山本圭が81歳で死去、死因も公表。若者たち、ひとつ屋根の下に出演。名バイプレーヤーが亡くなり悼む声

訃報

山本圭

名バイプレーヤーとして活躍を続けていた俳優・山本圭さん(やまもと・けい)が、3月31日に亡くなっていたことが明らかになりました。81歳でした。

所属事務所の発表によると、山本圭さんは3月31日午前9時20分に亡くなり、死因は「肺炎」とし、通夜・告別式は密葬で執り行われたとのことです。

山本圭さんの訃報を受けてネット上では、

  • もう81だったんだ。なんか優しそうで知的な役が似合う人だったな。どうぞ安らかに
  • ひとつ屋根の下のゆきおじさん大好きだった 悲しいです…
  • 柳生博さんに続きまたもや大物がお亡くなりに…花嫁のれんのお舅さんが印象深い
  • 私の年代では、白線流しのお父さん役、一つ屋根の下での おじさん役が印象に残ってます。本当に素晴らしい俳優でした。ご冥福をお祈りします。
  • つい最近、「白線流し」をコンプリートしたばかりです。山本圭さんは、酒井美紀さん演じる七倉園子さんのお父様の役でした。
    素晴らしい作品を楽しませていただき、ありがとうございました。

などの声が上がっています。

山本圭さんは1963年に『俳優座』に入団し、叔父の山本薩夫さんが監督を務めた映画でデビュー、1966年放送の田中邦衛さん主演ドラマ『若者たち』で人気を獲得しました。

<↓の画像は、『若者たち』出演当時の山本圭さん(左から2番目)等の写真>
ドラマ『若者たち』佐藤オリエ・山本圭・田中邦衛・加藤剛・松山省二(松山政路)

その後も数多くの映画やドラマ、舞台に出演し、1990年代には『ひとつ屋根の下』『若者のすべて』『白線流し』『青の時代』『彼女たちの時代』『八代将軍吉宗』などに出演。

2000年代には『功名が辻』『天地人』『ショムニ』『いま、会いにゆきます』『タイヨウのうた』『どんど晴れ』『SP 警視庁警備部警護課第四係』など、2010年以降には『花嫁のれん』『八重の桜』『やすらぎの郷』『やすらぎの刻〜道』『監査役 野崎修平』など、ドラマだけでも数多くの作品に出演しています。

<↓の画像は、2019~2020年放送『やすらぎの刻〜道』に出演時の山本圭さんの写真>
山本圭がやすらぎの刻出演時の画像

プライベートでは、囲碁を通じて知り合った11歳年下の囲碁棋士・小川誠子さん(おがわ・ともこ)と1977年に結婚、1986年に長女・慧美さん(えみ)が誕生しました。

小川誠子さんは結婚後も囲碁棋士として活躍していましたが、2年半前の2019年10月に腰付近の不調を訴えて休場、その後容体が急変して同11月に病気により68歳で急死しました。

<↓の画像は、2017年12月放送『徹子の部屋』で共演時の山本圭さんと妻・小川誠子さんの写真>
山本圭と妻・小川誠子

山本圭さんの兄・山本學さん(85)、弟の山本亘さん(79)も、バイプレーヤーとして活躍を続けていますが、特に圭さんはデビューから晩年まで数多くの連続ドラマに出演し、『ひとつ屋根の下』などの作品が印象に残っており、温かみを感じる演技が好きでした。

山本圭さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwZjo2Zj

    ご冥福をお祈りしますm(_ _)m

  2. 2
    匿名
    ID:MjAwMToyNj

    ひとつ屋根の下の幸おじさんの役がとても良かったです
    ご冥福をお祈りします

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!