RIZINの榊原信行CEOが見解表明。シバターと久保優太選手の八百長疑惑に処分無し、今後の対応語るも炎上続く

スポーツ 事件・事故・トラブル
  • 3

シバター・久保優太選手

総合格闘技団体『RIZIN FIGHTING FEDERATION』の代表・榊原信行さん(58)が11日、RIZINの公式YouTubeチャンネルに投稿された動画で、八百長疑惑を巡って大騒動に発展している炎上系YouTuber・シバターさん(本名=齋藤光 36歳)と元K-1王者・久保優太選手(34)の試合に初言及し、RIZIN側の見解と今後の対応について語っています。

シバターさんと久保優太選手は昨年の大晦日に開催された『RIZIN.33』に出場し、「RIZIN MMA特別ルール(判定無し、KO、1本のみで決着)3分2ラウンド」の形式で対戦、1ラウンド目でシバターさんが得意技の飛びつき腕ひしぎ十字固めを決めて勝利を飾りました。

しかし、その試合前にシバターさんが久保優太選手とLINEでやり取りし、棄権をチラつかせながら、1ラウンド目は流し、2ラウンド目から本気を出すという条件を久保選手に飲ませた上で、本番では騙し討ちをして勝利していたことが明らかになりました。

<↓の画像は、試合前の2人のLINE上でのやり取り>
シバター・久保優太のRIZIN八百長疑惑の流出LINE画像
左側がシバターさん、右側が久保優太選手

こうした裏側は久保優太選手側の暴露で判明し大騒動に発展、猛バッシングを浴びることになったシバターさんは騒動を謝罪しつつも、問題の試合は八百長にはあたらないと主張し、裏側を暴露した久保選手を痛烈批判していました。

また、久保優太選手が表に出した音声データ内で、シバターさんがRIZINの広報部長・笹原圭一さんの名前を出し、「笹原さんにも、実は話をしていて。(台本を)作っていいですか?」という話もしているなどと久保選手に語っていたものの、これも全くのウソでRIZIN側は関与していないと説明していました。

シバターさんの経緯説明動画

一方の久保優太選手も騒動を謝罪し、「アスペルガー症候群」や「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」によってパニック状態になってしまったなどと説明した上で、RIZIN側からの処分も受け入れる覚悟を示していました。

久保優太選手の謝罪動画

そうした中で11日にYouTubeで公開の動画で榊原信行CEOは、今回の騒動に対するRIZIN側の見解を語り、「ピュアな久保がシバターの術中にはまって、リングに上ったように見えた」とした上で、ここから学んで多くの是正することはあるけど、彼らを処分する考えは全く無い。彼らを受け入れた以上は切り捨てるとか、一方的に彼らに責任を押し付けて事が収まるとは思っていないと、2人には処分を下さない意向を示しています。

<↓の画像は、榊原信行CEOの写真>
RIZIN代表・榊原信行CEO

また、RIZINの6年の歴史で八百長なんて1試合もない。命をかけて約束してもいい、あり得ない。100%全部リアルファイトであると、RIZINでは一切八百長などは行われてないとしています。

久保優太選手との試合におけるシバターさんの行為については、「品性下劣でスポーツマンシップのかけらもないけど、本人はスポーツマンシップにのっとることもないわけだし、プロの世界は正々堂々という戦いばかりではない」と分析しています。

そして、今回の騒動では試合前に選手同士が連絡を取り合うことが問題視されましたが、契約書上も試合前にコミュニケーションをとることについての規定がない」「今回みたいなことが起きないように、今後は契約書の中に、事前に選手とかセコンド、関係者が相手方の選手と公以外の場で直接話すことは絶対禁止するという条項を入れていきたいと、今後の対応についても語っています。

榊原信行CEOのコメント動画

榊原信行CEOはこのように、問題の試合に対する見解や今後の対応などについて語っていたのですが、これに対してネット上では、

  • 申し合わせは八百長じゃないから賭けた命は守られるってか?
  • 八百長はないブックはある ということですね
  • つまりRIZINは格闘技風エンターテイメントてこと
  • 自分達の看板に泥を塗られて何も落とし前つけないって…
  • この見解の発表てRIZINを見限りました
  • 命かけていいwww久しぶりに聞いた。こんなこと言うやつが一番信用ならん
  • 一応エンタメの試合だから、運営側はこんな感じでも良いのかなと
  • 情に訴えるんじゃなく、論理的に八百長は有り得ないという話をしてよ
    CEOがこのレベルだと、むしろクロと判断されるのが妥当だと思う
  • 仮に俺がRIZINのCEOで、本当にRIZINに八百長が無いならあの2人を訴えるけどな。文句無しに存続の危機だぞ
  • 「RIZINの6年の歴史、八百長なんて一試合もない」それが事実だということをどうやって証明するのか。
    一度こういう形でケチがついてしまうと、視聴者が明らかに納得できる明確な証拠を出せない限り、社長の言うことをハイソウデスカと信じる人はいない。社長が何を言っても、真実には聞こえない。

などの声が上がっています。

シバターさんと久保優太選手の試合では台本があったのは事実ながら、試合の結果までは事前に決めていなかったとして、これは八百長ではなくあくまでも「申し合わせ」との意見もあります。

RIZIN側もリング上ではガチンコの勝負が行われ、事前の契約内容、ルールを破ったわけでもないとして、今回の件では処分を一切下さないとのことですが、この対応に格闘技ファンからは失望の声が上がっています。

また、榊原信行CEOは「RIZINの6年の歴史で八百長なんて1試合もない。命をかけて約束してもいい」と断言しているものの、そう言い切れる根拠が不明で、今回のようなことが起きたからには全く説得力がないとして物議を醸しています。

RIZIN側は榊原信行CEOのコメント動画をもって、騒動の幕引きを図ろうとしているのかはまだ分かりませんが、榊原CEOの説明に多くの格闘技ファンは納得していない様子で、信用を失ったことで各方面でRIZIN離れが起こりそうな気配も漂っているものの、果たして今後どうなっていくでしょうかね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjQwMDo0MT

    そもそも格闘技で「ガチンコ」と言う言葉があること自体、八百長前提が溢れかえっていることを表している。

  2. 2
    匿名
    ID:MjAwMToyNj

    この会見も八百長でないと言い切れる根拠がない

  3. 3
    匿名
    ID:MjQwMDo0MT

    いやあ、薄っぺらいね。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!