トライアスロン宮崎集選手が交通事故で急死、享年25。フランスでバイク練習中に対向車と接触し亡くなる

スポーツ 訃報
  • 1

トライアスロン宮崎集選手

トライアスロン選手の宮崎集選手(みやざき・つどい)が、フランスでの個人強化合宿中に交通事故で急死していたことが分かりました。25歳でした。

『日本トライアスロン連合(JTU)』の発表によると、宮崎集選手は27日午前9時35分ごろ(現地時間)に、バイク(自転車)の練習中に対向車と接触する事故に遭い、亡くなったとのことです。

<↓の画像が、トライアスロン女子・宮崎集選手の写真>
トライアスロン女子・宮崎集選手

接触事故の詳しい状況などに関しては、現地当局が調査をしているほか、現地のスタッフも対応しているといい、28日に関係スタッフがフランスに渡って各種の対応などを行うとしています。

宮崎集選手は、大学時代からトライアスロンを始め、2019年に『日本U23トライアスロン選手権』で優勝、同年開催の『いきいき茨城ゆめ国体』で準優勝、今年6月開催の『日本スプリントトライアスロン選手権』で3位の成績を残していました。

<↓の画像は、『日本スプリント選手権』で銅メダルを獲得した宮崎集選手らの写真>
宮崎集選手が日本スプリント選手権で銅メダル獲得時の画像

24日にスペインで開催されたワールドトライアスロンカップにも出場し、出場選手56人中50位の結果となっていました。

宮崎集選手は亡くなる前日までインスタグラムを更新しており、ワールドカップの結果に対しては、「まだ出ていいレベルに達してなかった!ってのが正直な感想です。いい経験だった、で終わらないように、感じたものを次に活かしていきたい!」などと綴っていました。

<↓の画像が、事故前日の宮崎集選手のインスタグラム投稿写真>
宮崎集選手のインスタグラム画像

その翌日に急死し、対向車との接触事故で亡くなってしまったとのことから、ネット上では公道を逆走していたのか?という声も多く上がっているものの、現時点で詳細は明らかになっていません。

宮崎集選手はこれまで国際大会では上位に入る成績は残していないものの、国内の大会では好成績を残し、公式サイト上では2024年のパリ五輪、2028年のロサンゼルス五輪への出場、メダル獲得を目指していると記していました。

宮崎集選手はまだ20代半ばで、今後のさらなる活躍に期待されていた中、フランスでの合宿中に不慮の事故で亡くなってしまったのは残念でなりません。

宮崎集選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

参照元
  • https://www.jtu.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2022/07/20220728.pdf
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    Jolie Goold
    ID:YjUyMWMzMW

    Hi!

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!