐなあなたでいてください。ご冥福をお祈りいたします。」と追悼メッセージを投稿しています。

<↓の画像が、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』公式のツイート写真>
リュウソウジャー公式の金城茉奈追悼

金城茉奈さんが『騎士竜戦隊リュウソウジャー』で演じていた龍井ういは、今年1月放送の第42話で前回から約1ヶ月ぶりに登場するも、アメリカに留学するというストーリー展開で再び姿を消し、3月1日放送の最終回に一時帰国という形で登場しました。

第42話と最終回に登場した金城茉奈さんは以前よりも顔がふっくらしており、視聴者からは顔が別人のように変化しているとの声が上がっていたのですが、そうした変化は今になって思えば、病気の治療で服用していた薬の副作用だったのかもしれないとの声も多く見受けられます。

<↓の画像は、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の最終回登場時と以前の顔比較写真>
金城茉奈(龍井うい)が激太りする前と後のビフォー・アフター

金城茉奈さんは3年前から入院治療を受け、芸能活動も一時休止しながらもインスタグラムやツイッターの更新を続けていたのですが、投稿は今年6月が最後になっており、SNSの更新ができないほど体調が悪化していたとみられます。

ただ、どのような病気を患っていたのかは不明で、ネット上ではガンで闘病していたのではとの憶測が飛び交っているものの、病名は公表されていません。

金城茉奈さんはまだ20代半ばで、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』への出演などで注目を集め、まさにこれからという時に亡くなってしまい、本人が一番悔しい気持ちだろう思いますが、これまで大変な闘病生活を送ってきた分、あの世でゆっくりと休んでほしいです。

金城茉奈さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

参照元
  • https://ameblo.jp/mana-kinjho/entry-12642091953.html
  • https://ameblo.jp/mana-kinjho/entry-12283022939.html
  • https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/674061
  • https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/674144
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/05/kiji/20201205s00041000090000c.html
コメントを残す