石川遼の性格と態度の悪さに内田裕也がブチギレ激怒!!ハニカミ王子の裏の顔とは!?父親の勝美と性格が似ている!?

石川遼

日本での最年少賞金王記録保持者で、”ハニカミ王子”の愛称で親しまれているプロゴルファー・石川遼さん(22)の悪評がここ数年で続々と出ており、今回ロックンローラーの内田裕也さん(74)が怒りのツイートをして話題になっています。

(↓の画像が、内田裕也さんの写真)
内田裕也

真面目で好青年なイメージがあった石川さんですが、現在はどのような変貌を遂げてしまったのでしょうか…。

【以下引用】

プロゴルファーの石川遼選手(22)について、ロック歌手の内田裕也さん(74)が「ハワイで一番評判の悪い男だ」とツイッターで批判した。

スタッフらが石川選手を囲んで「どけ!」などとファンを排除したというが、どんな様子だったのだろうか。

米ツアー本格参戦2年目を迎えた石川遼選手は、精力的に日程をこなしている。

しかし、ハワイで2014年1月9日に開幕したソニーオープンでは、ショットに苦しみ、翌10日には早くも予選落ちしてしまった。

このツアーに、内田裕也さんもギャラリーとして参加していたらしい。

その後の12日になって、石川選手側の対応についてツイッターで厳しい批判を繰り広げた。

ツイートによると、予選落ちが決まると、石川選手のスタッフ5、6人が「どけ、どけ、どけ、どけ!」とファンの排除を始めたというのだ。

スタッフらは「殴りかからんばかりの形相」で石川選手を囲んで足早に去ったといい、内田さんは、そのことについて前述のような言葉で批判した。

石川選手は、ここ2、3年はいつもこういう状態らしいといい、「誰も言わないので、あえて俺が言う」と吠えた。

デビューの頃に携帯を持って『写真を撮ってくれますか?』と言った若者は、コマーシャルで稼ぐと、こんなになってしまったらしい

内田さんは、
そんなに偉いのかい。スポーツマスコミも実態をちゃんと伝えろ!
たしかゴルフは紳士のスポーツだった筈だよな
と石川選手側に苦言を呈している。

こうしたツイート内容はどこまで本当か、石川選手事務所のケーアイ企画に取材すると、担当者が不在と答えた。

所属しているカシオ計算機では、「事実かどうか分かりませんので、現段階でコメントできることはないです」(広報部)と言うに留まった。

ソニーオープンでは、ほかのギャラリーらからは報告がなく、ファン排除などの真相は分からない。

しかし、内田さんのツイートは、芸能情報サイトも取り上げるなどネット上で話題になっている。

石川選手については、プレー中にクラブを放り投げるなどし、日本ゴルフツアー機構会長が米ツアー参戦から目に付くようになったと苦言を呈したことがある。

また、2011年には、女性誌記者が交際相手へ取材しようとしたところ、石川選手の父親から「限度を超えた取材活動」だとして激しく抗議されたことも騒ぎになった。

(↓の画像が、石川遼さんの父親・石川勝美さんの写真)
石川勝美 石川遼父親

ゴルフジャーナリストの菅野徳雄さんは、こうしたトラブルについて、ゴルフ界の教育などに原因があるのではないかとみる。

「日本のゴルフ界は、球を打つことばかりをやっています。しかし、ゴルフは、激しい動きはなくそのドラマ性で感動を与えるので、全人格が問われる競技です。

アメリカなどのゴルフ先進国とは違って、日本は人間教育ができていないのではないかと思います。

石川選手は、デビュー当初は謙虚を装っていましたが、特別扱いされるようになってその問題点が出て来たと感じています」

特別扱いされるので、ギャラリーも気を使わないといけない。すると、もう見に行くのもイヤになってしまう。

女子ツアーが人気を持続しているのに比べ、男子ツアーがかつての半分ほどに減ってしまったのは、ファンから尊敬される人が少ないからではないかと、菅野さんは言う。

「ゴルフ界のマナーがよくなって、ギャラリーが増えれば、それだけ注目されるので、レベルアップにもつながります。

有名な選手こそまず襟を正して、それこそ『おもてなし』を皆でやらないといけないでしょうね」
【引用元:J-CASTニュース

これにネットでは、

「今のまま消える選手かもね。日本だけでやってればよかったのに」

「松山がすごいんだよなw○○王子って本当、大成しないなw」

「ハンカチ王子が消えて、ハニカミ王子も消える。マスコミが作り出してきた安っぽい英雄譚に辟易していたから、これでいい。」

「結構好きなんだけどなぁ 思い切りクラブ叩きつけるとことか」

「まあゴルフは長く出来るからまだまだ可能性あるよ」

などのコメントがありました。

石川遼さんの悪態が本当なのか調べてみたところ、以前から問題視されていたようですね。

それは優勝から遠ざかっていた2010年頃からで、思うような結果を残せない苛立ちから、クラブを思い切りラフへ叩き付けたり、クラブを放り投げる、クラブでゴルフバッグを殴る、クラブヘッドを蹴るなどの行為が日常茶飯事だったそうです。

また、石川遼さんがグリーンショットの際に集中しているところ、カメラマンがシャッター音を鳴らした際には、『アドレスだぜっ!』と言い放ち睨みつけられたそうです。

これはカメラマンも悪いと思いますが、あの石川遼さんのイメージからは想像出来ないような行動ですよね。

今回石川遼さんの悪評が報じられましたが、父親の勝美さんの悪評は有名ですよね。

有名なエピソードで、石川遼さんが2012年4月に、予てより交際していた幼馴染みの女性と婚約したというニュースがありましたが、この報道が出る前に2人の交際を張っていたマスコミに対して父親の勝美さんが、「遼(息子)で飯を食ってるんだから、余計なことを書いたらどうなるかわかってるんだろうな」など、脅迫まがいの圧力をかけたということがありました。

更に石川遼さんが無免許運転で書類送検になった時には、週刊誌『週刊文春』に対して「書かないでくれ」と口止めしたと言われています。

このような酷い父親だと言うことは以前から知っていましたが、石川遼さんまで酷い態度を取る人だと知りガッカリしましたね。

此の親にしてこの子ありですね。

5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ID:MjA3MDczNjI0

    ジ・エンド…石川親子

  2. 2
    普通人
    ID:ODM4MDEzMTg4

    若い時から成功すると長く続かないと言われていたが、それが本当にならないことを祈りたい、精神的な教育が出来ていない人間は短いものだ。

  3. 3
    みのもんだ
    ID:OTc3NzEwODI1

    にしかわ君・・・

  4. 4
    ID:MTkwNTkyODAw

    謙虚の基準がよくわからない。
    昔は謙虚だったていうが、昔から、年上に偉そうに説教したりしてたじゃないか。
    それで「謙虚」?

  5. 5
    匿名
    ID:MjEyNzcyODY1

    ゆうや‥

    お前もな

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について