歌手カンナムが日本国籍放棄し韓国に帰化へ。決意の理由は? イ・サンファとの交際も関係?

KangNam(カンナム、滑川康男)

日本人の父親と韓国人の母を持ち、現在は韓国を中心に歌手・タレント活動をしているカンナムさん(KangNam 本名=滑川康男 32歳)が、日本の国籍を放棄して韓国籍を取得(帰化)する準備を進めていることが明らかとなり、日本のファン等の間でも注目を集めています。

韓国系メディアの報道によると、韓国の所属事務所『DMostエンターテインメント』は12日に現地メディアの取材に応じ、「最近、KangNamが韓国への帰化を決心した」「個人的にたくさん悩んだ末に決定したと把握している」「KangNamが必要な資料を準備し、今月中に帰化申請をする予定だ。結果が出るまでは1、2年ほどかかるという」と答えたとしています。

カンナムさんは1987年3月に、日本人の父親と韓国人の母親の間に生まれ、東京・江戸川区西葛西で育ちました。

<↓の画像は、カンナムさんの母親の写真>
KangNam(カンナム、滑川康男)韓国人の母親

中学卒業後はハワイの高校へ進学し、高校卒業後はアメリカの大学へ進学して日本のキャンパスで学び、『KCB』というバンドではボーカルを務めていました。

その後、アジアスターになることを目指して韓国へ渡り、2011年に韓国のヒップホップグループ『M.I.B』のメンバーとしてデビューを果たし、グループ解散5ヶ月前の2016年5月には、日本で本名の「滑川康男(なめかわ・やすお)」名義でソロデビューしています。

2016年に『ダウンタウンDX』出演時の映像

そんなカンナムさんは「韓国で最も有名な日本人」とも呼ばれるほど高い知名度があるとされ、現在は主に韓国で芸能活動しており、格別な愛情を抱いてきたため両親に相談の上で、日本国籍を放棄し韓国に帰化することを決意したそうです。

現在は必要書類の準備を進め、今後は帰化審査(筆記試験・面接審査)の準備も本格的に始めるそうなのですが、長く韓国で暮らし、文化や歴史の勉強を積み重ねてきたことから、帰化審査などに大きな困難は無いとみられるとのことです。

そして、この話題に対してネット上では、

  • 愛を感じる国に行くのが一番いい
  • 誰だか知らないけど、戻ってこないでね
  • 徴兵逃れだと韓国でたたかれそう。
  • この年ならば、軍に入らなければいけない時期は終わった?それを、待ってて今かな。
  • 韓国の入隊って28歳までにしないとダメだったと思うけど、わざわざ入隊しなくていいように今の歳にしようと思ったのかな?
  • この時期に徴兵の年齢を過ぎた人が日本国籍を捨てることに意義があるのだろうよ。叩かれることなく、持て囃されると良いね
  • 彼女との結婚を考えて色々あるのかもね。日本籍でいたところで、韓国で活動するならメリットなさそうだし、この人日本では決して売れないと思うからいいと思う。
  • 韓国で活躍して恋人が韓国人だとすると、韓国国籍の方が都合良いよね。
    ただ、何かあると元日本人だと責められる事もあるかもだから頑張って
  • 韓国を愛するならそれが正しい選択です。日本国内にいる、日本人のふりした反日同胞たちも見習ってほしいし、後に続いてほしい。
  • こっちじゃ仕事ないからね。国際結婚とかの人は以前より大変だろうね。でも、自分で選んだのだから仕方ないね。
  • 自分の意思で、選択しているのだから、尊重すべきでしょうね、日本いてもこの先売れる見込みもない氏
    今だったら話題になるし、韓国も宣伝の為にマスコミにも載せるでしょう
    在日の人は早めに国籍を変えた方がいい、そのうち反韓で住みづらくなりますよ、ほんとに。

などのコメントが寄せられています。

なぜこのタイミングで韓国に帰化する決意を固めたのか、詳しい理由は明らかにされていませんが、カンナムさんは昨年放送された韓国の番組で、韓国スピードスケート界の女王と呼ばれていたイ・サンファさん(李相花 30歳)と共演し、これがきっかけで交際に発展したことを今年3月に公表しています。

<↓の画像は、カンナムさんとの交際中のイ・サンファさんの写真>
カンナムの彼女イ・サンファ

交際宣言後から間もなく韓国のメディアによって、年内結婚説が浮上していると報じられたものの、「年内結婚説は事実ではない」「2人は交際5~6ヶ月しか経っていない。良い関係で美しい愛を育んでいる段階だ」と双方が否定していたのですが、カンナムさんの帰化はイ・サンファさんとの交際と関係しているのかもしれませんね。

カンナムさんは日本よりも韓国での方が知名度も高く、様々なテレビ番組に出演するなど活躍しているようですし、日本を離れて長く韓国で生活しているとのことから、なぜ今になって帰化?とは思うものの、納得できる部分も多くあります。

ここ最近の日韓関係の悪化によって、色々と辛い思いもしているかもしれませんが、引き続き韓国を中心とした活動で頑張ってもらたいですね。

参照元
  • http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2123487
  • http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/12/2019081280009.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjEyNjYyNTA2

    日本人には、もうならないでくださいね。

  2. 2
    匿名
    ID:MTc5MDE4NjY2

    お母さん、浜田の嫁のなつみに似てるね

  3. 3
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    そんなに日本が嫌ならみんな帰ってください

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について