鈴木砂羽の土下座強要、パワハラ疑惑騒動が完全終結へ? 鳳恵弥&牧野美千子の事務所社長・関口忠相「収拾はついた」と語る

鈴木砂羽

女優・鈴木砂羽さん(44)から土下座を強要され、罵声を浴びたなどと訴え、13日に開幕した舞台『結婚の条件』を降板した女優・鳳恵弥さん(おおとり・えみ 36歳)、牧野美千子さん(52)が所属する芸能事務所『しぃぼるとぷろだくしょん』の関口忠相社長が14日、『スポーツニッポン』(スポニチ)の取材に対し、納得のいかない点は多いとしながら「はっきり言えば、私の中では収拾はついた」と、騒動の終結を宣言していた事が明らかになりました。

今回のトラブルをめぐって、鈴木砂羽さんや舞台のプロデューサー・脚本家の江頭美智留さん側は、13日に報道陣の取材に対して「(土下座強要などの)そういう事実はございませんし、人道的に彼女たちの人格や尊厳を痛めつけるような罵声を浴びせたこともございません」土下座強要を完全否定。

<↓の画像左が鳳恵弥さん、右が牧野美千子さん>
鳳恵弥&牧野美千子

その一方、14日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系 月~金曜13時45分)に生出演した関口忠相社長は、「そこにいた人間から報告を受けて、うちの事務所の人間2人、江頭先生からも報告を受けています。加えて砂羽さんの事務所のマネジャーさん、そして出演している方からも、この状況を止められなくて申し訳なかったというふうに謝っていただいた中で状況を確認している」と説明し、「(土下座強要は)あった」と判断しているなどと語っていました。

また、鈴木砂羽さんの担当マネージャーとも電話で話した際に、土下座については否定したものの、「こういうようなことがあったことに関しては、本当に申し訳ない。私もやり過ぎだと思ったから止めに入りましたし、すいませんでした」と話していたと明かしています。

<↓の画像が、『しぃぼるとぷろだくしょん』の関口忠相社長の写真>
関口忠相

その他にも、関口忠相社長が江頭美智留さん側と電話で話した際に、「代役を立てるなら公演を中止にするか、鈴木さんのパワハラを公式に発表するか決めてほしい。幕は開きませんよ。差し止めしますよ。週刊誌から土下座の取材がうちに来ていますので」と脅し、5時間にわたって電話をしたということについても、「そういった事実はそもそもがないです。5時間も脅し続けるほどの体力もないですし」「全く事実でないこと」と完全否定しています。

そうした中で、関口忠相社長はスポニチの取材に対して、「2人が床に座って謝っているように見えたと複数の人間が証言しているのが根拠」だと主張。

もう1つの問題は鈴木砂羽さんが怒ったとする理由について、鳳恵弥さんと牧野美千子さんが9日に仕事の都合で、その日の2回目の通し稽古に参加することができなかったのが原因とされているのですが、関口忠相社長は「スケジュールは事前に主催者へ報告していた」とし、「演出上の問題でうちの女優が何を言われても何の文句もないですが、演出と何も関係のないところだったのが降板を決心した理由」と説明。

しかし、「私は現場に居合わせてはいなかった」「双方の見解の相違ということもある」と話し、今回トラブルになった鳳恵弥さんと牧野美千子さんについては、「仕事のスケジュールは入っているし、気分を一新して次に向かってくれている」「気持ちの整理はほぼついている」と語っています。

また、江頭美智留さんの方からは今回のトラブルを受けて、「ギャラを満額払う」という打診をされたものの、「ギャラとしてなら受け取るつもりはない」と話していたとのことです。

そして、これに対してネット上では、

  • 結局、何だったの今回の騒動って。
  • 収拾ねえ……何か、主張するだけして、女優の名前を売って事務所は元をとったような感じがするけど。世間は納得しにくいだろうね
  • これ以上やると事務所ごと仕事無くなりそうだから、ひいたんだろ。鈴木を叩く意見より、公演2日前に降板した役者を叩く意見が多かったからな
  • 女優さんにブログを書かせた事が間違ってたんじゃない?何でもかんでもブログで言いっ放しはどうかと思う。
  • 訴えられたら勝てないから降りたわけだ。女優達の名前は売れたかもしれんが、こいつと事務所の信用は落ちたな。
  • この急展開はホリプロから何らかのアクション、経済的な支援や仕事の斡旋みたいなことがあったんだろうか。この場合、それで双方が納得して幸福になるのなら、別に悪いことでもないと思うけど
  • 何だこの社長 言うこと言って賢者タイムになっただけじゃねーか
  • 鳳の話を鵜呑みにして騒いだけど、鳳の話がどうもウソってことが分かったし、これ以上騒いだら鳳のウソが世間にバレそうになったんだろw
  • 口止め料もらってとりあえず黙ることにしたか、怖い人がやってきて大変なことなったか裁判おこすよと言われただけだろうな。どうせまた蒸し返しそうだわ。

などのコメントが寄せられています。

鈴木砂羽さんの土下座強要を断言していたにも関わらず、スポニチの取材に対しては一気にトーンダウンしているため、裏で何かあったようにしか思えないのですが、今回の件で鳳恵弥さんと牧野美千子さんのイメージが悪化し、今後の仕事にも影響を及ぼしかねないことから騒動を終結させようと思ったのでしょうか。

また、江頭美智留さん側は今回の件をめぐっては、「今後も砂羽さんにまで迷惑がかかるなら、法的措置を取る可能性はゼロじゃない」とも話していたため、泥沼の争いになるのを避けるためとも考えられ、結局はこれ以上騒いでも何の得にもならないと判断したということなのかもしれないですね。

これで終結となると、鈴木砂羽さんによる土下座強要、罵声を浴びせるなどのパワハラ行為があったのかどうか真相は藪の中となりそうですが、ニュースサイト『日刊サイゾー』や『アサ芸プラス』によると、鈴木さんは以前から精神的に不安定なところがあったといい、追い詰められると“ぶっ飛んだ”行動に出るとし、撮影現場で台本を書き換えさせることも多々あり、パワハラ行為も業界で有名だったとも芸能関係者は語っています。

この話がどこまで本当なのかは不明ですが、鈴木砂羽さんは2015年にも週刊誌『週刊女性』と『女性セブン』によって、ドラマ撮影現場でのトラブルを報じられており、篠原涼子さん主演の『オトナ女子』(フジテレビ系)に出演した際に、スタイリストが用意した衣装が気に入らずに「ちょっと。こんなダサい服、着てられないわよ」と激怒していたとのこと。

<↓の画像は、『オトナ女子』に出演していた鈴木砂羽さんらの写真>
『オトナ女子』の出演者

また、出演者が出番を待つ控室で待機している時には、撮影時間が1時間ほど遅れていることにイラ立ち、付き人に対して「オイ、いつまで待たせるんだよ。助監督呼んで来いよ!」と怒り、近くにあったイスを蹴りながら大声で怒鳴りつけていたといいます。

監督と演技について打ち合わせをしていた際には、「このセリフ、長いからカットね。ここもいらないからカット」といい、監督から「いや、さすがにそれは……ほかの出演者さんのセリフもありますので」と説明されたものの、気にせずセリフを書き換えていたそうです。

さらに、屋外ロケで出番までロケバスで待機していた時にスタッフが呼びに来ると、「うるさいよ、ひっぱたくよこの野郎!」と叫んでいたとも報じられていたのですが、この件について鈴木砂羽さん本人は自身のインスタグラムで、「やー!うるさい!」「週刊誌さまが何やらまたワタクシのことを書いて下さいました。こりゃー、一言で言うと『マジ、ない!』ですね」と否定し、「えーと、これは誰得なんでしょうかね(笑)とりあえずよくわからんけど、あざーす!」と綴っていました。

こうした話が以前から出ていたため、今回の騒動でも実際にパワハラ行為があったのではないかという声も多く、鈴木砂羽さんのイメージにも悪影響を与えてしまっているのですが、これから気持ちを入れ替えて再び仕事に集中し、女優として活躍する姿を見せてほしいと思います。

参照元
  • http://news.livedoor.com/article/detail/10842700/
  • http://news.livedoor.com/article/detail/13609055/
  • http://news.livedoor.com/article/detail/13612660/
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について