菊池桃子が結婚、相手は一般男性。西川哲と離婚7年で再婚、子供2人の応援受けて決意。

菊池桃子

女優・菊池桃子さん(きくち・ももこ 51歳)が4日、今年から交際していた男性との再婚をブログで発表しました。

菊池桃子さんはブログで、「今年に入ってから交際をさせていただいてきた一般の男性と、入籍をいたしましたことをご報告申し上げます。」と結婚を発表しています。

続けて、「お付き合いの間、何かと臆病な私を応援してくれていたのは長男と長女で、いま共に喜んでくれていることを感謝しています。」と再婚を決意した裏には子供たちの応援があったとし、「幾つになっても、人間的な成長を目指す前向きで明るい伴侶と共に、私自身、仕事も精進を重ね、もうひと回り大きくなる姿を皆様に見ていただけますよう頑張ってまいります。」と決意を新たにしています。

菊池桃子さんはスカウトで1983年(当時15歳)に芸能界デビューを果たし、清純派女優・アイドル歌手として一斉を風靡、デビュー1年後の1984年に『日本レコード大賞』で新人賞を受賞、1985年には閉じ史上最年少で日本武道館コンサートを行うなど、デビューから間もなく大ブレークし、現在まで活躍を続けています。

一方のプライベートでは、1993年にゴルフのプロ・アマ戦で出会った同い年のプロゴルファー・西川哲さん(にしかわ・てつ 51歳)と交際に発展し、1995年5月に結婚しました。

<↓の画像が、結婚当時の菊池桃子さんと元夫・西川哲さんのツーショット写真>
菊池桃子と元夫のプロゴルファー西川哲

1996年8月には第1子となる長男(23)、2001年10月には長女(18)が誕生し、仕事を続けながらも幸せな家庭を築いていると思われていたのですが、2012年1月に離婚してシングルマザーになっていたことが明らかになりました。

離婚原因を巡っては、西川哲さんの女性問題や借金、育児放棄などがメディアに報じられたものの、菊池桃子さんの所属事務所社長は当時スポーツ紙の取材に対して、「“育児放棄”かどうか分かりませんが、桃子1人で学校のことなど子育てしていたのは事実です」とし、西川さんの女性問題については、「私も桃子本人もいろんなことを聞いて、哲さんに確認しましたが、『100%ありえない』という答えだったので、2人とも信じています。それが離婚原因ではないと思います」とコメントしていました。

菊池桃子さんは西川哲さんと離婚後、母校・戸板女子短期大学の客員教授に就任してキャリア教育の講義を担当、さらに法政大学大学院政策創造研究科で雇用問題を専攻して修士号を取得しました。

2013年4月には『NPO法人キャリア権推進ネットワーク』を設立して理事に就任、2015年には「一億総活躍国民会議」の民間議員、2016年には文部科学省・初等中等教育局の視学委員に就任するなど、離婚後は社会貢献活動に力を入れています。

そんな菊池桃子さんの再婚発表に対してネット上では、

  • いくつになられても、菊池さん美しい。おめでとうございます。相手の方は羨ましい限り。菊池さんの笑顔、すごく癒されます。お幸せに。
  • いろいろなご苦労されたので これからは 是非とも幸せになって欲しいです。
  • ほわーっとしている方かと思ったら、学びの意欲も高くしっかりされた方。共に高め合う、素敵なご主人なのでしょうね
  • 自民党から立候補して政治家になるという噂が前にありましたが、政治家よりも奥さんになるほうが似合っているように思います。
  • 彼が居たなんて全然知らなかった。前の結婚が大変だったから もう懲りたかな?と思いましたが もう一度したい方が見つかったのですね。子供さんが喜んでいるのであれば良かった。お幸せに!
  • いつまで経っても変わらず可愛く、向上心いっぱいの桃ちゃん。同性ですが、ずっと応援していました。
    大変なこともあったと思いますが、幸せな家庭を築いて欲しいと思います。本当におめでとうございます。
  • この年齢で再婚とはすごいな。熟年離婚とかが多い中、そういった女性には第二の人生の希望となるニュースですね。おめでとうございます。

などの祝福コメントが寄せられています。

菊池桃子さんは2017年~2018年にかけてストーカー被害に遭っていたことが報じられるなど、色々と心配になるような報道があったのですが、今年に入ってから素敵な男性と出会い、50歳を超えて再婚を決意するとは驚きました。

元夫の西川哲さんとの間では、婚約後に相手の親が結婚を反対するなどのトラブルに見舞われ、結婚後も女性問題や多額の借金などプライベートでは色々とトラブルがありました。

しかし、2015年末に出版した自叙伝では17年に渡る結婚生活について、「結婚したこともよかった。そのおかげで子どもを授かった。そして、離婚したこともよかった。それが、作り笑いとかでなくて、心から笑って言えるのです」と振り返り、出版イベントでは再婚の可能性について聞かれると、「私は恋愛体質ではないので、あまりそういう気持ちにはなれなくて…。今は芸能活動と教員の仕事とで、頭がいっぱいになっているからかもしれません。今後余裕ができたとき、そういうふうになれたらいいですね」と答えていました。

それから約4年後に、子供たちの応援もあって再婚を決意したそうですが、今度こそ素敵な家庭を築いていつまでも夫婦円満でいてもらいたいですね。

【追記 11/4 18時35分】
テレビ朝日の報道によると、菊池桃子さんの結婚相手は経済産業省の経済産業政策局長・新原浩朗さん(にいはら・ひろあき 60歳)で、政府の仕事にも携わっていたことがきっかけで知り合ったそうです。

<↓の画像が、菊池桃子さんの再婚相手・新原浩朗さんの写真>
菊池桃子の再婚相手の経済産業省の経済産業政策局長・新原浩朗

参照元
  • https://ameblo.jp/kikuchi-momoko/entry-12542202150.html
  • https://web.archive.org/web/20120530020703/http://www.sanspo.com/geino/news/120128/gnc1201280507000-n2.htm
  • https://npn.co.jp/article/detail/71544305/
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/150869/
  • https://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300029-n1.html
6件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    前の旦那は、ある意味ヒモ男だったからなぁ。ストーカー被害もあったし、この先幸せになってほしいね。

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMjkyNTYx

    ストーカーは、まだいけるとか思ってそうだから怖いな。
    結婚して良かったと思う

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4NzExMjk1

    滝くりよりまたあざとい
    かわいい顔してきな臭い

  4. 4
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    一発やりてぇ~

  5. 5
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    桃ちゃんが、女優として映画で超濃厚で過激な濡れ場やって欲しいね。「花と蛇」や「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 」などの映画でできれば、早見優と絡む官能と快楽の渦に巻き込まれるのを見たいね。

  6. 6
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    菊池桃子が、次回作の映画で主演に抜擢されて、濃厚なラブシーンがあったら、映画で魅せる究極の官能表現方法として、「愛のコリーダ」のように一糸纏わぬ姿で本当にやって欲しい。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について