大谷翔平に美人リポーター急接近、狩野舞子と交際疑惑も…彼女の存在や結婚に注目、フラッシュが女性関係を報道

大谷翔平選手

メジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手は今シーズン、投打ともに絶好調で、23日時点での本塁打数はア・リーグで2位タイの14本(首位とは1本差)、投手としては6試合に先発出場し、まだ1勝ながら30回3/1の登板で防御率は2.37、45奪三振をマークするなど好投を続けています。

現地でも大谷翔平選手の活躍ぶりは大きな話題になっており、今シーズンどこまで成績を伸ばすのかに注目が集まっていますが、同時に大谷選手のプライベートも注目され、4月に週刊誌『週刊文春』は、交際疑惑が浮上している元バレーボール日本代表・狩野舞子さん(かのう・まいこ 32歳)との関係について報じていました。

それから約1ヶ月が経ち、25日発売の『フラッシュ』がまた新たに、大谷翔平選手を狙う女性の存在を伝えています。

『フラッシュ』によれば、大谷翔平選手は現地で美人リポーターから猛アタックを受けているといい、その女性について大リーグ担当記者は、スポーツ専門の放送局『FOXスポーツ・ウエスト』に所属するアレックス・カリーさんです。33歳でグラマラスな美人リポーターとして人気です。現地では彼女が球団関係者やメディア関係者に対して、『大谷さんを紹介してほしい』とお願いして回っていることは有名ですよ。カリーさんは2016年にミュージシャンと結婚しています。人妻の積極的な“肉弾取材”はかなり注目を浴びています」と明かしています。

<↓の画像が、リポーターのアレックス・カリーさん(Alex Curry)の写真>
大谷翔平を狙うリポーター アレックス・カリー

アレックス・カリーさんからインタビューを受ける大谷翔平選手の映像

また、かねてから交際が噂されている狩野舞子さんとの関係についてスポーツ紙記者は、年の差がありすぎて、上手くいかなかったそうです。2人を結んだのは株式会社『明治』の管理栄養士で、高校野球日本代表をはじめ多くのアスリートの栄養サポートを行っている大前恵さん(53)です。大谷さんのファンだった狩野さんは、大前さんを通じて大谷さんを紹介してもらったそうです。この話が広まるにつれて、大前さんに大谷さんを紹介して欲しいとねだる女性が続々と現れているそうです(笑)」と明かしています。

<↓の画像は、狩野舞子さんの写真>
大谷翔平の彼女疑惑の狩野舞子

こうした情報をキャッチした『フラッシュ』は、岩手県に暮らす大谷翔平選手の父親・大谷徹さんに取材を行ったところ、「結婚の話は、本人から全く聞いたことがないです」と語ったといいます。

また、大谷翔平選手の母親と親しいという近所の住民は、「翔平君が高校生のころ、お母さんが『(翔平に)彼女なんていないわよ。まだ女性経験は無いだろうね』なんて笑っていました」と話したとしています。

『週刊文春』が報じた記事でも、アメリカ・ロサンゼルス在住のメジャーリーグ担当記者が大谷翔平選手について、「いつも専属通訳兼マネージャーの日本人男性と一緒に行動しており、女性の影は見当たりません」と語っています。

また、父・徹さんは狩野舞子さんとの交際説について、「翔平の姉から、ネットでそういう噂が書かれているって聞いたけど、本人からはそんな話まったく(笑)。結婚するとなれば報告があるだろうけど、そうじゃなければわざわざ言ってこないと思いますよ。今はまだソッチのことは考えず、もう少し野球に専念したいんじゃないのかな」と答えていました。

『フラッシュ』も、大谷翔平選手に特定の交際相手がいるとの情報は入手していないようで、リポーターのアレックス・カリーさんから猛アタックを受けているというものの、5年前に結婚している既婚者といい、狩野舞子さんとも年の差が原因で上手くいかなかったとのことから、アレックス・カリーさんとも親密な関係に発展する可能性はかなり低そうです。

大谷翔平選手は野球選手にしては珍しく?非常に真面目で、高校時代には彼女がいなかった、必要性を全く感じなかったとインタビューで明かしているほか、プロ入りから3年後の2016年時点でも彼女はいないと明言しており、実際に一度も決定的な熱愛を報じられたことはありません。

ただ、大谷翔平選手を狙っている女性は複数いると以前からメディアに報じられており、元フジテレビでフリーの加藤綾子アナウンサーなど、女子アナたちからターゲットにされているとの情報もありましたが、大谷選手は「結婚するなら女子アナ?」との質問に対して「NO」と答えています。

そんな大谷翔平選手の好きな女性のタイプは、「笑顔が素敵な人」「背が高くて、明るくて、ハキハキしている人」「スポーティーで、爽やかな感じがいい」とし、「チャラチャラしたタイプは苦手」とも明かしています。

大谷翔平選手は今シーズン大活躍し、もしもホームラン王となれば10年契約で3億ドル(約320億円)も下らないと言われ、今後さらに多くの女性が大谷選手に近付いてきそうですが、今後も野球に集中してさらに活躍する姿を見せてほしいですね。

参照元
  • フラッシュ 2021年6月8日号
  • https://bunshun.jp/articles/-/45182
  • https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/kei-omae
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI5MDgzNTc3

    記事の写真、一瞬小室圭に見えた

  2. 2
    匿名
    ID:MjU4MjY0MTY2

    大谷くん💕の恋愛話しも興味ある。楽しい^_^

コメントを残す