華原朋美の夫が騒動謝罪、事務所と契約継続報告も批判殺到。離婚歴や隠し子、元妻にDVの真相発覚で物議。

事件・事故・トラブル 破局・離婚 音楽

華原朋美

芸能事務所『伝元(でんげん)』の社長で、歌手・華原朋美さんのマネージャーを務める夫・大野友洋さんが、華原さんのツイッターを通じて一連の騒動を謝罪し、華原さんのマネージメントも継続することを明言しました。

大野友洋さんは週刊誌『週刊文春』によって、華原朋美さんに過去の結婚・離婚歴をひた隠しにしていることや、元妻へのDV問題、3人の“隠し子”の存在などを報じられ、この報道に大きなショックを受けた華原さんはYouTubeに、現在の心境や今後について語る動画をアップ(既に削除済み)しました。

華原朋美さんは動画で週刊文春の報道が事実であることを認め、「私はもし(夫に)結婚歴や離婚歴、子供がいたと知っていたら、絶対に結婚はしませんでした」「みっともない主人で、尊敬もできません」「本当に憎い話」などと語っていました。

<↓の画像は、華原朋美さんと夫の写真>
華原朋美と結婚した旦那の顔画像

また、記事が出る3日前の5月7日に、夫が山中で“練炭自殺”を図ろうとしていたこと、華原朋美さんと結婚後も隠れて元妻と連絡を取り、子供とも会っていたこと、現在は弁護士を入れて今後について協議していることなどを明かしていました。

この動画が大きな波紋を呼ぶ中で、大野友洋さんは15日夜に華原朋美さんのツイッター上で謝罪コメントを出し、この度伝元大野友洋が妻で歌手である華原朋美を裏切った件に関し深く深く謝罪をし双方長い話し合いを重ねまして今後も華原朋美は伝元所属の元でお仕事をする事となりました事をご報告致しますプライベートとは関係ございませんご迷惑とご心配をお掛けしまして申し訳ございませんと、一連の騒動を謝罪すると共に、マネージメントの継続を報告しています。

<↓の画像が、華原朋美さんの夫の謝罪ツイート写真>
華原朋美の旦那の謝罪ツイッター画像

また、プライベートでの話し合いはまだ解決しておりません。妻を深く傷つけた事に間違いはございません。これから話し合いの場を作り、話し合っていく予定です。伝元代表取締役 大野友洋と、夫婦の今後については、話し合いを続けていくことも明かしています。

<↓の画像が、華原朋美さんの夫の謝罪ツイート写真>
華原朋美の夫が週刊文春報道を謝罪Twitterコメント画像

そして、華原朋美さんの夫の謝罪コメントなどを受けてネット上では、

  • 反省してなさそうな投げやりな文章
  • いちいち外部へ伝えずに内輪でやって
  • 個人の問題っていうより、会社として成立しているのかな?ほかにちゃんとした人いないの?広報とか
  • 朋ちゃんやともちゃんの息子ちゃんをこれ以上傷つけないで下さい。朋ちゃんにはいつも笑顔で居てほしいのです
  • あなたはファンからの信用も失いました。これからも信じるつもりはありません。
    あなたのお名前も発信も見たくも聞きたくもたりません。ましてや朋ちゃんのアカウントから…
  • 小林麻耶さんの夫も改行や句読点等がない文章だったな。お騒がせする人はそういう文章書くとか、なんか共通点でもあるんかね。
  • 朋ちゃんが選んだんだから朋ちゃんの責任になる。その上でこの先判断して欲しい。でも簡単には離婚して欲しくない気もする。
    朋ちゃんには復活をしてもらって小室ファミリーの名曲を歌い継いで欲しい。それだけで食えるよ。なんとか立ち直って欲しい。
  • プライベートは今後どういう形になるにせよ、マネージメントを続けていくなら「歌手 華原朋美」を活かすマネージメントをしてあげて欲しい。
    これからも朋ちゃんが歌える環境やお仕事を全力で作ってあげて欲しい。

などの声が上がっています。

華原朋美さんの夫がファン等に対して謝罪するのは今回で2度目で、1度目は4月にファンを蔑ろにする行動を取っていたことが発覚し、華原さんがツイッター上で情報を拡散したことで騒動となり、ファンクラブサイト上で謝罪しました。

それから1ヶ月も経たないうちに新たなトラブルが勃発し、騒動を謝罪した上でマネージメント継続も発表していますが、句読点の無い読みにくい文章に対する批判や、華原朋美さんにも大きなウソをつき、裏切りによって傷をつけたことでファンたちも怒り、今後を心配する声が多く上がっています。

華原朋美さんと大野友洋さんはこのまま離婚となるのかどうかは分かりませんが、週刊文春の報道や華原さんがYouTubeで明かした様々な問題を聞いた限りでは、子供を守るために夫婦関係は解消した方がいいと感じます。

一方で仕事面に関しては、華原朋美さんの努力はもちろんのこと、大野友洋さんが様々なサポートをしていたことで仕事が激増し、テレビ番組などにも出演できるようになったと思うので、もし離婚したとしてもマネージメントを続けていってほしいと思いますが、今後また新たなトラブルが勃発するのではないかと心配になりますね。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!