21連勝中の田中将大が、自宅取材にブチ切れ激怒!!ルール無視の出版社を楽天が出禁に指定!!

田中将大

プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する、ピッチャーの田中将大(24)選手が今シーズン大好調で、プロ野球新記録の21連勝を記録、現在開幕から19連勝でメジャーリーグの開幕連勝記録に並んでおり、世界記録も目前の状態です。

そうなると取材陣らが加熱して、他とは違ったスクープを取ろうと各社躍起になりますが、ある出版社は常識に反した取材活動を行い出入り禁止になってしまったそうです。

田中将大選手所属の楽天は報道陣に対し「選手の自宅への取材活動」を禁止事項としており、田中選手に関しては「まい夫人への取材もご遠慮ください」とNGを出していたようです。

Kスタ宮城に里田さんが応援に来ているにもかかわらず、新聞などにコメントが掲載されないのはそのためのようです。

それを知ってか知らずか、ある週刊誌記者が田中選手に直撃すべく、仙台にある田中選手の自宅に訪れたそうです。ですが、その時は田中選手は不在で奥さんの里田さんが対応しました。

当然、それは田中選手の耳に入り、楽天側はその週刊誌を刊行する会社の“全媒体”を“出禁”にしたそうです。

この「週刊誌を刊行する会社の“全媒体”が“出禁”」という措置に対し、スポーツ紙も発行する問題の会社は「このままだと楽天の初優勝が一切取材できなくなる」と頭を抱えているようです。

これにネットでは、

「文春だと思う。たしか、Numberとかいうスポーツ雑誌も文藝春秋から出ていた」

「さすがに自宅にまで押し掛けるのはやり過ぎ」

「文春だな。最近の下世話なパパラッチ路線は確かに目に余る」

「楽天も初優勝かかってるし、大事なエースを守らないとな」

「一球団だけでなく全球団出入り禁止にした方が良かったんじゃあ」

などのコメントがありました。

今一番注目の選手を今後一切撮れないわけですから、かなりのダメージでしょうがそれも自業自得。過熱した取材をしたことを十分に反省するべきですね。

今回の件はスキャンダルでも何でもないわけで、グランド内だけでなく自宅にまで押し掛けられたら迷惑極まりないですからね。
これぐらいの厳しい対応は必要でしょう。

ネットでは、週刊文春を刊行している株式会社文藝春秋ではないかとの声が多くありましたが、果たしてどこなのでしょうかね。

現時点では“出禁”が解ける気配はないということなので、楽天が優勝した際に取り上げない会社が問題を起こした会社だとすぐにばれてしまいますね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について