KenKen活動再開にドラゴンアッシュ桜井誠が激怒? 佐藤タイジのライブ出演発表が物議、ファンからも怒りの声噴出

KenKenとドラゴンアッシュのドラム桜井誠

人気ロックバンド『RIZE(ライズ)』のメンバーで、『Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)』でサポートメンバーとして活動しているベーシスト・KenKen被告(本名=金子賢輔 33歳)が大麻取締法違反の罪に問われ、10月30日に開かれた判決公判で「懲役6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決」が下されました。

丹羽敏彦裁判官は執行猶予を付けた理由について、「大麻の使用期間・状況などに鑑みると、大麻に対する安易な姿勢がうかがわれ、大麻への依存も懸念せざるをえない。しかし、前科・前歴もなく、入手先等も含めて事実関係を明らかにした上で、大麻との関わりを絶つ意向を示している。友人や母親の支援もあり、更生の環境が整っており、執行猶予が相当。」と説明しました。

判決公判の傍聴席では、初公判時に情状証人として出廷した母親で歌手・金子マリさん(本名=金子眞利 64歳)の姿があり、裁判を終えると親子揃って退廷したといいます。

<↓の画像は、KenKen被告と母・金子マリさん、兄・金子ノブアキさんの写真>
KenKen・金子マリ・金子ノブアキ

そんなKenKen被告は10月16日の初公判で今後の仕事について、「全てが元通りになるとは思っていない。ただ、多くの仲間が『またやろう』と言ってくれたことが、支えや今後の希望ではあります」「音楽だけではやっていけない部分もある。友人の事業に参加して社会復帰したい」などと話していたのですが、有罪判決を受けてから4日後の11月3日に、ギタリスト・音楽プロデューサーの佐藤タイジさん(本名=佐藤泰司 52歳)のライブにゲスト出演することが判明し、ファン等の間で物議を醸しています。

KenKen被告のライブ出演は、佐藤タイジさんの公式ツイッターや公式サイト上で31日夜に発表(公式サイト投稿は削除済み)されたもので、佐藤さんのライブツアー『My Hero Tour』で11月3日に行われる茨城県水戸市での公演、同4日の宮城県川崎町での公演にゲスト出演するとしています。

<↓の画像は、佐藤タイジさんのツイート写真>
佐藤タイジのライブにKenKen出演報告ツイート

この発表が現在ファン等の間で物議を醸しており、ネット上で反応を見てみると、

  • Kenkenおかえり!ぜひ関西もゲストに♪
  • KenKenのベースの音が聴けるのがめちゃくちゃ嬉しいです!楽しみにしています!ありがとうございます

などと早期復帰に歓喜の声が上がる一方で、

  • はぁ!?
  • ダサすぎる 筋もクソもないな。
  • 話題作りのためですか?
  • 一緒に薬物キメる会でもやるの?
  • 佐藤タイジw90年代から大麻漬けじゃねえか 邦楽ロック界有数の大麻愛好者
  • 経緯はどうであれ、この状況でオファー受ける方も受ける方だしオファーする方もする方
  • 仲間を大切にする人だと思ってました。どうやらとんだ見当違いだったようですね。
    また自分の積み上げてきたものを自分で台無しにしてしまいましたね。残念です。
  • 順番ってゆーか、もうちょっとDragon AshとDragon Ashのファンのこと考えるべきやと思う
  • 迷惑かけた周りの関係者をなんだと思ってますか?kenkenは損害賠償払ったんでしょうか?
    猛烈に反対します。水戸と宮城で反対運動します。大好きだった中津川ソーラーも二度と行きません。タイジさん、最低なことしてますよ。
  • タイジさんは悪くないと思います。盟友を助けたい、一秒でも早く、ライブでのステージでの高揚感を思い出して欲しい。だからこそ、ですよね。
    でもDragon Ash、RIZEのファンは納得しないと思います。またまたkenkenの世間知らずがでちゃいましたね。
  • 佐藤タイジさんの行動は間違ってないと思いたいです。が、サポートベーシストとしてDAでバンドマンとして出演していて、事件があって、kenkenの予定の場所をThe BONES/PTPのT$UYO$HIさんがサポートを引き受けてくれた。
    それなのに彼ら(DAメンバー)が何も知らないのはおかしいのでは?と私は思います。
  • KenKenは仲間思いの人だってずっと思ってたからこれはショックだった。。元はRIZEのメンバーなのに、知名度の問題かサポートメンバーで参加してるDragon Ashの名前を報道で前面に出されてメンバーにもファンにも迷惑かけまくったのに。
    復帰がこのやり方なのは残念すぎたよ(涙)
  • クソやな 信じて待ってた人間にどの面下げて戻ってくるんやろか。
    捕まったときのKenKenの幼稚な言い訳にも呆れてたけどこれで嫌いなったわ。
    人間性疑ってまう。反省って言葉知らんのやろか、JESSEのがよっぽど信じれる

などと批判コメントが殺到しており、ファン等の間では炎上状態になっています。

そうした中で、『Dragon Ash』のオリジナルメンバーでドラムの桜井誠さん(40)が自身のツイッターを更新し、「愕然。全く聞いてないし、俺らの事なんてどうでもいいのか。」とツイートしており、これはKenKen被告の活動再開に対する憤り投稿なのではとの憶測を呼び、さらなる波紋を呼んでいる状況にあります。

<↓の画像は、ドラゴンアッシュのドラム・桜井誠さんのツイート写真>
ドラゴンアッシュ桜井誠がKenKen音楽活動再開にブチギレ?ツイート

<↓の画像は、ドラゴンアッシュのドラム・桜井誠さんの顔写真>
ドラゴンアッシュのドラム桜井誠

KenKen被告は現在もドラゴンアッシュのサポートメンバーという扱いになっているのですが、前任のベーシスト・馬場育三さん(別名=IKUZONE 享年46)が左腕の神経麻痺で療養中の2011年6月から活動に参加し、2016年以降はレコーディングにも本格的に参加しており、2017年リリースのアルバムにはメンバーとしてクレジットされていたり、ドラゴンアッシュのデビュー20周年時には各取材でメンバーとして取材を受けています。

<↓の画像は、ドラゴンアッシュの元ベース・馬場育三さんとKenKen被告の写真>
ドラゴンアッシュの元ベース馬場育三とKenKen

そうしたこともあり、KenKen被告が逮捕された際にはドラゴンアッシュの公式サイト上で謝罪コメントが発表され、ドラゴンアッシュのメンバーによるコメントでは、「オリジナルメンバーIKUZONE急逝後のDragon Ashのライブ活動を支え、近年では音源制作に至るまでメンバー同様の立場で活動に深く貢献してくれた彼の逮捕はバンドにとってもあまりに悔しく、残念な出来事となってしまいました。突然の出来事で、心の整理は全くできてはおりませんが、メンバーとスタッフ一同で今後の活動に関する協議を進めております」としていました。

<↓の画像は、ドラゴンアッシュ公式サイト上での謝罪コメント写真>
ドラゴンアッシュのメンバーによるKenKen逮捕を謝罪コメント

そして、ドラゴンアッシュは今後のツアー、ライブ出演を予定通り行うために、『The BONEZ』などで活動のベーシスト・T$UYO$HIさん(ツヨシ 44歳)を迎えてライブを行っていくことを発表し、8月12日に参加した野外ロックフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』のステージ上で、ボーカル&ギターの“Kj”こと降谷建志さん(ふるや・けんじ 40歳)が、「ロックバンドは、みんなの心とか体を踊らす職業なのに、不安な気持ちにさせてごめんなさい。仲間のバンドマンのみなさん、俺たちの大切にしてるロックバンドのカルチャーに、泥を塗ってごめんなさい。今これしか思いつかねえから、お願いします、この7人で、またロックバンドでいさせてください。」とファンに直接謝罪の言葉を述べる場面がありました。

その後9月からドラゴンアッシュは全国ツアーをスタートさせ、KenKen被告が佐藤タイジさんのライブに出演する11月4日には熊本でライブを開催します。

そのため、ドラゴンアッシュのファン等がKenKen被告に対して怒りをあらわにするのも無理はなく、桜井誠さんのツイートはKenKen被告に対するものかは定かではありませんが、不義理を非難されるのも当然かと思います。

有罪判決を受け、執行猶予期間中に音楽活動を再開させるにしても、迷惑をかけた仲間や関係者、そしてファン等にしっかりと謝罪などを行った上で、ステージ復帰を果たしてもらいたいです。

【追記 11/1 14時20分】
佐藤タイジさんの公式サイトが更新され、KenKen被告のライブ出演を見送ることを発表しました。

公式サイトでは、関係者やファン等に対して「KenKen出演に関して配慮が不十分であったことをお詫び申し上げます。」と謝罪した上で、「今回の11月3日(日)茨城・水戸 Paper moon、11月4日(月・祝)宮城・柴田 Fattoria AL FIOREで予定しておりましたKenKenの出演に関しまして見送らせていただきます。」と出演中止を報告しています。

<↓の画像が、コメント全文の写真>
KenKenが佐藤タイジのライブ出演見送りコメント画像

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTkyMjkyNTYx

    さくさんの逆鱗にも触れた
    ロックバンドが甘く見られたらかなわないわ。
    kjが謝ったの見て心痛くならないのかね

  2. 2
    匿名
    ID:MTg2ODExNDI2

    なるほど
    そういう経緯だったのですね
    ありえないです

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について