高橋ジョージの未練がましい態度、新曲『ロード~第十四章 愛別離苦』が物議。離婚や娘への重たい思いでタレント生命終了へ?

高橋ジョージ

ロックバンド『THE 虎舞竜(とらぶりゅう)』のボーカルで、歌手・タレントの高橋ジョージさん(本名=高橋恭司 59歳)が13日、デビュー35周年を記念したアルバム『原宿★ロックンロール★ヒーローズ』をリリースしたのですが、ボーナストラックとして収録されている新曲『ロード~第十四章=愛別離苦(あいべつりく)』が物議を醸しています。

高橋ジョージさんは1度の離婚を経て、1998年に24歳年下(当時16歳)のタレント・三船美佳さん(35)と再婚し、2004年11月には長女・蓮音さん(れんおん 13歳)が誕生しました。

<↓の画像は、高橋ジョージさんと三船美佳さんが結婚当時のツーショット写真>
三船美佳&高橋ジョージの結婚当時

親子ほど年齢が離れていたものの非常に仲が良く、おしどり夫婦として様々なテレビ番組などに出演していましたが、約3年前の2015年1月に、三船美佳さんが高橋ジョージさんのモラハラなどに耐えかねて、離婚を求め訴訟を起こしていたことが発覚。

それから1年後に三船美佳さんが訴訟を取り下げて協議離婚が成立し、長女・蓮音さんの親権は三船さんに渡りました。

高橋ジョージさんは離婚成立後、三船美佳さんへのモラハラ疑惑を完全否定した上で未練を語ったり、蓮音さんに会えない寂しさを語るなどしています。

そうした中で発表された新曲『ロード~第十四章=愛別離苦』は、自身の最大のヒット曲である『ロード』シリーズの最新章であり、2014年3月から4年近く会えていないという愛娘への思いを歌った曲となっています。

蓮音さんと最後に会ったのは大阪のホテルで、高橋ジョージさんは離婚の条件に清算的財産分与だけでなく、面会交流の努力をすることが含まれているとし、「まだ実施されていないんですけど…。会いたいですよ。ディズニーランドに行く約束をしたんだけどね…」と語り、現在は離婚後に届いた8枚ほどの写真を見て成長を見守っており、自宅では娘の歯ブラシ、ぬいぐるみ、洋服など全部そのままにしていると明かしています。

また、『バイキング』や『ノンストップ』(フジテレビ系)の取材に対しては、「1日24時間(思い出す)。ご飯食べてもトイレに行っても、何かの行動の度に思い出す」と明かし、新曲に対してネット上では「重い」という声が上がっていることに対して、「だって自由でしょ? 前の奥さんを歌ったらクレーム入るかもしれないけど、娘だもん。何の縁も切れてない」「娘に対して未練がましいというのなら、それは一生だよ。結婚しても、出て行っても、それは変わらないよ、死ぬまで」などと、娘への思いを熱く語っていました。

<↓の画像は、長女・蓮音さんとのスリーショット写真>
三船美佳&高橋ジョージ、長女・蓮音の家族スリーショット

なお、元妻・三船美佳さんについて「未練はない。もう1度? それはないです。ヨリを戻すような愛はない」と断言。

新たな恋についても、「断言するけど、そういう気にはなれない。娘と会えていないんで。ずっと誕生日ごとにプレゼントを贈っている。今年は本だった」と語るなどしているのですが、これらの話に対して世間からは厳しい声が噴出しており、業界内からも批判の声が上がっています。

“関西のご意見番”などと呼ばれているタレント・上沼恵美子さんは、17日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、「(新曲の歌詞の)歯ブラシ~、と言うてる場合ちゃうで。未練がましいというか、あなたは成長しなさ過ぎている」と語っています。

また、今回の離婚騒動によって愛妻家というキャラクターは完全崩壊し、バラエティ番組などでのご意見番としてのポジションで今後活動するのは難しいのではないかとみられており、ニュースサイト『日刊サイゾー』の記事ではテレビ情報誌のライターが、「もうバラエティでは使い道がありません。すでにご意見番の枠には、梅沢富美男ががっちり収まっていますし。『しくじり先生』(テレビ朝日系)でハジけなかったのもイタいですね。」と語っています。

このような話も出ているため、以前のようなポジションでタレント活動していくのは難しいとみられています。

高橋ジョージさん本人は12日に行ったアルバムの発売記念イベントで、「10年くらいバラエティーでやらせてもらった。好きなのでやめるわけじゃないが、この日をもって軸足を音楽に移そうと思う。来年60歳になるが、いい年こいて頑張っているやつもいると知ってもらいたい」と語っており、今後また音楽活動をメインにしていこうと考えている様子です。

<↓の画像は、12日に新アルバムの発売記念イベントを行った高橋ジョージさんの写真>
アルバム発売イベントを行った高橋ジョージ

来年2月21日には、『ロード』リリースから25周年を記念したアルバム『ロード 25th Anniversary(仮)』をリリースすることも決定しています。

しかし、13日発売の『原宿★ロックンロール★ヒーローズ』の売れ行きは良くない様子で、オリコンのデイリーCDアルバムランキングで確認しても、ランキングTOP30位内にもランクインしていないという状態です。

高橋ジョージさん率いる『THE 虎舞竜』は35年活動してヒットした曲は『ロード』のみで、加えて未練がましい姿を晒し続けていることによってイメージダウンしているため、今さら音楽活動にシフトチェンジしても厳しい結果になるのではないかと思うのですが、今後ミュージシャンとしても再起していけるのかどうか注目したいところですね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTk1MjMxOTM2

    歌詞の癖ぇ〜

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について