鈴木砂羽が鳳恵弥&牧野美千子の舞台降板騒動を説明、土下座強要等のパワハラ疑惑を完全否定! 法的措置検討し裁判に発展の可能性も…

鈴木砂羽

劇団クロックガールズの舞台『結婚の条件』の初日公演が13日に行われ、主演・初演出を務めている女優・鈴木砂羽さん(44)が公演終了後に報道陣の取材に応じ、舞台を降板した女優・鳳恵弥さん(おおとり・えみ 36歳)、牧野美千子さん(52)とのトラブルについて言及し、土下座強要や罵声を浴びせたというパワハラ疑惑などを否定しました。

今回の騒動は、鳳恵弥さんと牧野美千子さんが所属する芸能事務所『しぃぼるとぷろだくしょん』が公演2日前の11日、「演出鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為」を理由に舞台を降板したと発表し、一方の鳳さんは自身のブログで鈴木砂羽さんから土下座を強要された、罵声を浴びせられたなどと訴えたことによって表面化しました。

<↓の画像左から牧野美千子さん、鈴木砂羽さん、鳳恵弥さん>
鈴木砂羽と鳳恵弥、牧野美千子

これを受けて鈴木砂羽さんは初日公演終了後に報道陣の取材に応じ、「私は、本当にまったく、土下座をさせたということは全くございません。ここではっきり主張させていただきますが、人道的に彼女の人格や尊厳をめちゃくちゃにするような罵声を浴びせた事実はございません。演出家として、演出に関して彼女とコミュニケーションを取ってきたつもりでした。状況としては、みんなもダメ出しをしていたところで、1人1人役者さんに、いろんなオーダーをしていたところ。土下座という状況ではなかった」と、土下座強要や罵声を浴びせたというパワハラ疑惑を完全否定。

<↓の画像が、舞台終演後に報道陣の取材に応じた鈴木砂羽さんの写真>
報道陣の取材に応じた鈴木砂羽

また、2人の降板が正式に決定する前に鈴木砂羽さんが代役を勝手に立てていたという話についても、「土下座と言われる日?の次の日に、2人はもうここには来ません、どうやら降板するらしいとなった。どういうことなんですか?降板ということですか?と聞きましたら、次の日に江頭先生が降板だと言った。私は彼女たちと話もしてないけど、どうするんだ?ということで、何せ初日の2日前だったので、慌ててみんなで知ってる役者さんに声を掛けようと、役者さん探しをした。その時に、必ずここは言いたいんですけど、降板は決定ではなかったんです。まだ彼女たちが戻ってくる可能性があるかもしれませんから、待ってくれと言っていました」と、代役を立てたという疑惑についても否定しています。

この日、劇団クロックガールズの主宰で、舞台のプロデュース・脚本も担当している脚本家・江頭美智留さん(54)のマネージャー・木村元子さんも報道陣の取材に応じており、今回のトラブルについて「江頭本人の力のなさとして反省している。誠意を示すために(降板した2人に)ギャラを満額払う意思がある」と話した上で、女優2人の事務所の主張は「虚言」だと断言。

<↓の画像は、江頭美智留さんの写真>
脚本家・江頭美智留

事務所側からは、「代役を立てるなら公演を中止にするか、鈴木さんのパワハラを公式に発表するか決めてほしい。幕は開きませんよ。差し止めしますよ。週刊誌から土下座の取材がうちに来ていますので」という脅しがあったと暴露し、「そんな事実がないのに、砂羽さんのパワハラというのが表に出てしまったら、自分がお願いしたのに申し訳ないという思いで、(江頭美智留さんが)一度は中止を考えました」と経緯を説明していました。

続けて、「こんな舞台裏の恥ずかしい話を話すのはお客様に申し訳ない。誰にも得にならないと先方に申し上げたが『私はそう思わない』と言われた。江頭は一度、お仕事をご一緒した方にそこ(法的措置)まではしたくないと言っているが、今後も砂羽さんにまで迷惑がかかるなら、法的措置を取る可能性はゼロじゃない」と、場合によっては法的措置も検討することも明かしています。

鈴木砂羽さんと江頭美智留さんはこのように主張しているのですが、『しぃぼるとぷろだくしょん』の関口忠相代表は、情報ワイドショー番組『ビビット』(TBS系 月~金曜午前8時)の取材を受け、鈴木さんが報道陣に話した内容について「彼女がこれをコミュニケーションだと言うつもりがあるとしたら、途中で、コミュニケーションのつもりでやったから本気で言わないで、というはずなのに、頭を下げる様を見て『ぬるい』と言って、土下座する様を見て『土下座をあっち側にもしろ』と言うコミュニケーションは、ちょっと私はコミュニケーションとは思わない」と反論。

<↓の画像が、『しぃぼるとぷろだくしょん』の関口忠相代表の写真>
関口忠相

さらに、関口忠相代表は『東京スポーツ』(東スポ)の取材にも応じており、「鈴木さんは当社の女優に対し『私は江頭さんのA社が面(テレビ、映画)を知っているが、あなたたちはB面(舞台)しか知らない』と小バカにし、『今度、私のプロデュース公演をするつもりなので、この舞台はいい“練習”になると思う』と作品を軽く見ていた」「確かに鈴木さんは売れっ子かもしれないが、舞台の素晴らしさは会場の大きさによるものではないし、“格下”と見たキャストを人でなく物として扱うような態度は間違い。」と語っています。

舞台を降板した経緯についても、江頭美智留さんの方から「戻ってほしい」と言われて承諾したものの、「すでに鈴木さんサイドが代役を決めてしまっていた。江頭さんが公演中止を検討すると、鈴木さんが『あんたにはそんな権利はない』と突っぱねた」と説明し、その後鈴木砂羽さんのマネージャーが謝罪に来たことも明かし、「鈴木はこれまでトラブル続きで、ウチの“お荷物”だった。本当に申し訳ない。ただ会社として謝罪してしまうと、鈴木を守ることになってしまう。会社としては見放しているので、劇団が鈴木を降板させるなり、どうとでもしてほしい」と話していたとしています。

このように両者の主張は食い違っており、女優2人の事務所は鈴木砂羽さんに対してかなり怒りをあらわにしている様子から、今後も鈴木さんへの非難を止めることなく争いは続く事になりそうで、最悪の場合裁判に発展することになるかもしれません。

なお、14日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系 月~金曜午前8時)では、木曜コメンテーターの元オセロ・松嶋尚美さん(45)が、舞台の稽古に参加していた劇団員から聞いた話を明かしており、「私の事務所の女の子がこの劇団に入ってて、その現場も見てたらしいねんけど、『砂羽さんが土下座させるとかそんな空気ではなかった」って、その子が見てる限りでは言ってた」といい、「(鳳恵弥さんの)勘違いとか、『(土下座を)させられてる』と思い込んでるとか、そういうことかもね」と話しています。

新たにこうした話も出ていることから、鈴木砂羽さんが土下座を強要したということについては事実ではなく、罵声を浴びせたということについてもパワハラなどと言うほどのものでもなく、あくまでも演技指導の範疇(はんちゅう)だった可能性もありそうです。

もしそうだったとして、次に気になるのは鈴木砂羽さんが2人の代役を勝手に決めていたということについてで、鈴木さんと江頭美智留さん側はこれについて否定しているのですが、江頭さんのマネージャーと関口忠相代表が電話で話し合った結果、鳳恵弥さんと牧野美千子さんに対してギャラを満額支払うことで合意しています。

もし、女優2人が一方的に降板していたのであれば、ギャラを満額支払うという話をすることはないはずなので、これは非があったことを認めるということなのではないかと指摘されているのですが、現時点では話に食い違いがあり、事の真相がハッキリとしていないことから、引き続き今後の展開に注目していきたいところです。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    芸能界って、やくざやヤンキー、芸術家、変人が入り乱れてて、そこにマネージメントも張っててすごく難しそう。

    イメージがどうであれ、誰がほんとのこといってるかなんて、ぜったいわからないし、金かちからで解決しかないね。大変そう

  2. 2
    匿名
    ID:MzUzMTgyMzg4

    録音しろよ
    違うだろハゲーみたいに

  3. 3
    きみ
    ID:MzcyNDc2NDE0

    文句あるならば、舞台が終わってからにしようぜ。blogで愚痴などナンセンス。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について