辺見えみりが夫・松田賢二と離婚の理由、酒や金遣いの荒さが原因? 木村祐一と別れた過去もバツ2の真相は…

辺見えみり&松田賢二

俳優・松田賢二さん(46)との離婚を25日にブログで発表したタレント・女優の辺見えみりさん(41)が、27日放送の情報バラエティ『PON!』(日本テレビ系)に出演し、離婚したことを生報告しました。

番組MCのビビる大木さんが「そんな中、辺見姉さんが色々と…」と話を切り出すと、辺見えみりさんは苦笑いしながら「すいません、お騒がせしました。前向きな決断をさせていただきました。応援して頂けるといいなと思います」とコメントしていました。

<↓の画像は、結婚当時の辺見えみりさんと松田賢二さんのツーショット写真>
辺見えみり&松田賢二の結婚式ツーショット

辺見えみりさんは25日に自身のブログ上で、「このたび私たち夫婦は離婚することとなり、先日届け出をすませました。」と離婚を発表し、「良い方向に行くようにと、この何年かふたりで何度も話し合い、いろんな形を模索してみましたが、別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました。」と話し合いの末、離婚に至ったと説明しています。

また、「私達の勝手な選択に巻き込んでしまった娘に対しては本当に申し訳なく思っており、子供に関しては、これからもふたりで協力し合いながら子育てしていきたいと思っています。この7年間一緒に過ごした時間は、私にとって大切なものです。」などと綴っています。

一方の松田賢二さんもブログで離婚を発表し、「お互い前へ進む為の選択です。」「えみりさんには感謝しています。結婚してよかった。娘は宝物。これまでの思い出も宝物です。父として母として共に、これまで以上に娘を大切にしていきます。」としています。

辺見えみりさんは2005年10月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)での共演がきっかけで、お笑いタレントの“キム兄”こと木村祐一さんと交際に発展し、交際からわずか3ヶ月後の2006年1月にスピード結婚しましたが、2008年4月に離婚しました。

<↓の画像は、最初の夫・木村祐一さんと辺見えみりさんのツーショット写真>
木村祐一&辺見えみりの結婚ツーショット

その後2010年5月に、『仮面ライダー響鬼』(テレビ朝日系 2005年1月~2006年1月放送)などに出演の松田賢二さんと舞台で共演、これがきっかけで交際に発展しました。

そして、2011年3月に再婚、2013年6月には第1子となる長女(4歳)が誕生し、昨年11月22日の“いい夫婦の日”には、「11 22 プロポーズ記念日 最近バタバタしてましたが、今日はゆっくりごはんできました」と綴り、家族のスリーショット写真を公開していたのですが、結婚から7年で2度目の離婚となりました。

長女の親権については明らかにはしていませんが、辺見えみりさんが親権を持つ形になったのではないかとみられています。

<↓の画像は、昨年11月22日に投稿した家族のスリーショット写真>
辺見えみりがインスタグラムに投稿の家族スリーショット

辺見えみりさんが所属する芸能事務所『太田プロダクション』は、2度目の離婚理由について「すれ違い」と説明しているとのことなのですが、週刊誌『女性自身』によれば、夫婦の間ですれ違いが起きた原因は「お酒」をめぐるものだったと伝えています。

2人の知人は、「松田さんはお酒がまったくダメな口。でも辺見さんはお酒が大好きで、『酔っぱらって帰ってきても何も言わない』というのが結婚の条件のひとつだったんです。出産後は、母乳で育てていたこともあって、辺見さんはお酒をひかえていましたが、育児がひと段落したことで、最近お酒を解禁しました。まったく飲めない夫に、“仕事は飲みの席で取ってくるんだよ!”と怒ったことも一度や二度じゃなく、ママ友との飲み会でも、お酒が飲めない松田さんのことを愚痴っていたそうです」と証言しています。

また、夕刊紙『日刊ゲンダイ』の記事では「自業自得なのではないか」という声が上がっているとし、ある芸能関係者は辺見えみりさんについて、「筋金入りのブランド好きで、洋服や靴、小物、ジュエリーなどことファッションに関してはカネに糸目をつけず、欲しいものは何でも手に入れる主義。最近では食器などにもこだわっているようです。もちろん、ファッションブランドのコンセプターを務めていることもあってビジネスの範疇かもしれませんが、それにしたって収入と支出のバランスってものがある。最初の旦那だったキム兄は貯金も使い果たされたとかで、“カネ遣いの荒い女はもうコリゴリ”などと周囲に愚痴ってたそうですよ」と語っています。

そして、これらの報道を受けてネット上では、

  • きむ兄が悪いのかなと思ってたけど。この人が問題なんだね。辺見マリも色々あったし…
  • 1度目の離婚当初は木村の方がな〜、って思ってたけど、今回の離婚の話を聞いて、どっちもどっちだったんだなぁと。
  • ファッションリーダーのように振舞ってるけど、全然オシャレじゃない。生き方も。
  • 確かに女性雑誌で、ブランド自慢でよく出てる。大して活躍してる訳でもないのに、どこからお金が出てくるんだろう…って思ってた。
  • 芸能人2世で贅沢三昧の生活してきたはず。お金にいとめもつけない筋金入りのブランド好きも理解出来る。
  • この人って自分の信念曲げなそーだよね。良い意味でも悪い意味でも。だから周りの人が疲れちゃいそうだな。そもそも、良妻賢母をアピールしてるけど 流石にバツ2だと、それと嘘くさいしね。結婚には不向きな人なんでしょうかね?

などのコメントが寄せられています。

辺見えみりさんは松田賢二さんと再婚後の2011年7月に『Emiri Book』というフォトブックを出版しており、この本では木村祐一さんと離婚に至った真相を赤裸々に綴っていたことで当時話題になりました。

その本では、結婚からわずか3ヶ月後に木村祐一さんの浮気が発覚し、表面上は平気な素振りをしていたものの、内心は「こんなに早いんですか?」と傷ついていたことを告白しています。

さらに、木村祐一さんは感情を表に出す人だったと明かし、ちゃんとしていないと怒られ、店員やタクシーの運転手などにも文句を言うことが増えた時に自分も辛い気持ちになり、「彼のことが怖くて口をつぐんでしまった」「私から別居をきり出して…『去るものは追わない』と言われて…。彼の言葉には唖然としました」などと綴っていました。

なお、離婚に至った真相の部分を綴るにあたり、木村祐一さんには事前に許可を取ったとのことでした。

また、この本の発売記念イベントに出席した際には、再婚したばかりの松田賢二さんとの関係について、「ラブラブなのかな。すごく楽しい。彼も子供がほしいというので、(9月に出演する)舞台の後、ゆっくり…。女の子と男の子、できれば2人ほしいな」などと話していたのですが、結婚から7年で2度目の離婚となりました。

離婚に至った原因は1つや2つではないかもしれませんが、辺見えみりさんはこの10年で2度の離婚をしているため、やはり辺見さん側に大きな原因があるのではないかと思ってしまう部分もありますね。

辺見えみりさんは芸能活動のほかに、2013年にオープンしたセレクトショップ『Plage(プラージュ)』のプロデュースを手掛けており、第1号店の東京・代官山店はオープン当初、経営が苦しい状態とも言われていたのですが、現在全国に7店舗展開しており、松田賢二さんよりも多くの収入を得ていたとみられ、長女を抱えながらも離婚に踏み切ったのは収入面も大きいのかもしれません。

2度目の離婚に対してネット上では、どちらかというと辺見えみりさんに向けられた批判の声が多く、さらに好感度が下がってしまっている様子なのですが、昨年12月に大手プロへ移籍し、今後仕事を本格的に再開させていくとしており、これからどこまでイメージアップを図れるのか引き続き注目していきたいところですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について