鈴木亜美の夫と投資詐欺事件の元容疑者の関係を週刊新潮報道。300億円詐取トラブルのメンバーに加担の黒い疑惑…

事件・事故・トラブル 噂・疑惑 音楽

鈴木亜美

近年は激辛好きを活かして様々なバラエティ番組にも出演し、昨年1月にYouTuberデビューもした歌手の“アミーゴ”こと鈴木亜美さん(すずき・あみ 38歳)の夫が、詐欺事件で逮捕された人物の側近だったこと等を週刊誌『週刊新潮』が報じています。

昨年11月にセミナー運営会社『Regolith(レゴリス)』のオーナー・飯田正己さん(56)や元代表取締役ら3人が、60代の女性にウソを言って1億円を詐取した等として詐欺容疑で逮捕される事件があり、同12月には詐欺の立証が困難として不起訴処分が下されたのですが、そんな飯田さんの側近だったのが鈴木亜美さんの夫・K氏だと『週刊新潮』は伝えています。

鈴木亜美さんの夫・K氏が、投資詐欺紛いの商法で知られていたという飯田正己さんと繋がった経緯については、「K氏はブライダル会社を経て、2015年4月、『ロゼッタHD(ホールディングス)』に転職している。このロゼッタHDでトップを務めていたのが、飯田オーナーだった。」としています。

『ロゼッタHD』については、「中高年女性をターゲットにして資金を集めていた。傘下の会社が運営するイベント団体『Hana倶楽部』に参加した会員に、1~3割の配当を約束したうえで、ゲーム機やミネラルウォーターへの投資を持ちかける商法を展開。会員向け季刊誌『Brilliant』には安倍晋三元首相の昭恵夫人らを登場させて箔付けに使い、300億円近く集めたと見られる。だが配当はおろか元本も返済されず、被害者が続出。会員に自殺者も出て社会問題化した」と説明しています。

その後、『ロゼッタHD』の事業を引き継ぐ別会社として『Regolith(レゴリス)』が設立され、「2016年7月、K氏はレゴリスの取締役になり、複数のグループ会社でも代表に就いた」とのことです。

『週刊新潮』の取材に応じたレゴリスの元幹部は、「Kは名古屋市内に住む77歳女性に、『レゴリスはシニア世代向けの社会貢献事業を展開しています』と売り込みを図りました。そのうえで、『長野にシニアのための施設を建設する予定で、その資金援助をお願いできませんか?』と持ちかけたのです」と語り、その女性はK氏の口車に乗せられて出資、さらに担保として不動産も差し出したといい、被害総額は7,600万円に上るそうです。

ただ、K氏は逮捕を免れ、飯田正己さん等も不起訴処分が下されており、現時点ではそこまで大事にはなっていないようですが、『週刊新潮』の報道を受けてネット上では、

  • 最近やたら鈴木亜美が出てくるなと思ったらこういう事か
  • 芸能人と結婚する一般人って胡散臭いの多いな
  • 日本人はポンジ・スキームに引っかかりすぎ
  • 確か鈴木亜美が旦那と知り合ったのって海外旅行中のナンパだよね。まぁ、そんな感じの人がこんな仕事してるんだなって納得してしまった。
    ナンパが絶対悪いとかでは無いけど、知り合うきっかけとしてはリスクを含んでると思うね。
  • 芸能人と知り合う金持ちはこんなのばかりでしょ。オレオレ詐欺だって、大金持ちになった後にやる事と言えば有名人とコネ作ったり、逮捕されないための根回しじゃん
    結果金に釣られた芸能人がパーティーとか紹介で知り合い結婚、当然財界の大物ともコネつくるから逮捕なんてされない
  • 大して仕事もしてないのに贅沢な生活してると思ったわ。騙した金でいい生活して心痛まないのかな

などの声が上がっています。

鈴木亜美さんは2015年12月に、旅行先のシンガポールで7歳年下のK氏(当時27歳)にナンパされて交際開始、2016年7月1日にできちゃった結婚し、2017年1月12日に第1子となる長男(5)、2020年2月15日に第2子の次男(1)を出産しています。

<↓の画像は、鈴木亜美さんの夫と子供たちの写真>
鈴木亜美の旦那と子供の画像

ナンパからのできちゃった結婚を巡っては物議を醸したものの、幸せな家庭を築いている様子だったのですが、夫が詐欺まがいの行為で数年前から問題視され、複数のメディアにも報じられていたロゼッタHDに入社、さらにレゴリスで取締役を務めていたというのは、かなり衝撃的な情報です。

2009年に設立されたロゼッタHDは、化粧品・健康食品・美容器具の販売指導などを手掛け、2013年に子会社『Shunka』を設立、同社は「中高年の富裕層女性の社交サークル」とする『Hana倶楽部』の運営を行っており、そこに集まったセレブ志向の中高年女性らに投資話を持ちかけ、ロゼッタHDと合わせて300億円とも言われる金を集めたとされています。

しかし、投資に対する配当は2016年5月末に停止、その直前にShunkaの幹部がレゴリスを設立、「こちらに投資したらShunkaに投じた元金が早く戻る」などと言って、投資者からさらに金を集めて被害が拡大し、2017年11月には投資金の未返還問題の被害者である1人が裁判所に債権者破産の申し立てを行い、2018年1月にロゼッタHDは東京地裁から破産開始決定を受けており、同社の債権総額は59億円超えでした。

なお、鈴木亜美さんの夫とみられる人物は2016年6月にレゴリスの取締役に就任するも、2017年11月末には辞任しており、これまでに詐欺容疑等で逮捕されたわけでもないようですし、現時点では何とも言えないのですが、今後もし逮捕でもされたら鈴木さんの仕事に影響が及ぶのは必至で、バラエティ番組などから姿を消すことになるでしょうね。

参照元
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2022/01131040/
  • https://access-journal.jp/62656
  • https://access-journal.jp/53323
  • https://facta.co.jp/article/201801040.html
  • https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63382
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4NTI2NTQx

    青年実業家とかそういう肩書きとかってなんの商売なん

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMzI0NDk2

    初めて会ったとき自分が芸能人だということを旦那が知らなかったということをさも本当かのようにテレビで言いふらしてるけどみーんな心の中で(騙されてるってわからないの?芸能人への常套手段でしょ・・・とんだお馬鹿さん・・・)って思ってることをわかっていない
    裸の王様状態w

  3. 3
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    捕まる

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!