織田信成モラハラ被害で浜田美栄コーチ提訴。関西大学監督辞任問題が裁判に発展。トラブルの原因と訴訟の理由は…

織田信成

プロフィギュアスケーターの織田信成さん(おだ・のぶなり 32歳)が18日、9月に退任した『関西大学』のアイススケート部監督時代に、浜田美栄コーチ(はまだ・みえ 60歳)からモラハラ(モラルハラスメント)を受けたとして、慰謝料など1100万円の損害賠償を求めて大阪地方裁判所に提訴したことを発表しました。

織田信成さんは2017年4月に、母校・関西大学のアイススケート部監督に就任しましたが、訴状によると、就任直前の2017年3月ごろから指導方法などをめぐって対立し、浜田美栄コーチから無視や陰口などのモラハラ行為が始まったと主張しています。

<↓の画像は、織田信成さんが提訴した浜田美栄コーチの顔写真>
濱田美栄コーチ

また、様々なモラハラによって精神的苦痛を受け、これが原因で今年春には40度を超える高熱、筋肉の震えなどの症状が現れ、3月26日~4月2日にかけて大阪府高槻市内の病院に入院し、退院後も恐怖や不安から変調が続き、監督を継続できない状態になったと訴えています。

織田信成さんは提訴を決意した理由について、「関西大に7月1日にこの件での調査を依頼したのに2ヶ月なんの報告もなく、なんの調査も行わず、ハラスメントはなかったという報告を受けた。諦めに近い気持ちだったが、関西大にはこの件を明らかにする気持ちがないんだということで提訴に至りました。」と経緯を説明し、「リンクで練習している学生たちがより健全に練習できるようにという気持ちで提訴に至りました」「フィギュアスケート界の悪弊へ一石を投じる思いで提訴に至った。裁判を通じ事実を明らかにしていきたい」などとコメントしています。

そして、織田信成さんが浜田美栄コーチを相手取り、損害賠償を求めて裁判を起こしたことに対してネット上では、

  • ついにね!自分が指導してる選手がいい成績をとってるからちょっと天狗になりすぎたのかね…関西大学の対応もまずかったね。
    フィギュアスケートのシーズンも始まっているし、所属してる選手が動揺しなきゃ良いけど。
  • 織田くん大丈夫?凄く暗くていつもの織田くんじゃないね。提訴して織田くんにマイナスにならないといいけど…また、明るい織田くんに戻って欲しい
  • ここまで踏み切った織田側には頑張ってもらいたい。この世界、闇に葬られた各種ハラスメントは沢山ありそうだから、一石を投じる意味でも必要な行為だと思う。
  • 織田さんにとって賠償金よりも、真実を明らかにして欲しいんだろうな。それがひいてはフィギュア界のためになると思っているのだろう。
    訴えられた側もやましいことがないのならば、是非真実を明らかにするよう協力をしてほしいものだ。
  • きっと、織田さんは訴えたくなかったと思うなあ。でも、白黒つけるには賠償を求めて提訴するしかないし。
    浜田コーチが率直に謝っていれば、こんなことにはなっていない気がする
  • フィギュアスケート界も闇が深いね。会見を観ているが、織田さんずいぶんと疲れている感じがする。
    濱田コーチは気に入らないと攻撃するタイプに思える。宮原選手や紀平選手に影響が及ばないといいけど。
    ただでさえ、日本のフィギュアスケートの全盛期に陰りが見えているのに、これ以上混乱したら心配だ。
  • 十分な勝算があるのかないのか…下手をしたら自分の首を締める行為にもなりかねない。弁護士や支援者、証言者を味方につけて頑張ってほしい。
  • 濱田コーチの行為(無視、陰口、激高、嘘の流布)は明らかにパワーハラスメントですね。事実だとすれば本当に残念です。
    ただし、これだけで判断するのは公平ではないので、濱田コーチの記者会見も見たいです。

などのコメントが寄せられています。

織田信成さんは提訴する前に週刊誌『週刊新潮』のインタビュー取材に応じ、浜田美栄コーチのモラハラ行為を訴えており、関西大学アイススケート部の監督就任を決意した理由は、学長や浜田コーチから粘り強く説得されたからだと明かした上で、今年9月に突然監督辞任を発表した理由は、「浜田先生から受けた度重なるハラスメント行為、つまり嫌がらせです。」とハッキリと答えています。

具体的にどのようなモラハラ行為があったのかについては、関西大学のスケートリンクは選手たちの安全のため、1人のコーチがリンクで同時に指導するのは3人までというルールがあり、このルール自体は浜田コーチが作ったものだったそうですが、ある日の練習で“浜田チーム”のサブコーチが5人以上の選手をリンクで滑らせているのを織田信成さんが目撃し、それを受けて浜田コーチに「危ないのでやめてもらえませんか」と伝えたところ、「アンタは間違ってる!」と激怒されたとしています。

それから間もなく、浜田美栄コーチは織田信成さんのことをあからさまに無視するようになったといい、スケート場ですれ違いそうになると体ごと背けるなど、織田さんと口を利きたくないという態度を取ったり、織田さんの方を見ながら別のコーチとヒソヒソと話すことも増え、浜田コーチが陰で「織田君は監督になってからエラそうになった」「監督の権力でスケート部の伝統を変えようとしている」などと、ウソを言いふらしていたと語っています。

そんな浜田美栄コーチの教え子の1人は記事で、「浜田コーチの指導は非常に厳しく、『怖い』と感じることもありました」と明かし、ジャンプが上手く跳べなかった際には「コラ!何で跳べないんだ!」と怒鳴ったり、選手の体重が増えて動きのキレが悪くなると「このデブ!」と一喝していたと証言しています。

関西大学関係者も、「リンクのフェンスを蹴飛ばして教え子たちを威圧したり、ジャンプが上手く跳べない子の髪を掴んでリンクに叩きつけたこともある。こうした“指導”が原因となって、関大のリンクで練習するのを止めた子供もいるくらいです」と語っています。

こうしたタイプの浜田美栄コーチと対立した織田信成さんは、その後も選手たちの練習時間を巡ってトラブルに発展し、浜田コーチは織田さんに直接怒りをぶつけるようになったといいます。

今年3月から選手たちの学業との両立を考えた練習時間に変更したところ、浜田美栄コーチはイラ立つようになり、織田信成さんに向かって「この練習時間は評判が悪い!これじゃ、子供たちの練習ができない!」と怒鳴ったといい、その後も挨拶が無視されたり、これ以上に陰口を叩かれるようになったため、織田さんはストレスから高熱を出して入院、これによって出演予定だったアイスショーなど、複数の仕事をキャンセルすることになったとしています。

その後も浜田美栄コーチのモラハラは続き、6月になると「うつ状態」となり、耳鳴り、めまい、吐き気などの症状があらわれ、スケートリンクに行きたくないと思うようになってしまい、実際に監督を辞任するまでの3ヶ月間は一度もリンクに行くことができなかったといい、その間も浜田コーチは「織田君が私を辞めさせようとしている」といった“デマ”を関係者に流していたという話を聞いていると語っていました。

これらはあくまでも織田信成さん側の主張なので、どこまで事実なのかは定かではなく、訴訟を起こされた浜田美栄コーチがどういった反論をするのかに注目ですね。

織田信成さんはプロフィギュアスケーターとして活動しているだけでなく、様々なテレビ番組でキャスター、コメンテーターなども務めており、裁判を起こすことによって自身のイメージに悪影響が及ぶだけに、週刊誌で語った内容にウソなどは含まれていないだろうとは思いますが、浜田美栄コーチ側の主張を聞かないと何とも言えない部分もあり、今後どういった展開を迎えるのか引き続き見守っていきたいです。

参照元
  • https://www.sankei.com/affairs/news/191118/afr1911180018-n1.html
  • https://mainichi.jp/articles/20191118/k00/00m/040/142000c
  • https://www.dailyshincho.jp/article/2019/11181350/
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI4NTQxMTU4

    どこの会社にも老害っている。
    徹底的に無視とか勘違いしといて悪評流すとか本当に低レベルな事ばっかするBBA。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について