かしぶち哲郎さんが食道ガンにより63歳で逝去…生前はムーンライダーズ、石川セリ、中原理恵、岡田由希子に楽曲提供し活躍

かしぶち哲郎

1975年に結成されたロックバンド「ムーンライダーズ」のドラムなどを担当していたかしぶち哲郎(63)さんが、今月17日火曜日に亡くなっていたことが分かりました。

かしぶちさんはこれまでバンドでの活動以外に、CM、アニメ、ドラマ、映画などの音楽を制作し、アイドル歌手への楽曲提供なども行うなど、幅広い分野での活躍をしていました。

事務所の発表によると、かしぶちさんはかねてより食道がんで闘病を続けていましたが、17日夜に永眠。葬儀などは本人の強い意向により、家族のみで既に行われ、後日東京都内で「お別れの会」を執り行う意向も発表されました。

これにネットでは、

「リラのホテルよく聴いたなぁ…」

「青山さん、かしぶちさん残念です。合掌。」

「なんかドラマーの死がつづくなぁ」

「ライダーズ休止や、それ以前にもドラム叩けなくなってたしな、予兆はあった。ご冥福を。 」

「安らかにお眠りください。ひさしぶりに彼女の時でも聞くか」

などのコメントがありました。

今年もあと約10日となりましたが、まさかこのような訃報を聞くことになるとは思いませんでしたね…。

今年の8月14日には、傑作と言われている2枚のアルバム『彼女の時』をリマスターし髪ジャケット仕様で発売されたばかりです。

これは本人立ち会いのもとリマスター作業が行われており、まだ63歳と若く才能があっただけに、残念でなりません。

心より、かしぶち哲郎さんのご冥福をお祈り致します。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について