芦田愛菜が慶応大学医学部に進学内定か。将来の夢は病理医、高校卒業後は医学の道に? 成績優秀で推薦枠獲得か

噂・疑惑

芦田愛菜

女優・タレントとして活躍を続けている芦田愛菜さん(あしだ・まな 17歳)が、慶応大学医学部への内部進学が内定したとニュースサイト『日刊大衆』が伝えています。

芦田愛菜さんは2017年に「慶應義塾中等部」、2020年には「慶應義塾女子高校」に進学し、その後も学業と仕事を両立して活躍を続けていますが、日刊大衆によると、芦田さんは仕事よりも学業を優先の姿勢を崩さず、それを学校側も高く評価しているといいます。

<↓の画像は、芦田愛菜さんが慶應義塾中等部に入学時の制服姿の写真>
芦田愛菜の出身中学・慶應義塾中等部の制服姿の画像

そして、大学への進学も内定したといい、「芦田さんは内部進学で、念願だった系列大学の医学部への進学が内定したそうです。私立の超名門として知られる同大学の医学部に推薦で進めるのは、女子高からはわずか5人の超狭き門。簡単にいえば、学年の“トップ5”に入っていないと難しい。さらに、内申点もありますから、単純に成績がいいだけでもダメ、という狭き門です」と高校関係者が明かしています。

この報道に対してネット上では、

  • まさに神童や…
  • 芸能界なんて大変な事やりながら、慶應医内部進学だと?芦田プロ半端無い
  • 慶応医内部進学?一般入試で入るよりキツいって聞くけどマジかよ
  • 慶應女子から慶医への推薦枠、あの向井千秋でさえ取れなかったのにすごいな
  • 慶応で病理医か フラジャイルですな
  • す、すげえな この子、この歳で教養もあってビビるし、どういう勉強法、過ごし方をしているのか聞いてみたいわ
  • 研究者になりたいみたいだし医学部に進学と同時に引退か
  • ずっと芸能界でやっていく大変さは先輩見てたらわかるからな ただ、一番奇麗な20代を棒に振るのは勿体ない ほんとどうするんだろう?しかし何と贅沢な悩みかw
  • 今度は医者としてテレビ出ればいい
  • 高3の5月の時点で医学部内部推薦合格が出るのか?
  • 三年生の成績を無視で内部推薦の医学部行きが決まるなら、もう初めから慶應側と芦田側がグルになった出来レースということだな
  • 有名私立に合格したって言ってたような気がしたからあれはもう3年前かぁとか思ったら、高校は内部進学で有名私立は中受で6年も前の話なのか。歳とるってやべぇな

などの声が上がっています。

2020年9月に週刊誌『女性自身』が報じた記事によると、芦田愛菜さんは成績がトップクラスで、将来的には医者になりたいとの夢があることから、医学部への内部進学を目指していくとみられるとしていました。

芦田愛菜さんは10歳の時点で、将来について「薬剤師になって新薬を開発したい」と語り、中学進学後に出演した番組でも将来の夢を聞かれると、「医学系の道に進んで、病理医になりたい」と答えていました。

<↓の画像は、病理医になりたいと語った芦田愛菜さんの写真>
芦田愛菜の将来の夢は病理医と語ったテレビ番組の画像

ただ、慶応大学医学部への内部進学は狭き門で、医学部は一般入試で偏差値が70を超え、全国トップレベルの難関ということで内部進学のハードルは高いとし、「10段階の成績評価でも高校1年生時からオール10を獲得し続けるのは当たり前。学級委員長や学校行事といった課外活動への参加も評価対象となるそうです。医者の娘も多くライバルも当然多い。諦めて他大の医学部を受験する生徒もいます。“一般受験で入るより難しい”という生徒さえもいるほどです」と、高校の保護者が語っていました。

また、慶応女子高校は芸能活動も許される自由な校風ながら、「学業にはシビアで、成績不良や出席日数が足りない場合は留年することもざらにあります。漢詩の暗記や原稿用紙100枚近い小説の創作といったハードな課題をクリアできないと、内申点にも影響します。また成績上位者の多くを占めるのが高校からの外部受験組」だとしていました。

そのため、いくら学業を優先にしている芦田愛菜さんでも医学部への進学はかなり難しく、内部進学を目指すのであれば芸能活動を休止する必要があるとも言われていました。

また、2020年9月に『週刊現代』が報じた記事によれば、推薦で慶応大学医学部に内部進学した場合、「有名人だからか」と保護者たちから不満の声が上がる可能性もあるため、幼少期から本を読み尊敬する医学者・山中伸弥教授が在籍する京都大学医学部の受験も視野に入れているとしていました。

<↓の画像は、芦田愛菜さんと山中伸弥教授の写真>
芦田愛菜と京都大学・山中伸弥教授

そうした報道から1年半以上が経ち、慶応大学医学部への進学内定が報じられたものの、現時点では日刊大衆のみが伝えている情報なので事実なのかどうかは不明ながら、もし本当ならば素晴らしいの一言ですね。

芦田愛菜さんは今年も、NHKドラマ『エンディングカット』や6月17日公開予定の実写映画『メタモルフォーゼの縁側』で主演するなど、現在も女優として活躍中ながら、慶応大学医学部に進学し病理医を目指すのであれば、来年以降は仕事をセーブする可能性がありますが、夢を叶えるために引き続き頑張ってほしいですね。

参照元
  • https://taishu.jp/articles/-/101926
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1894963/
  • https://www.jprime.jp/articles/-/19209
  • https://www.iza.ne.jp/article/20210325-NDMBUYDTAVIMZHGIUV3HXXT3VA/
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1804826.html
7件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4Mzc3MzY5

    素敵な人と付き合って欲しいと思う親心

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    スゴすぎる!

  3. 3
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    どこぞの皇族なんかとは比べ物にならんな。ほんと立派。

  4. 4
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    日本の鏡!

  5. 5
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    親のDNA
    最強!

  6. 6
    匿名
    ID:MjAwMToyNj

    ほんと、才女とはまさにこの子の事だねぇ。

  7. 7
    匿名
    ID:MjAwMToyNj

    しっかりしてますね
    今自分がやるべき事進む道がはっきりしてます
    素晴らしい

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!