2世タレント清水良太郎の悪い噂、闇カジノ騒動後も反省無く不良とトラブル、女性関係の話も…父・清水アキラにも問題あり?

清水アキラ&清水良太郎

今年2月に違法賭博をしている闇カジノに出入りしていることが発覚したタレント・清水良太郎容疑者(29)が11日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕され、当初は容疑を否認していたものの、「ホテルや自宅で使った。周りに迷惑をかけた」などと覚せい剤の使用を認める供述をしていることが13日に明らかになりました。

11日には家宅捜索が行われたものの、覚せい剤や吸引器具などは見つかっていないといいます。

清水良太郎容疑者は闇カジノに出入りしていたことが発覚して以降、様々な黒い噂をメディアによって報じられていたのですが、違法賭博疑惑が浮上してから4ヶ月後の6月には、東京・六本木のライブハウスで開催のワンマンライブで仕事復帰し、その後は父親でものまねタレントの清水アキラさんとのディナーショーを行ったり、テレビ番組にも出演するようになりました。

仕事復帰の際にはマスコミの囲み取材に応じ、闇カジノに2度行ったことは認めつつ、「1回目に行ったときは、ただアミューズメントパークということで遊んで、2回目でお金をかけませんかと言われ、やばいぞと店を出ました。お金を賭けたりはしていない」と、違法賭博行為はしていないと否定していました。

また、4ヶ月間の謹慎中には、芸能界を辞めようという思いもよぎったものの、清水アキラさんや所属事務所『清水エイジェンシー』の社長で兄の清水友人さんが関係各所に頭を下げている姿を見て反省し、「『自覚を持って私生活を送ってくれ』と言われて、頑張らなきゃと思った」といい、「『2世はテレビに出すな』と言われても、結局は親じゃなくて自分の問題。2世という形でくくってほしくはない。2世に生まれたからには、それを背負っていかなければいけない」とも語っていました。

<↓の画像は、6月に復帰ライブを行った清水良太郎容疑者の写真>
清水良太郎が復帰ライブ

しかし、仕事復帰から4ヶ月後の10月10日13時40分頃、東京・池袋のホテルで30代のデリバリー型サービス業の女性に「薬物を飲まされた」と警察に通報され、その後の尿検査で覚せい剤の陽性反応が出たことから11日夜に逮捕されました。

『東京スポーツ』(東スポ)によると、違法賭博疑惑で謹慎後も反省している様子はなく、夜遊びを繰り返していたことから、業界関係者の間では「いずれこういう事件を起こすだろう」と危惧する声が上がっていたといいます。

清水良太郎容疑者は昨年5月に年上の一般女性と結婚、同11月には第1子となる長女が誕生しましたが、相変わらずチャラチャラした生活をしていたといい、いかにも悪そうな人たちとつるみ、その中の人間に闇カジノに出入りしていることを脅され、最終的にその情報を『フライデー』にリークされたといいます。

<↓の画像は、『フライデー』掲載の闇カジノ店内で撮影された写真>
フライデ^ー掲載のバカラ賭博に興じる遠藤要と清水良太郎

闇カジノ店でバカラ賭博に興じる遠藤要

ちなみに、清水アキラさんは12日に行った会見で、「フライデーが出る前から知っていたんですよ。事務所に電話がきて『清水アキラを出せ』と、『こういう写真があるから買ってくれ』と。きっぱりと私の方は断りまして、それからフライデーさんから電話があった状況ですから…。(電話の相手は)一緒にいた人じゃないですかね」と明かしています。

業界関係者によると、不良っぽい連中との付き合いを続けていた清水良太郎容疑者は、タレントの卵のような女性を口説いていたという話もあるといい、ギャンブルや薬物だけでなく、やはり女遊びもしていたようで、今後さらに女性関係の話も出てきそうです。

清水良太郎容疑者がいつ頃から薬物に手を染めたのかは不明ではあるものの、以前から一部では薬物の噂が出ていたといい、清水アキラさんも会見で「10日くらい前に、ゴルフのマナーが悪いので叱ったら、初めて『オマエふざけんな』と私のことを怒鳴ったんですよ。『お前、俺にそういう口がきけるならほかの人にもそういう口をきいているんだな。なら(事務所を)辞めろ』と言って、本人も『辞める』と言っていた。言われてみれば、すでに薬の影響があったのかも」と、様子がおかしかったことも明かしています。

<↓の画像が、12日に会見した清水アキラさんの写真>
号泣会見した清水アキラ

また、ニュースサイト『デイリーニュースオンライン』によれば、清水良太郎容疑者は暴走族グループの半グレとも親しくしていたようなのですが、これらの報道を受けてネット上では、

  • 清水アキラは厳しく育てたと言うが、その定義は世間と大きくズレていて、甘やかされて育ったんだろうというのが手に取るように分かる。
  • こんな人を芸能人にした清水アキラさんにも責任がある。厳しく育てたんなら 独自の事務所や無く、別の厳しい事務所に行かせるべきやった。
  • こいつ、高畑よりひどい。もう復帰は絶対あり得ない。
  • 執行猶予なしの実刑になった方が本人の為になるかもね
  • 事務所を解雇しても絶対改心はしないと思う。そして今後も勢いを増して転がり落ちていくと予想。父親も泣いたフリしてたけど、内心は関わり合いになりたくないんじゃないかな。子供ならまだしも30近くなってこれじゃ、まず更生は不可能。育て方間違ったんだか、根がおかしかったのか知らんが、完成したもんは治らんよね。

などのコメントが寄せられています。

今回の事件を巡っては、清水良太郎容疑者に対する批判だけでなく、清水アキラさんに対する批判も多く上がっており、大人になってからもお金や仕事などを与え、甘やかしていたからこうなってしまったのではないかといった意見が多くみられます。

これは清水良太郎容疑者に限ったことではなく、芸能人の子供たちに共通して言えることで、過去には女優・三田佳子さん、俳優の藤田まことさん、中村雅俊さん、橋爪功さん、若山富三郎さん、元チェッカーズのリーダー・武内享さんなど、数多くの芸能人の子供たちが薬物関連の事件を起こし、その他に薬物以外でも逮捕されている芸能人の子供は多くおり、やはり生まれた時から何不自由ない生活を送り、お金を持っていることで悪い連中が近付いてきやすく、さらに社会経験や苦労があまりにも少ないことから常識などが欠如し、安易に犯罪に手を染めてしまうのではないかと言われています。

元を辿っていくと、やはり親の育て方や環境などに問題があったとなってしまうのですが、20歳を過ぎ、家庭を持って以降も悪事を繰り返すというのは、本人にも大きな問題があるのではないかと思います。

今回、覚せい剤の使用容疑で逮捕され、初犯ということから懲役2~3年、執行猶予3~4年で実刑とはならない可能性が高いとみられていますが、逮捕されたことをきっかけに、一度ドン底にまで落ちて大きな苦労を味わなければ、再犯するのも時間の問題となる気がします。

清水アキラさんは会見で「事務所をクビにする」「自分の力ではい上がるしかない」などと語りつつも、薬物依存だった場合のサポートについて聞かれると「やっぱり、家族ですから。それはやらなきゃいけないかも…」と答えていたのですが、今後のサポートは最小限にとどめ、自身の力で更生し社会復帰をさせていってほしいと思いますね。

6件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAwMzM3MDc1

    親が真っ黒なんだからそりゃ悪い子供になる
    普通のこと
    なんかテレビでは息子だけが道に外れたみたいな報道してるけど

  2. 2
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    親の背中みて育つもんね。
    でも、いい年して、親はもはや関係なし。

  3. 3
    匿名
    ID:MjEyOTgzMTQx

    善と悪くらいわかる大人で
    自分も子の親になったのに
    父親に謝罪させる事がどれほど恥ずかしい事か。
    性格に問題あるのは親の責任でも犯罪は自分の責任。

  4. 4
    匿名
    ID:MjExNTg0NTA0

    息子さんがやらかしたことでしょう?何で父親が謝罪しなきゃいけないの?タレント2世はいらね。キムタク夫妻を見てみな?2人の娘さんがいるけれど、芸能界デビューには反対しているし、そっちの方がいいと思う。

  5. 5
    匿名
    ID:MjEyNzg2NTIz

    2世とか言われたくないなら デビューするなて言いたい。

  6. 6
    匿名
    ID:MTc4NjkwNTE4

    父親は精一杯育ててるよ!結果は子供しだい😓

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について