磯野貴理子と24歳年下夫の本当の離婚理由は金の切れ目か。別れの裏側を週刊女性が報道

磯野貴理子

タレント・磯野貴理子さん(いその・きりこ 55歳)が5月に、24歳年下の夫・高橋東吾さん(たかはし・とうご 31歳)との離婚を発表し、離婚理由が「自分の子どもが欲しい」と言われたことだったと告白したことで物議を醸しましたが、本当の離婚理由は「金の切れ目」だったと週刊誌『週刊女性』のWeb版『週刊女性PRIME』が報じています。

記事では芸能プロダクション関係者が、「要するに、カネの切れ目は縁の切れ目なんです。金遣いが荒く、生活費も稼がないうえに、朝帰りを繰り返す年下夫に貴理子さんの堪忍袋の緒が切れたんですよ」と語っています。

磯野貴理子さんと高橋東吾さんは離婚後も、東京都内の一等地にある高級マンションで同居生活を送っていることが『女性自身』に報じられているのですが、貴理子さんは東吾さんがマスターを務めているバー『ラビットフット (Rabbit Foot)』(2012年4月開店)の運営資金も出しています。

<↓の画像は、『ラビットフット』で撮影の写真>
磯野貴理子と高橋東吾
(左から森尾由美さん、高橋東吾さん、磯野貴理子さん、松居直美さん)

また、今年の正月とゴールデンウィーク中に、高橋東吾さんがハワイ旅行した際の旅費も磯野貴理子さんが出したといいます。

そうした状況の中で、磯野貴理子さんは「もう、お金を出したくない!」と爆発し、これに対して高橋東吾さんは「だったら離婚だ!」と言い返し、離婚に至ったと『週刊女性』は伝えています。

実は磯野貴理子さんと高橋東吾さんは、少なくとも1年前から家庭内でスレ違い、仮面夫婦状態にあったという情報もあるといい、ついに貴理子さんの堪忍袋の緒が切れたことにより、離婚という形になったようです。

しかし、離婚後も高橋東吾さんは磯野貴理子さんの自宅マンションに住み続けているのですが、前出の芸能プロ関係者は、「6月中に、元夫は引っ越します。彼がやっていたバーも、7月に閉店することが決まっています」と明かしています。

また、芸能リポーターは2人について、「今の貴理子さんに、元夫の再出発を応援する気はありませんよ。ましてや元夫が心を入れ替えるなんてこともない。テレビを使って、公開プロポーズで結婚した2人でしたが、お互いの利害関係が一致したから一緒にいただけなんです」と明かしています。

この報道を受けてネット上では、

  • だったら離婚だ!って自分から言えるのがすごい。
  • この紐さんは、また次の金蔓を見つけるでしょう。もういるかもね。
  • 普通の家ならもっと早い離婚になっていたと思う。貴理子さんは我慢したと思います。
    貴理子さんには幸せになって欲しいですね。
  • ある程度、金目当てでない限り男性も女性も24才も上の人とは結婚しないでしょう。
    それだけ年が離れては覚悟しないと駄目だと思うけどね。
  • 離婚理由はひとつではないでしょう。夫婦にしかわからないこと。
    ただ、貴理子さんが離婚してよかった!と思える人生を歩んで欲し
  • 脳梗塞の時は命の恩人だったが、あとは貴理子のカネ目当てだったと思う
  • 酷い話です。離婚して正解です。最初からお金目当てとしか思えないね。
  • 嫁の金で遊んだりして離婚後も居候とはまさに問題だらけのヒモという気がする。
    金の縁が切れた途端に別れ話を出される人の良い貴理子さんが気の毒にも感じる。
    こんなヒモ夫に出て行ってもらって新しい生活をスタートさせて欲しいと心から思う。

などのコメントが寄せられています。

磯野貴理子さんと高橋東吾さんの出会いは東京・赤坂のホテルだったそうで、東吾さんは当時そのホテルでバーテンダーをしていたといい、そこにたまたま貴理子さんが来店して意気投合、デートを重ねるようになって交際をスタートさせました。

2011年には『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で2ショットを初披露し、そこでは高橋東吾さんは「別れるということは考えてない」とし、結婚も前向きに考えていることを明かしていました。

2012年8月に再び同番組で共演した際には、高橋東吾さんからプロポーズして同9月に交際2年で結婚したのですが、同10月に『女性セブン』が報じた記事で高橋東吾さんの知人は、「交際相手が磯野さんとは知らなかったんですが、“年上のマダムとつきあっていて、普通なら食べに行けないような豪華なところに連れてってくれる”なんて“彼女自慢”してたようです。最近は、ホテルのバーを辞めて独立するなんていってて、周りは心配していたんですが…。テレビを見て納得しましたよ」と語っていました。

磯野貴理子さんは結婚前に、東京・南青山に『ラビットフット』をオープンさせており、その裏側についてニュースサイト『サイゾーウーマン』は、「磯野の方が高橋氏に、『結婚するならバーに出資する』といった提案をし、高橋氏がそれに乗った形だったようです。そのため、マスコミ関係者の間では、当初から2人の今後を不安視する向きも強かった」とスポーツ紙記者が語っていると伝えています。

これはどこまで本当の話かは定かではありませんが、高橋東吾さんの収入源だった『ラビットフット』は赤字続きだったと言われ、自宅マンションのローンも磯野貴理子さんが支払っており、経済的な部分も支えてもらっていたことは間違いありません。

そして、正月やゴールデンイーク中にハワイ旅行するなど、これまで散々良い思いをしてきたにも関わらず、「自分の子どもが欲しい」などと言って離婚するというのはあまりにも酷い話です。

ちなみに、2015年5月に『女性自身』の取材を受けた高橋東吾さんは、脳梗塞で倒れたことがきっかけでお酒を飲むことを止めた磯野貴理子さんに対して、お酒を飲みたくならない?と聞いたところ、「全然。だってもっと仕事も続けたいし、あなたとずっと一緒に暮らしていきたいから」と答えたと明かしていました。

それから4年後に、金の切れ目が縁の切れ目で離婚となったという話が『週刊女性』によって報じられ、高橋東吾さんに対するバッシングはさらに強まっているのですが、磯野貴理子さんに対しては応援の声が多く寄せられており、これからの新たな生活で少しでも充実した日々を送ってほしいものです。

参照元
  • https://www.jprime.jp/articles/-/15379
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1740733/
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1746010/
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1737598/
  • https://www.cyzowoman.com/2019/05/post_233645_1.html
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    カトチャの嫁は韓国人だ、金目当てだ、言われてたけどわりとまともな人だった
    この旦那はだんだんきな臭い顔になっていった
    貴理子も脳梗塞見つけてもらったから恩義があり
    すぐに離婚出来なかったんだろう

  2. 2
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    金の切れ目が縁の切れ目、本当だね

  3. 3
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    早く追い出しなさい。甘え過ぎやろ

  4. 4
    匿名
    ID:MzA2OTkyMjg5

    幸せになってほしー!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について