YMO高橋幸宏が脳腫瘍の摘出手術を発表。現在の状態と今後は…病気告白に心配の声上がる

高橋幸宏

3人組音楽グループ『イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)』のドラム&ボーカルで、ミュージシャンの高橋幸宏さん(たかはし・ゆきひろ 68歳)が31日、「脳腫瘍(のうしゅよう)」を患い、腫瘍の摘出手術を受けていたことを公式サイト上で発表しました。

所属事務所『ヒンツ・ミュージック』によると、検査によって脳腫瘍が見つかり、8月13日に腫瘍の摘出手術を無事に終えたといい、後遺症もなく現在は入院加療中で、術後の経過は順調と報告しています。

また、高橋幸宏さんもコメントを発表しており、今年の初夏を迎えたころから断続的な頭痛があり、当初は季節の変わり目の偏頭痛かと思っていたそうなのですが、症状が改善されなかったことでMRI検査を受けた結果、脳腫瘍の疑いがあるとの診断を受けたとのことです。

この診断結果に対しては、「現実を受け止められなくて、絶望感で言葉も出ない長い一日が始まりました」と綴り、直後の検査入院で脳腫瘍の摘出手術を受け、無事成功したとしています。

今後については、「体力気力をつけて、じっくりしっかりと治療に専念し、できるだけ早い時期に皆さんの前に立てるよう努めていきたいと思っています。」とし、仕事関係者等に謝罪、医療関係者に感謝の言葉を綴っています。

<↓の画像が、高橋幸宏さんのコメント全文の写真>
YMO高橋幸宏が脳腫瘍の摘出手術を報告コメント

高橋幸宏さんは8月11日にツイッター上で、「今夜も夜中に頭痛で目が醒めた。ぼくのあたまのなかで、何か別の生き物が育っている感じがする コイツをやっつけないと、だめだね。。。」と頭痛に悩まされていることを明かしていました。

また、脳腫瘍の手術を受けた13日には、「緊張の日、朝から固まってちゃだめた、、、このまま運ばれるし」「そうだきっと、たくさんの祈りが、僕を支えてくれる、、、、何も考えずに(それは無理)、身を任せよう、ここは勇気だ。教授、かんばれないかも、でも前に進む勇気は出すからね。!」「次のtweetはいつになるかなぁ」と意味深に綴っており、ファンからは心配の声が上がっていました。

手術後の26・27日には「そう、遠くはないな。ボク 大丈夫。までは,,,」「まあ、ボクの頑張り次第なんですよ。」と投稿し、31日には「頑張りますす!でもそれだけでも、どうしようないこともあるんです。詳しくはオフィシャルな発表で 僕はあと2ヶ月はかかります。この場ではないので、想像などはやめてね。」とツイートしています。

そして、高橋幸宏さんが脳腫瘍を患い、手術を受けていたことが公表されネット上では、

  • びっくりした。でも無事に手術は終わったようでまずは一安心。一日も早く回復されますように。
  • 術後のお体どうかご自愛下さい。全世界の幸宏さんファンが応援しています!
  • 今後の演奏に支障が出ないことを祈るのみ…
  • 後遺症がなかったのはなによりです。いろいろと気がかりなことやご不便なことはあるかと思いますので、まずはゆっくりご静養なさってください。
  • Twitterでの発言で何かあるとは思っていましたがビックリしました。後遺症がなく経過が良好であれば何よりです。
    ゆるいYMOの活動や他のバンド活動などまたお元気になったら活動再開して欲しいです。どうぞお体を大切にしてください。
  • 高橋さんの正確なリズムを刻むドラムが大好きです。一般人レベルでは後遺症が無くても、ドラマーとしてどうなのか心配しています。
    ボーカルや他の才能もある方なので復帰するのは間違いないと思いますが、完全復活を期待して待ってます。
  • ドラマーって体力系というかマッチョが多い中でユキヒロくんのような繊細なタイプは貴重な存在。正確無比なドラムプレイをまた聴きたい

などの声が上がっています。

高橋幸宏さんは現在も精力的に音楽活動をしており、高橋さんを中心としたユニット『METAFIVE』は今年7月に新曲『環境と心理』を発表、アメリカのインストバンド『L.A. Takedown』が3月にリリースしたニューアルバムの収録曲でボーカルを務めるなど、幅広く活躍しています。

高橋幸宏さんと『L.A. Takedown』のコラボ曲『When It’s Over』の動画

ただ、高橋幸宏さんは以前から病気がちで、最愛の母親の死がきっかけで神経症を患い、2011年には急性虫垂炎で緊急手術を受けたり、2018年4月には初期の網膜剥離が判明し、硝子体手術を受けるなどしています。

そうした中で、脳腫瘍を発症し手術を受けていたことが発表され、驚きの声が多く上がっており、幸い後遺症も無く術後の経過は順調というものの、今後の音楽活動を不安視する声も少なくないのですが、しばらく療養生活を送り、今後また素晴らしい曲を生み出してほしいですね。

参照元
  • http://www.room66plus.com/?eid=373
  • https://news.j-wave.co.jp/2018/05/56-6.html
  • https://www.zakzak.co.jp/people/news/20120706/peo1207060749000-n1.htm
  • http://www.pluto.dti.ne.jp/~hy-21c/ymo/ymo02.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について