志賀廣太郎が71歳で急死、死因を事務所発表。脳梗塞で手術しリハビリ、仕事復帰目指すも帰らぬ人に…

志賀廣太郎

名バイプレーヤーとして活躍していた俳優・志賀廣太郎さん(しが・こうたろう)が、4月20日に亡くなられていたことが分かりました。71歳でした。

死因は「誤嚥(ごえん)性肺炎」だったとのことです。

志賀廣太郎さんの訃報は所属事務所『レトル』が公式サイト上で伝え、2020年4月20日午後8時20分、誤嚥性肺炎のため満71歳で永眠いたしました。2019年春に脳梗塞で倒れて以降、復帰に向けてリハビリを続けてまいりましたが、かないませんでした。」と発表しています。

葬儀は遺族の意向で29日に近親者のみで執り行われ、お別れ会を今後実施する予定で、「新型コロナウイルスに関連する一連の状況を見極めながら、ご遺族や所属劇団の青年団と相談の上開催させていただく予定でおります。」としています。

<↓の画像が、事務所のコメント全文の写真>
志賀廣太郎の訃報コメント全文

そして、志賀廣太郎さんの突然の訃報に対してネット上では、

  • 信じられない。。また1人好きな俳優さんが亡くなってしまいました。味のある名バイプレーヤーでしたね。
    まだお若いのに残念です。心よりご冥福をお祈りします。
  • 穏やかなお父さん役、硬派な上司役、事件の黒幕など現代劇でも時代劇でも、どんな役でもそれらしく演じて見事でした。ご冥福をお祈りいたします。
  • つい最近、ドラマ美女か野獣の再放送を見たところで、かねてよりいい味出してる俳優さんだったのだなと、思っていたところだったのに。。。
    まだまだ脇を固める俳優さんとして活躍していただきたかった。残念です。
  • ベテランの執事とか、ギャルソンとか、普段は「かしこまりました」と堅実に寡黙に勤めて、いざというときに深みのある助言や忠告をするとか、そういう役柄が似合う役者さんだったね
  • 志賀さんは「三匹のおっさん」が有名だけど、NHK版ハゲタカの、主人公鷲津に影のように付き従う側近・中延役がクールでカッコ良かった。
    主人公を諌める冷静な参謀役なんか良く似合う。もう、あの良い声が聞けないのが悲しい。
  • 陸王のこはぜ屋の専務役が一番印象に残っています。下町ロケットやノーサイド・ゲームを再放送をしていたので、いろいろと難しいとは思いますが、陸王の再放送を期待しています。
  • 小劇場中心の活動でテレビドラマには超遅咲きのオールドルーキーで世に知られて、顔を見たことがないのに小劇場で磨き上げられた確かな演技力で浮いた感じや違和感がなく、昔からテレビで活躍されているような存在感のある演技が魅力的でした。
    個人的には「3匹のおっさん」が好きだったのですが、これで続編の制作は叶わなくなってしまいましたね。お悔やみ申し上げます。

などの死を悼む声が続々と上がっています。

志賀廣太郎さんは学生時代から演劇を学び、演劇の講師などを経て1990年(当時41歳)に劇団『青年団』の舞台に初出演、1993年に正式な劇団員となりました。

その後はCMやドラマ・映画などに出演し注目を集め、名バイプレーヤーとして活躍を続け、『アンフェア』『三匹のおっさん』『半沢直樹』『とと姉ちゃん』『マッサン』『銭の戦争』『リバース』『陸王』『花のち晴れ~花男 Next Season~』『イノセンス 冤罪弁護士』など、数多くの作品に出演していました。

しかし、昨年4月スタートの西島秀俊さん&内野聖陽さんW主演ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)の放送開始のタイミングで、脳血栓によって脳梗塞を発症し緊急手術を受け、幸い命に別状はありませんでしたがドラマを降板しました。

前年には、出演予定だったNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』を降板しており、激ヤセしていたことでも心配の声が上がっていました。

昨年8月に週刊誌『週刊女性』が報じた記事によれば、一人暮らしだった自宅を引き払い、昨年6月からリハビリ施設に入居していたといい、記事では劇団関係者が現在の志賀廣太郎さんの様子について、「脳血栓の手術後に、右半身の麻痺が残ってしまい、1人では生活できない状態に。失語症にもなった。(中略)移動はすべて車椅子で、1人で風呂にも入れないので、特殊浴槽で介護士の補助を受けて入浴しています」と語っていました。

また、所属事務所は取材に対して、現在も一部マヒは残っていて1人で立つことは難しいとしながらも、「失語症は医師が驚くほど回復していて、朗読やナレーションの仕事は来年春ぐらいの復帰を目指している」と明かしていました。

ですが、復帰叶わず誤嚥性肺炎によって亡くなってしまい、いつかまた表舞台に復帰してくれると思っていただけに残念ですし、志賀廣太郎さんの個性的で味のある演技、渋い声などを今後聞くことが出来ないというのは非常に寂しいものがあります。

死因となった誤嚥性肺炎とは、唾液や食べ物などが誤って気管から肺に入り、炎症が起こることを指す病気で、特に高齢者が発症する割合が高く、高齢者の肺炎患者のうち80%以上が誤嚥性肺炎で、毎年多くの方が亡くなっています。

最期にこのような病気を患い、苦しく辛い思いをしたのではないかと思いますが、これからあの世でゆっくりと休んでほしいです。

志賀廣太郎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/30/kiji/20200430s00041000106000c.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:NDU4NTM1MTU3

    え!知らなかった
    脇役でお見かけしてましたが、どうりで見なくなったと思いました
    ご冥福をお祈りします

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMzQ5OTQy

    声と雰囲気が素敵だなって思ってた
    去年脳梗塞になったってニュースで見てから心配してた・・・
    残念ですね

  3. 3
    匿名
    ID:MTg3Nzk5OTEz

    電車内の壁ドンおじさんですよね?
    いい味出す俳優さんでした

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について